> 行ってみたい!トルコの定番観光スポット5選

2016年8月23日

トルコ

行ってみたい!トルコの定番観光スポット5選

by fishandtips

by KHSeok, CC BY

イスタンブール内でも訪れておきたい観光スポットは沢山!まずはオーソドックスな、定番中の定番、イスタンブールに行ったら絶対ここは見とけ〜な場所をご紹介します。

ガラタ塔

まずはガラタ塔に登ってイスタンブールを一望しに行きましょう!
年々、入場料が上昇していてとどまるところを知らないガラタ塔、それでも連日、登りたい人たちでエントランスには長蛇の列ができていますが、ここは辛抱して並んで登ってみる価値ありですよ。
青い空をバックに飛び回る白いカモメ、タンカーや船が無数に浮かぶマルマラ海やびっしり立ち並ぶ石造りのアパートメントを見れば、異国情緒たっぷり、トルコに来たー!!と思わずにいられません。

10583632193_c60823cfc4_z
by David Berkowitz, CC BY

登り終わったら周辺にあるお洒落なカフェテリアで一休みしましょう。
テラス席からスレンダーでエキゾチックな美男美女のトルコ人観察しながらチャイを飲んで、まったり時の流れを楽しむ、イスタンブール満喫です。
ガラタ塔周辺はアップダウンのある道が続くので歩きやすい靴で行くことをオススメします。

乙女の塔

乙女の塔
by mahatsorri, CC BY-ND

ボスポラス海峡の入り口、アジア側に浮かぶ小さな島に作られた城塞でまたの名をクズ塔といいます。以前は灯台として使用されていましたが、今はレストランになっています。

6199169650_2e95259237_z
by hapsirik, CC BY

小舟に乗って訪れることができます。夜はライトアップされてとてもロマンチックです。

バザール

バザール
by polarjez, CC BY

グランドバザール(カパル・チャルシュ)とエジプシャンバザール(ムスル・チャルスス)はお土産を買うのに便利なところ、なんでも揃っています。
迷路のように入り組んだバザールは、目移りしそうなものが沢山、歩きながら見ているだけでも楽しい、屋内市場です。色鮮やかにペイントされたタイルや小皿、上品なシルクのストール、眩く輝くゴールドのブレスレッドやネックレスなどの宝飾品、山盛りに積まれたスパイスや伝統的なお菓子、幻想的な光がこぼれ落ちるエキゾチックなトルコランプ、“高くて買えないでしょう”と思いながらもつい見とれてしまう絨毯・・・
好奇心旺盛な方なら、一度バザールに入り込むと奥へ奥へと入り込んでしまうかも。

4830613316_7869543a9d_z
by rachaelvoorhees, CC BY-SA

グランドバザールに入っているお店の数は3600店とも言われ、一方、エジプシャンバザールは80店舗ほどで小規模なので見やすいかもしれません。それでもバザールへ行くなら時間に余裕を持って訪れたいものです。購入する際は値切るのを忘れずに!相手の巧みな日本語やサービスのチャイに心を許して、財布の紐が緩みすぎないように気をつけてくださいね。

ガラタ橋

名物トルコのB級グルメ、サバサンドを食べにガラタ橋のたもとにあるエミノニュ埠頭へ行きましょう。オスマン帝国の衣装に身を包んだおじさんたちがユラユラ揺れる船の中でサバを焼いています。焼き魚のいい匂いが食欲を増進させます。

4462406745_878caacfea_z
by gripso_banana_prune, CC BY-SA

鉄板で焼かれたサバに玉ねぎのスライスとレタス、レモン果汁をかけてフランスパンに挟んで食べるサバサンド、至ってシンプルですが期待を裏切らない美味しさです。サバとパンってこんなに合うんだ〜と思うはず

トプカプ宮殿

オスマン朝の支配者スルタンが住んだ宮殿。高台にあるので、イスタンブール市街やボスボラス海峡が見渡せ、とても素晴らしい景色を楽しめます。宮殿の中は、とても広くて見所満載。

4240037870_b113161f17_o
by Y.Fujii, CC BY-ND

ちなみにチケット売り場は、長蛇の列ができるのであらかじめ、
こちらのサイト( http://www.muze.gov.tr)で、e-チケットを買っておくとかなり時間の節約になります。購入後、入力したメールアドレスにPDFが送られてくるのでプリントアウトし、入り口でQRコードを機械でスキャンすればすんなり入場できます。

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。