> スウェーデン発!楽しくてオシャレな雑貨たち

2015年3月23日

スウェーデン

スウェーデン発!楽しくてオシャレな雑貨たち

by Reiserin

© Alfred Zedermaier - Fotolia.com

暗く、厳しい寒さを越えなくてはならないスウェーデンの冬、人々は自然に室内で過ごす時間が長くなります。そんな背景からスウェーデンは、手工芸やデザインが非常に発達し、優れた雑貨が昔から生まれ続けています。可愛いものから斬新でモダン、かつ格好いいものまで、暗い冬に華を添えるような明るい色合いの、魅力的な雑貨で一杯です!そこで今回ここで皆さんに紹介するのは、代表的なスウェーデンの雑貨です!みなさんはどのようなものが好みでしょうか。

ダーラナ馬、ナイフ1本で削って作られる木工芸

スウェーデン中部に位置する、独自の文化が根付くダーラナ地方。この地方に、17世紀より引き継がれている伝統工芸品「ダーラナ馬」というとても可愛らしい木彫りの馬の玩具があります。

2785902638_2040b73e8a_z
by Metro Centric, CC BY

その地方で産出される銅から作る朱色を基調に、緑、白、赤、黄などで、スウェーデンらしい独特な手描きの模様が施されています。今日では朱色だけではなく、様々な色が使用され、お土産やさんなどに並べられています。

8201603_fd8d35c11c_z
by guldfisken, CC BY

スウェーデンの象徴的な存在でもあるので、みなさんの中でも、ダーラナ馬を見かけたことがある方がいるかもしれません。部屋のアクセントとしてデコレーションにしても素敵です。

3396845526_62220a5bbb_z
by Metro Centric, CC BY

スウェーデン刺繍、手作りの温もりを感じる雑貨

暖炉の前に座り、温ぬくした時間をかつて刺繍をしながら過ごしたスウェーデンの女性たち。その模様や色合いは、スウェーデン独特の伝統を感じられる実に素晴らしいものばかりです。

6826043261_ff715b8ff3_z
by Dvortygirl, CC BY-SA

スウェーデン刺繍の特徴は、スウェーデン刺繍専門の生地の目を救って縫っていくところです。独特なカラーセンスを元に、細やかな可愛らしい花などをモチーフにした模様を刺繍したタペストリーや、テーブルクロス、クッションカバー、ポーチなど、伝統的なものから現代的な模様ものまで多種多様です。

6413321083_043896529e_z
by roger4336, CC BY-SA

また、太い糸を使った、スウェーデンオリジナルのウール刺繍というものもあります。こちらもまた違った味わいがあり、その魅力に惹きつけられます。

キッチンクロス、大柄プリントが可愛い

キッチンは、日々の生活で実は一番長い時間を過ごす場所かもしれません。そんな時、素敵なキッチン雑貨に囲まれていたら嬉しいですよね。スウェーデンはテキスタイルデザインが発達した国です。

From Amazon

特に、キッチンクロスはとても可愛らしく素晴らしいモチーフのプリントものが多くあります。例えば、創業1846年創業の老舗テキスタイル・メーカー「アルメダールス」(almedahls)の商品は、いかにもスウェーデン的な、独特な色合いの大柄プリントのデザインが輝きます。レトロなものからモダンなものまで揃い、ぜひともチェックして頂きたいメーカーです。

From Amazon

木工キャンドルスタンドで温かみのある部屋作り

スウェーデン人は、冬の暗い時間を、優しく柔らかなキャンドルの明かりで過ごすことを大変好みます。そんなスウェーデンですから、キャンドルスタンドも、部屋を楽しくさせてくれる様々なデザインのものがあります。

6825858911_4c5c27fa62_z-2
by Dvortygirl, CC BY-SA

ここでお勧めするのは、とってもキュートな木彫のカラフルなキャンドルスタンドです。民族衣装を纏った男の子や女の子をモチーフにしたキャンドルスタンドや、ダーラナ地方の模様を施した美しいもの、天使や、木を象ったものまで、キャンドルに火を灯さないで見ているだけでもワクワクするものばかりです。

おわりに

スウェーデンのおみやげ屋さんや雑貨店に行くと、どれを買ったらいいのか、目移りをしてしまうほど、とにかく沢山の魅力的な雑貨が並んでいます。色合いといい、デザインといい、柄といい、日本人の私たちの心を掴むものばかりです。スウェーデンへご旅行の際は、たっぷりと時間をかけて、自分だけのスウェーデンの宝物探しをしてみるのも楽しみ方の一つですね!

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。