> フリーダムトレイル – ボストンで最も人気のある観光スポット

2015年1月29日

ボストン

フリーダムトレイル – ボストンで最も人気のある観光スポット

by Massa Massa

© f11photo - Fotolia.com

アメリカの独立革命に深く関わるボストンの、最もボストンらしい観光スポットがフリーダムトレイルです。ボストンコモンから始まるこのトレイルはダウンタウン通り、チャールズ川を渡ってケンブリッジ、チャールズタウンに抜けるおよそ4キロのトレイルです。トレイルには赤いレンガで線が描かれているので、誰にでも安心して、迷うことなく歩くことができます。

8531573722_0c046c46b7_z
by Massachusetts Office of Travel & Tourism, CC BY-ND

トレイルには16の歴史的なスポットがあり、多くは無料で入館する可能です。ゆっくり、じっくりまわると少なくとも半日は必要です。2回に分けて歩くのもいいし、おもしろそうな区間だけ歩くというのもいいでしょう。ではこのトレイルのハイライトを紹介しましょう。

969942583_d4e7e8a0a8_z
by andrewmalone, CC BY

ボストンコモン

トレイルの出発点になるのが、ボストンのシンボルともいえるボストンコモンです。この広々とした公園は、よく整備され、緑が多く散歩するのに最適な場所です。アメリカに移住してきたピューリタンがここで集会を開いたり、演説したりしていたことで知られています。

3825081807_fbddcbd511_z
by Alotor, CC BY

植民地時代は放牧や軍隊の訓練に使われていたというのも、公園を歩いているとよく分かります。革命戦争のときにはイギリス軍の野営地として使われ、ここから出発したイギリス軍がレキシントン、コンコードに向かい、独立戦争が始まりました。

315404326_2d907699c2_z
by arianravan, CC BY
名称:
Boston Common
住所:
Tremont St (btwn Beacon & Charles St), ボストン, MA 02108, アメリカ合衆国
TEL:
(617) 635-4505
ホームページ:
公式サイト

ポール・リビアの家

ポール・リビアは独立革命の英雄のひとりです。レキシントンまで馬を走らせ、ボストンコモンでのイギリス軍の動きをジョン・ハンコック、サミュエル・アダムズに伝えたことで知られています。

8132107844_c9e3bb657f_z
by Anosmia, CC BY-ND

これが独立革命の始まりでもあります。この家はリビアが生活していた当時そのままに保存されています。実際にこの家が建てられたのは17世紀だそうです。金職人だったリビアのスプーン、ボウル、ベルといったメタルワークが、家の中に展示されています。

181745823_19b5f892d6_z
by Darryl Whitmore, CC BY-ND
名称:
Paul Revere House
住所:
19 North Sq. (at Moon St.), ボストン, MA 02113, アメリカ合衆国
TEL:
(617) 523-2338
ホームページ:
公式サイト

USSコンスティテューション

USSコンスティテューションは、1793年に建造された帆走の軍艦で、今でも実際に水に浮いている最も古い軍艦といわれています。オールドアイアンサイズというニックネームを持っていて、米英戦争のとき、イギリス軍が発砲する砲弾を跳ね返したことはよく知られています。

14513746317_a797b2c2cd_z
by the tinz, CC BY
5960256590_eb7a3b236e_z
by aresauburn™, CC BY-SA

隣接した博物館には、USSコンスティテューションに関連した様々なものが展示されていて、子どもたちにも人気のあるイベントも定期的に行われています。名前からはちょっと堅い雰囲気がしますが、実際には家族連れにぴったりのスポットです。

1581598183_82183136a0_z
by mbaylor, CC BY
3789223401_16e0c94040_z
by Smart Destinations, CC BY-SA
名称:
USS Constitution
住所:
Charlestown Navy Yard (199 3rd St.), ボストン, MA 02129, アメリカ合衆国
TEL:
(617) 426-1812
ホームページ:
公式サイト

オールドサウス集会場

メイシーズや様々なショップが立ち並ぶ、ワシントンストリートとミルクストリートのコーナーに立っている、1729年に造られた建物です。ピューリタンの教会として建てられましたが、独立戦争の前哨戦ともいえるボストン茶会事件の発端になった場所として知られています。

880933121_b16c5849ce_z
by Mr. Littlehand, CC BY-ND

1773年12月16日、ここに5000人もの人が集まり、サミュエル・アダムズやジョン・ハンコックが独立を論議交わしました。ボストン茶会事件が起こったのは、その日の夜のことでした。

7846911374_81350ed764_z
by ericodeg, CC BY-SA
住所:
310 Washington St (at Milk St.), ボストン, MA 02108, アメリカ合衆国

バンカーヒル記念塔

ボストン周辺では、特にティーンエージャーの間でバンカーヒルというと、普通バンカーヒル・コミュニティーカレッジのことを指しますが、実際はアメリカ独立における大変重要な戦いが行われた歴史的な場所です。

8506247898_0665dc5166_z
by blt04, CC BY

1827から1843年にかけ、17年の歳月をかけて建てられたオベリック(記念碑)で、2007年に改装が行われました。記念塔に隣接して博物館もあり、周辺ではこの戦いに因んだイベントも開かれます。

4667738082_5c7e8857f7_z
by LABabble, CC BY-ND
名称:
Bunker Hill Monument
住所:
31 Monument Sq, ボストン, MA 02129, アメリカ合衆国
TEL:
(617) 242-5641
ホームページ:
公式サイト

筆者 : Massa Massa

マサチューセッツ州ケンブリッジに移り住んですでに15年。フライフィッシングとサッカーが好きで、50過ぎにもかかわらず、まだ週に2回、冬場は1回、世界各国から移住してきた友人とサッカーで汗を流しています。この間、どこの国からやってきたのかと、指折り数えてみるとなんと20か国くらいになって自分でもびっくりしました。そんな雑多な民族がひしめく街ボストンを中心に紹介していきます。