> タイ旅行する人は必見!タイのお勧め観光地20選

2016年2月10日

タイ

タイ旅行する人は必見!タイのお勧め観光地20選

by fishandtips

タイには1万軒以上のお寺、多い種類の野生動物、絶景を堪能できる島があり、さまざまな方面から楽しめる国です。日本と違い、熱帯国のタイは平均温度が26度以上で、ほぼ1年中ウォータースポーツを楽しめます。

微笑みの国と言われるタイは、バンコクから始まり、パッタヤー、チェンマイ、プーケット島まで世界中の国々の観光客に大人気です。独特な歴史と文化を持ち、タイ料理とタイマッサージが有名ですので、一人旅、女子旅、夫婦旅行、卒業旅行…どんな形な旅行でもおすすめのスポットと活動がいっぱいあります。

今回はそんなタイの魅力を一挙お伝えします♪

寝ている仏像に遭遇するバンコクのワット・ポー(Wat Pho)

寝ている仏像に遭遇するバンコクのワット・ポー
by tballandras, CC BY

ここはバンコク最古の寺院となっています。ソファに横になっているような姿の巨大なお釈迦様です。お釈迦像の幅は約49メートル、高さは12メートルあると言われています。とにかくややアンニュイ瞳をしたお釈迦様なのですが、どの角度からお顔を眺めてもコチラを見ているようでなりません。本当に迫力があるので是非足を運んでみましょう。

3257298664_3cf044643f_z
by Adam Lai, CC BY

実はここタイで初の大学、マッサージの総本山とも言われています。そして、とても豪華に沢山の色をあしらった大きく高い仏塔も4つあります。ラーマ1世からラーマ4世と現王朝を表現しています。そしてその他に小さなバージョンの仏塔も数々見受けられます。ここは行く価値有りの観光スポットです。

住所:
〒10200 2 Sanam Chai Rd., Bangkok 10210 (大きな地図で場所を見る
電話番号:
+66 2 226 0335
定休日:
なし
予算:
200バーツ (外国人料金)
Foursquare:
วัดพระเชตุพนวิมลมังคลารามฯ (Wat Pho)

仏教徒が主要のタイだから行ってみよう!バンコクのワット・プラケオ(王宮)(Wat Phra Kaeo)

ラーマ一世が建設を進めたこの王宮は、白い壁に囲まれた敷地内にこの王宮ワット・プラケオはあります。比較的新しい王宮となっています。タイ国内遠方からも仏教徒が集まります。黄金カラーのとんがり帽子のようなものがてっぺんに見えます。エメラルドブッダがいます。

329416557_10e76eaf6b_z (1)
by eddgrant, CC BY-SA

但し服装もわりと厳しく、肌が思いっきり見えるようなタンクトップや半ズボンは禁止されているようです。暑いタイですが、その辺り注意です。せっかく行ったのに残念ながら入場を断られてはなりませんのでなにか羽織ものを持参して行くと良いでしょう。雲のない真っ青な空と、キラキラした寺院(王宮)の写真がまた綺麗に色鮮やかに撮れます。

住所:
〒10200 Na Phra Lan Road- Pranakorn- Bangkok 10200 (大きな地図で場所を見る
定休日:
なし
予算:
500バーツ (外国人料金。併設の王室紋章、貨幣博物館、タイシルク展にも入場可)
Foursquare:
พระบรมมหาราชวัง (The Grand Palace)

知る人ぞ知るお願いスポット:バンコクのターオ マハープラマ(エーラーワンの祠)(Thao Maha Brama)

知る人ぞ知るお願いスポット:バンコクのターオ マハープラマ(エーラーワンの祠)
by gurms, CC BY-ND

チットロム駅の直ぐ側ホテルグランドハイアット、エラワンバンコクのすぐ近くにあるターオ マハープラマは公共スペースにある大きな仏壇みたいなもので、そこに供え物をしたり花を供えたりしてお祈りをする場所になります。実は仏教ではなくヒンズー教なのです。いくつかこういうところがタイには見受けられますが実はこのターオ マハープラマが1番願いが叶うとか噂があります。

