> スイスで食べたい郷土料理5選

2015年3月5日

スイス

スイスで食べたい郷土料理5選

by Reiserin

© mallivan - Fotolia.com

スイス料理ってどんなものがあるのでしょう。皆さんが最初に思い浮かべるスイス料理といえばおそらくチーズフォンデュかラクレットですよね?酪農大国のスイスなので、チーズやクリームを使った料理が非常に多いのは確かです。チーズフォンデュやラクレット以外にも美味しいスイス料理はたくさんあるんですよ!

ツーヒャー・ゲシュネッツェルテス Zürcher Geschnetzeltes

子牛の肉を細切りにし、玉ねぎやマッシュルームをいれてクリームでじっくり煮たチューリッヒ州の郷土料理です。付け合わせにはレーシュティ(ハッシュドポテト)やシュペッツレという小麦粉で作った柔らかいパスタが一般的です。味は濃いめですが日本人の私たちにもとっても美味しくいただけます。

130014346_03b79cc237_z
by johl, CC BY-SA

ルツェルナー・パステーテ LuzernerPastete

10cmぐらいの高さのパイ生地の中央の穴にマッシュルームや細かく切ったお肉などを入れて煮込んだクリームソースを溢れるぐらいたっぷりと入れて食べるスイス中央部のルツェルン州の郷土料理です。生野菜たっぷりに添えて食べるのが一般です。スイス料理の中では割と軽めな方でしょうか。

575px-Luzerner_Chügelipastete_(Nachbildung)
Sandstein, CC BY-SA

アルプペンマカロニ Älplermagronen

アルプスの山の上のレストランなどの定番メニューです。茹でた角切りのジャガイモとマカロニをチーズクリームで和えナツメグと塩胡椒で味付けをしたもの。カリカリに揚げた玉ねぎをトッピングして食べます。付け合わせの定番としてアップルムースがありますが、それを食べるとスッキリとお口直しになりますよ!スイスの子供たちの大好きなメニューの一つです。

3897257849_300414c373_z
by supervillain, CC BY

ぺパ・ヴォードワ Papet Vaudois

フランス語圏はレマン湖地方の郷土料理。リーク(西洋ネギ)とジャガイモ(キャベツが入ることも)を白ワインとクリームでじっくり煮たものの上にこの州の特産品のヴォードワという粗挽きのソーセージを乗せて食べます。食べる前にソーセージの皮にナイフで切り込みを入れ、ソーセージの中身をたべます。下の敷いたあっさり目の野菜と共にに食べるととても美味です。

4089877417_b4db5f60e0_z
by lejoe, CC BY
10254342836_a9fb6c190f_z
by Benediktv, CC BY

ポレンタ Polenta

イタリア語圏、ティチーノ州の郷土料理。ポレンンタというトウモロコシの粉でコナ状のものに塩味をつけてお湯で柔らかくします。それをバットの中に入れ冷やし固めたものを切り分け、バターやオリーブオイルで表面をカリッと焼いて肉料理などのメインの付け合わせにして食べるのが一般的です。他にも、固めずに柔らかい状態のまま、チーズやソースをかけて食べる方法もあります。いずれも日本人の口によく合う美味しさです。

2488113661_01bd3327f1_z
by Special*Dark, CC BY-SA
7749713224_f984b035a2_z
by SweetOnVeg, CC BY

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。