> 1日いても飽きない、ボストン大型ショッピングモールで買い物

2015年1月19日

ボストン

1日いても飽きない、ボストン大型ショッピングモールで買い物

by Massa Massa

by Prayitno, CC BY

ビジネス、家族旅行、ハネムーン、グループツアー、旅行の目的、形はいろいろですが、ショッピングは誰もがかならずトップに掲げる旅行のメインイベントです。ボストンの物価はけっして安いとは思えません。でも日本と比べると「安いなぁ」と感じる人も多いと思います。

特にバーゲンともなると、50パーセントオフは当たり前、バイ・ワン・ゲット・ワン・フリー(同じものを2つ買うと、ひとつがただになる)などということもよくあります。ショップが並ぶ通りを歩き、お目当てのショップを一軒一軒まわるのもいいでしょう。大きなモールに行って価格やデザイン、サイズなどを比べて決めるのも楽しいものです。お目当てのものが破格で手にはいるかもしれませんよ。

プルデンシャルセンター

観光客だけでなく、ボストニアンにも人気のある大型ショッピングモールです。コプリースクエアを訪れる際は、ぜったいに見逃せないスポットです。

13952956167_df3703d403_z
by Massachusetts Office of Travel & Tourism, CC BY-ND

センター内には、80近いストア、ブティック、レストランがあり、ハイエンドのものから手ごろなものまで何でも揃っています。ハンドメイドのジュエリーなどを売るカートやキオスクも多く、ほかでは手にはいりにくい、掘り出し物を見つけられるかもしれません。

5973665054_39279706bf_z
by D Coetzee, CC BY

またモールのある建物はボストンで2番目に高く、50階は展望デッキになっていて、ボストンのスカイラインを360度楽しむことができます。

6409299003_7532d1206f_z
by shinya, CC BY
住所:
800 Boylston St (at Ring Rd), ボストン, MA 02199, アメリカ合衆国
エリア:
バックベイ、ボストン
英語名:
Prudential Center
ホームページ:
foursquare.com

コプリープレイス

コプリープレイスは、プルーデンシャルセンターに隣接するもうひとつの大型モールです。プルーデンシャルとはスカイ橋でつながっているので、2つのモールを同時に楽しめます。

4955408296_9b564e0536_z
by vrdier, CC BY-SA

コプリープレイスにはハイエンドなストアが多く、ラルフ・ローレン、クリスチャン・ディオール、ルイ・ヴィトンといったブティックが並んでいます。ウェスティン、マリオットといったホテルもこの建物の中にあります。

4954819245_d635cdcea4_z
by vrdier, CC BY-SA
住所:
2 Copley Pl, ボストン, MA 02116, アメリカ合衆国
エリア:
バックベイ、ボストン
英語名:
Copley Place
ホームページ:
foursquare.com

ファニュエルホール・マーケットプレイス

ファニュエルホール・マーケットプレイスは、毎年2千万人もの人が訪れる、人気筆頭のショッピングコンプレックスです。バックベイのモールとは違い、バナナリパブリック、アーバンアウトフィッターズといったティーンや20代に人気のストアが多くあります。

8535201966_9796668182_z
by Massachusetts Office of Travel & Tourism, CC BY-ND

この場所は歴史的にもおもしろいところで、クインジーマーケットは建物そのものに注目してもおもしろいと思います。

8132260162_dfc8cb6f6a_z
by Anosmia, CC BY-ND

クインジーマーケットには、家族でも気軽に楽しめるカジュアルなレストランがたくさんあり、アイスクリームを買って、食べながらストリートパフォーマンスを見るなどという楽しみ方もあります。

8275132088_b514931d25_z
by Prayitno / Thank you for (5 millions +) views, CC BY
住所:
1 S Market St (at Congress St & North St), ボストン, MA 02109, アメリカ合衆国
エリア:
ダウンタウン、ボストン
英語名:
Faneuil Hall Marketplace
ホームページ:
foursquare.com

ケンブリッジサイド・ガラリア

地下鉄グリーンラインのレクミアーにあるモールです。レッドラインのケンドールから、ガラリア行きの無料バスも出ています。地元の高校生などが遊びにやってくる、ローカルなモールでもあります。

897252019_7b74e77040_z
by Rob Young, CC BY

というわけで、アメリカンイーグル、ギャップといった若い人向きの店が多いのが特徴です。観光客が多いボストンのモールとは、ちょっと雰囲気を持っています。

6238001693_cf8af0ec3f_z
by RustyClark (hottnfunkyradio.com), CC BY

フードコートは広く、大型家電店やデパートもあり、家族でも楽しめる場所になっています。

6237808909_e680e979fc_z-2
by RustyClark (hottnfunkyradio.com), CC BY
住所:
100 Cambridgeside Pl (at 1st St), ケンブリッジ, MA 02141, アメリカ合衆国
エリア:
ケンドールスクエア、ケンブリッジ
英語名:
CambridgeSide Galleria
ホームページ:
foursquare.com

ザ・ガレージ

ハーバードスクエアにある3階建てのミニモールです。名前からも想像がつくように、整然とした感じがまったくなく、ごちゃっとした、他のモールとはまったく違った雰囲気のモールです。

4455164078_108517d579_z
by wfyurasko, CC BY

ヒッピスター・フレンドリーで、パンクな人も多く集まってきます。なかでも人気のあるのはニューベリーコミックです。今どきCDを五万と販売し、ロックや変わりもののTシャツがたくさん置いてあります。

foursquare.com
foursquare.com

このほかベン・アンド・ジェリー(アイスクリーム)も人気、トトロのTシャツなどを売っている日本直輸入の品物を売る店もあります。個人的には一押しのモールです。

住所:
36 JFK St (Mt. Auburn St.), ケンブリッジ, MA 02138, アメリカ合衆国
エリア:
ハーバードスクエア、ケンブリッジ
英語名:
The Garage
ホームページ:
foursquare.com

筆者 : Massa Massa

マサチューセッツ州ケンブリッジに移り住んですでに15年。フライフィッシングとサッカーが好きで、50過ぎにもかかわらず、まだ週に2回、冬場は1回、世界各国から移住してきた友人とサッカーで汗を流しています。この間、どこの国からやってきたのかと、指折り数えてみるとなんと20か国くらいになって自分でもびっくりしました。そんな雑多な民族がひしめく街ボストンを中心に紹介していきます。