6237581334_ee6255d52e_z
by kenner116, CC BY

お線香、ろうそくはこのターオ マハープラマの傍で売っている人がいるのでその人から買い求めてお祈りしましょう。とにかく遠くからパッとひと目で分かります。ギンギラのヒンズー教の神様とその周りに供えられた黄色の花々で、そこ一角がまっ黄色に染まってみえます。とくに若い現地人の波が途切れません。モタモタしているとチャンスを逃してしまうくらい混雑する時間帯もあります。

住所:
〒10330 494 Ratchadamri Rd., Bangkok Thailand (大きな地図で場所を見る
電話番号:
+66 2 252 8754
定休日:
なし
予算:
無料
Foursquare:
ศาลท้าวมหาพรหม (Erawan Shrine)

バンコクから車で1時間ちょっとのアユタヤ バンパイン宮殿(Bang Pa-In Palace)

バンコクから車で1時間ちょっとのアユタヤ バンパイン宮殿
by tazlambert, CC BY-SA

バンコクより車でたった1時間ちょっとで行けるのがアユタヤ遺跡のあるエリアのパイパン宮殿です。ラマ4世、5世と現在のように再興されたモダンなようにも見える宮殿となります。湖の上にそびえ立つ宮殿はやや西洋風の印象を受けます。

16428126605_3ff6be34cc_z
by Thanate Tan, CC BY

またその周りもイングリッシュガーデンのようにクリーンの青々しい芝生が広がります。けっこう綺麗に手入れをされていて日本人観光客には嬉しいスポットかもしれません。

住所:
〒13160 Ban Len, Bang Pa-in, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13160 (大きな地図で場所を見る
定休日:
なし
予算:
100バーツ (外国人料金)
Foursquare:
พระราชวังบางปะอิน (Bang Pa-In Royal Palace)

観光客に有名なプーケットのパトン・ビーチ(Patong Beach)

観光客に有名なプーケットのパトン・ビーチ
by jo.sau, CC BY

プーケットであれば、やっぱりビーチですね。この辺りは数本大きな道路もありプーケットに滞在しているのであればアクセスしやすいでしょう。わりと綺麗なホワイトサンドでゆったりした時間が流れています。遠浅のビーチなので子供連れでも安心して砂浜で遊べます。

16353795298_9628cc6dc3_z
by Terrazzo, CC BY-ND

またこちらのビーチはプーケットのメインビーチとなる為、観光客向けにバナナボートやジェットスキーに乗せてくれるアクティビティーも盛んです。

住所:
〒83150 Patong Beach - Katu Patong Beach, 83150 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
หาดป่าตอง (Patong Beach)

プーケットから2時間弱で到着するピピ島へ(Phi Phi Island)

プーケットから2時間弱で到着するピピ島へ
by Scubabeer, CC BY-SA

これはレオナルド・デカプリオの主演映画『ビーチ』の撮影舞台となった美しい島です。大きな岩に囲まれた無人島という感じです。勿論、本当に無人島ではなくホテルだって数件ありますからご安心ください。ただこのピピ島実は、大小の6つの島で構成されているので、本当に小さい島は未開発となっています。

4415401096_3f1a4c45b6_z
by Kullez, CC BY

メインのピピドン島が観光客もいて安心できるでしょう。本当に小さい島なので1日日帰りでゆっくりと過ごすか、せっかくなのでちょっと高めの滞在費になりますがラグジュアリーステイで2泊くらいするのもオススメです。本当に何にもしないのんびりとしたのが好きな人にとっては、贅沢な空間の島でしょう。

住所:
Phi Phi Island (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
เกาะพีพี (Phi Phi Island)

これは絶対に見るべし!アユタヤのワット・プラ・マハタート

けっこう奇妙な印象を受けますがアユタヤの史跡群の中に不思議な樹木があります。菩提樹も幹が分かれ、曲がり、くねくねしています。ビルマ軍との戦いの際に切り落とされた仏像の首がそこに残っており、それを取り囲むように何本もの幹が絡まり合うように仏像の首を巻いています。

