> トルコで絶対食べよう、激甘だけどはまるスイーツ

2015年1月22日

トルコ

トルコで絶対食べよう、激甘だけどはまるスイーツ

by BlueSky

© feferoni - Fotolia.com

ずっしり甘~いトルコの代表スイーツ、バクラヴァ

トルコへ行ったら絶対食べるべきスイーツ、それはバクラヴァです。初めて食べたときはあまりの甘さに頭までがーん、ときましたが、なぜかしだいに病み付きになるお味。カロリーも相当なものでしょうが、慣れてくると食後でもペロリと食べれてしまいます。

6031940953_374a3922f5_z
by balise42, CC BY-SA

ミルフィーユのようにパイ皮が何層にもなった間にくるみなどのナッツ類が入って上からたっぷり甘いシロップとピスタチオの粉がかかっています。国際空港でもお土産用に箱入りが売られています。難点はずっしり重い・・・こと。

色鮮やか、味の種類も豊富なロクム

ターキッシュディライトとも呼ばれるゼリーのように柔らかく、でもなんとなくゆべしにも似ているお菓子です。極めつけはその味のバリエーション!アーモンド、ピスタチオ、ココナッツ、クルミ、様々なフルーツ、ミルク、チョコレート味、ローズウォーター入りなどなど、本当にいろんな味があり選ぶのに迷ってしまいます。

6299074576_ed6d045571_z
by beggs, CC BY

市場や空港でも自由に味見ができます。私が滞在していた家の近くにロクムを作っている場所があり、見学しながら試食し放題。出来立てはもちもちで柔らかくてロクムにのばす手が止まりませんでした。そういえば、トルココーヒーのお共にロクムをちょこんと出してくれたおうちもありました。

7986059316_9419f34e6a_z
by Terrazzo, CC BY-SA

高品質なトルコのチョコレート

スーパーに行くとトルコはチョコレートのお菓子がとっても豊富。ウルケルというトルコのチョコレートメーカーは、ベルギーのゴディバを買収、このメーカーからお手頃価格で美味しい板チョコが色々出ています。

178312509_1af89d68cf_z
by Dr._Colleen_Morgan, CC BY

また、BIMなどのローカルなスーパーへ行くと、ヨーロッパブランドのチョコレートがとてもお買得な値段で販売されていてお土産におすすめですよ。ケーキ屋さんではチョコレートたっぷりかかったエクレアやシュークリームも売っています。

トルコの子供たちは自分で作ってしまう、モザイクケーキ

チョコレートをビスケットと交互に挟んで、冷蔵庫で冷やして固めて食べるケーキ。子供たちもちゃちゃと作ってしまうケーキです。自宅のお隣のおうちに遊びに行くと、まだ中学生くらいの女の子たちはいつも日替わりで色んなケーキを作っていて感心したものです。チョコレートの代わりにプリンを挟むタイプのもあります。

2788257596_22683ab939_z
by one2c900d, CC BY-ND

カフェテリアで頼んだモザイクケーキには、刻んだオレンジピールやレモンの皮、レーズンなどが入っていて甘さも控えめ、お洒落な大人のケーキになっていました。

優しい味で日本人には食べやすい、伝統スイーツ・カザンディビ

これは激甘とまではいかず、どちらかというと優しい甘さです。食感はミルク味の焼きプリンといったところですが、驚き、鶏の胸肉が入っているカザンディビもあるので侮るなかれ。

6258047317_28a4c71fc3_z
by ampersandyslexia, CC BY-SA

大なべの底、という意味のカザンディビ、もちもちした食感でカラメル味がおいしくとても食べやすいデザートです。スーパーではインスタント製品も売っていて、家でお手軽に作れます。

筆者 : BlueSky

海外旅行歴はハワイから始まりヨーロッパやアメリカ、中米にも!
海外滞在歴8年目です。皆様に素敵な現地レポをお届けします。