> ボストンにきたら絶対に歩きたいストリート5選

2015年3月5日

ボストン

ボストンにきたら絶対に歩きたいストリート5選

by Massa Massa

© Chee-Onn Leong - Fotolia.com

買い物をするもよし、ウィンドウショッピングを楽しむのもよし、ときにはのんびりと散歩するのもいいものです。古い町並みがそのまま残る通りが、ボストンには今でも各所に残っています。目的に合わせて通りを選び、時間をかけてゆっくり歩く、そんなこともボストンの楽しみのひとつです。

ビーコンヒル (Beacon Hill)

ボストンコモンの北側に位置するビーコンヒルは、アメリカでも最も高級な住宅街といわれています。小高い丘を切り開いてできたこのエリアには、今でも3万人近い人が優雅な生活をしています。通りは細く、歩道にはレンガが敷かれていて、夜になるとガス灯が燈るという、別世界に迷い込んだような錯覚に陥る場所でもあります。

by Massachusetts Office of Travel & Tourism, CC BY-ND
by Mr. Littlehand, CC BY-ND
15361410072_b2185d4476_z
by Joseph Wingenfeld, CC BY

マウントバーノンストリートのルイスバーグスクエアは、ビーコンヒルの中でも最もリッチな町並みを築いています。チャールズストリートには、こぎれいなレストランやカフェ、骨董品店、ギャラリーなどが軒を連ねています。

7184481855_119fde1b8a_z
by mattk1979, CC BY-SA
7860336930_b6ced13aa6_z
by mattk1979, CC BY-SA
住所:
アメリカ合衆国 マサチューセッツ ボストン ビーコンヒル

ニューベリーストリート、ボイルストンストリート (Newbury Street, Boylston Street)

どちらもショッパーや観光客には見逃せない通りですが、雰囲気に少し違いがあります。ニューベリーストリートはどちらかというと若い人向きで、マサチューセッツアベニューから公共公園に向かうにしたがって、高級感が増してきます。

by Massachusetts Office of Travel & Tourism, CC BY-ND
4108656549_6287a92223_z
by bluebirdsandteapots, CC BY-SA

オフィスが多いボイルストンストリートは、少し客層が高いような気がします。若い人向きの店は少なく、通り沿いにはブルックスブラザーズといった有名店、高級ブティックや宝石店などが多い通りです。

13975262493_1bcb3ef9de_z
by catAsmith, CC BY
住所:
The Newbury Center, 69 Newbury Street, Boston, Massachusetts 02116, United States

コモンウェルスアベニューモール (Commonwealth Avenue Mall)

コモンウェルスアベニューはボストンの中心を貫くメインストリートです。バックベイあたりのコモンウェルスアベニューはコモンウェルスアベニューモールと呼ばれていますが、ニューベリーストリートなどとは違い、ショッピングを楽しむ場所ではありません。どちらかといえば細長い公園のようなところで、散歩をするのに最適なスポットになっています。

8502559523_671c039d0f_z
by clry2, CC BY-SA
by LABabble, CC BY-ND

点在する彫刻や碑も楽しみのひとつとなっています。ニューベリーストリートやボイルストンストリートと平行しているので、3つの通りを、時間をかけて同じ日に歩くのもいいでしょう。

by Massachusetts Office of Travel & Tourism, CC BY-ND
住所:
コモンウェルス・アベニュー・モール, 484 Commonwealth Avenue, Boston, Massachusetts 02116, United States

ブラトルストリート (Brattle Street)

ボストンから離れ、地下鉄レッドラインのハーバードを降りると、ハーバードスクエアの中心に立つことになります。そこから西に少し歩くと、北西に向かう道があります。それがブラトルストリートです。

by Mr. Littlehand, CC BY-ND
13190847904_b4fd0eb8ea_z
by robef, CC BY

しばらくはショップなどが並ぶにぎやかな通りですが、そこを過ぎると、広々とした庭を持つ大きな家屋が並ぶ閑静な住宅街に入っていきます。高級アパートが並ぶビーコンヒルとはまったく違った景色を、この通りでは楽しむことができます。国立史跡に指定されているロングフェローの家がこの通り沿いにあります。特にフラワーガーデンは一見の価値があります。

252608421_7f0504df10_z
by Namlhots, CC BY-SA
住所:
Brattle Street, Cambridge, Massachusetts 02138, United States

チャールズ川 (Charles River)

もちろん川は通りではないので歩けませんが、川の両側にトレイルが整備されています。バイカーやジョッガーが多く利用する、ボストン、ケンブリッジの憩いの場所になっています。トレイルはさらにウォータータウン、ニュートンまで続き、全長にして30キロ近くにもなります。

7343812494_becc33dfb4_z
by jeffgunn, CC BY
1923272853_afb48fc606_z
by dbaron, CC BY-SA

橋を使えば両岸を行き来できますが、延々と続く、いつ終わるか分からない工事が、ロングフェロー橋ほかで進行中です。ボストンユニバーシティー橋、ハーバード橋あたりを利用するのがいいでしょう。冬は寒く、川が凍ってしまうほどですが、春と秋はとても気持ちのいいトレイルです。

8737305085_dd1a7e2792_z
by bradhoc, CC BY
住所:
アメリカ合衆国 マサチューセッツ チャールズ川

筆者 : Massa Massa

マサチューセッツ州ケンブリッジに移り住んですでに15年。フライフィッシングとサッカーが好きで、50過ぎにもかかわらず、まだ週に2回、冬場は1回、世界各国から移住してきた友人とサッカーで汗を流しています。この間、どこの国からやってきたのかと、指折り数えてみるとなんと20か国くらいになって自分でもびっくりしました。そんな雑多な民族がひしめく街ボストンを中心に紹介していきます。