11900775993_849f6a3262_z
by Andrea Schaffer, CC BY

その付近には何十かの首が切り落とされた仏像が今もなお遺跡として残っております。もしかするとそれぞれの魂が、このワット・プラ・マハタートの仏像の首に集まり、幹が絡みあうように複雑に曲がりくねっているのかとも思うミステリーを感じる観光スポットです。怖いものみたさで行ってみると良いでしょう。

住所:
〒13000 Tha Wasukri, Phra Nakhon Si Ayutthaya, 13000 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
วัดมหาธาตุ (Wat Maha That)

こちらも北部の広大な敷地のスコータイ歴史公園(Sukothai Historical Park)

スコータイはスコータイ王朝が発展していたエリアとなります。歴史的にも有名なアユタヤ王朝時代よりも前となります。後継者が居ないためこのスコータイ王朝は途絶えます。実はこのスコータイ歴史公園は世界遺産認定となっており、様々な遺跡が大小合わせ約200程度あります。歴史、遺跡が好きな人は是非行ってみましょう。

11901170103_af3849b153_z
by Andrea Schaffer, CC BY

特に、この歴史公園内にあるワット・シー・チュムは見どころとなります。壁に囲まれた大きな大仏様の像となりますが高さ15mと幅11mとなっています。意外と広大な敷地となっており、見るのに時間がかかってしまいます。また夜のライトアップは土曜のみやっているとか。

白い建物に黄金の屋根!バンコクのワット・トライミット(黄金仏寺院)(Wat Trimit)

白い建物に黄金の屋根!バンコクのワット・トライミット(黄金仏寺院)
by Ian A Gratton, CC BY

バンコク市内のチャイナタウンにあるのがワット・トライミットです。何段かの階段を上ると、約5.5トンの重量の金でつくられたお釈迦様が座ってお出迎えしてくださいます。座像ですが高さ約3メートルあると言われています。

5141431765_e4c7337717_z
by Shehan Obeysekera, CC BY

ご利益があるだろうなーと思い込んでしまうほどキンキラした黄金のお釈迦様。実は約6割くらいが金でつくられており、時価総額でいうと100億円は超えるとか!?チャイナタウンになるのでふらりと立ち寄りやすいですね。ご年配や脚腰が悪い方はちょっと階段を上るのがイヤになってしまうかもしれませんが、見る価値ありの釈迦像です。是非、ランチやディナーの前後にでも気軽に行ってみましょう。

住所:
661 Charoen Krung Rd., Bangkok 10100 (大きな地図で場所を見る
定休日:
なし。お堂内の展示は月曜日
予算:
仏像は移管料40バーツ、お堂内の展示見学100バーツ (いずれも外国人料金)
境内は無料
Foursquare:
Noodle @ Wat Trimit Soi Sukon2

お子様づれには嬉しい!バンコクのサイアム・オーシャンワールド(水族館)(Siam Ocean World)

バンコクでも比較的新しいショッピングスポットのサイゴンパラゴンの地下にあります。実はここ何気に一日中遊べちゃうようなエリアでシアターなども入っています。その一角にあるのがサイアム・オーシャンワールドという水族館です。

9473924780_4f84753d9f_z
by @iannnnn, CC BY

比較してしまうと日本の方がもちろん良いクオリティー、エンターテイメント性は高いですが、小さなお子さんがいらっしゃる家族連れにはオススメの観光スポットです。やはり観光客用につくられただけあり、料金設定がタイにしては高めとなっています。サメ・エイ・ペンギンなど見られます。雨の時間帯に立ち寄ってみても良いかもしれません。

住所:
991 Rama 1 Road, Bangkok, 10330 (大きな地図で場所を見る
Foursquare:
siam ocean world
タイ旅行する人は必見!タイのお勧め観光地20選
11件目以降も見てみよう!

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。