> ストックホルムの美しい旧市街「ガムラスタン」お勧めスポット7選

2017年3月18日

ストックホルム

ストックホルムの美しい旧市街「ガムラスタン」お勧めスポット7選

by 西崎莉緒

筆者提供

スウェーデンの首都ストックホルムには、「ガムラスタン」と呼ばれる中世の街並みが残る旧市街エリアがあります。魔女の宅急便のモデルの1つにもなった場所で、大きな時計台のある湖に囲まれた美しい街を散策してみませんか?

それでは、スウェーデン在住者選んだガムラスタンのオススメ観光スポット7選をご紹介します。

【1】カラフルな建物が素敵な「ストールトルゲット広場」

image003
筆者提供

スウェーデン語で「ガムラスタン」というのは古い街という意味になります。その名の通り沢山の古い建物が残る中でもひと際華やかな場所は、中心部に位置するストールトルゲット広場(Stortorget)です。

ガイドブックで良く見かけるカラフルな可愛い建物はカフェやレストランが入っています。夏にはオープンテラス席でゆっくりと過ごしたり、冬にはクリスマスマーケットでショッピングをしたり、季節によって様々な楽しみ方があります。

すぐ近くにあるノーベル博物館にも立ち寄って見ましょう。

【2】歴代のロイヤルファミリーが暮らした「王宮」

image005
筆者提供

ストックホルム王宮(Kungliga slottet)は、現在のロイヤルファミリーがドロットニングホルム宮殿に転居するまでの間、歴代の王族が暮らしていた場所です。

王宮内の豪華絢爛な貴族の部屋や、教会、博物館などを見学する事が出来ます。

image007
筆者提供

毎日正午と3時に開催されている衛兵交代式は、ブラスバンドや騎馬隊が登場し迫力満点です。

image009
筆者提供

建物の細部までこだわって作られた装飾にぜひ注目して見て下さい。

【3】緑の尖がり屋根の「ドイツ教会」

image011
筆者提供

ドイツ教会(Tyska kyrkan)は沢山の教会のあるガムラスタンの中でも、ひと際目を引く緑色の高い尖塔を持つ教会。オレンジ色のレンガ造りの教会は壮麗な印象です。

image013
筆者提供

16世紀にドイツ人商人により建てられた教会は、今ではガムラスタンのランドマーク的な存在です。

【4】フォトジェニックな路地裏巡り

坂の多いガムラスタンの街には、小さな小道が沢山あります。

image015
筆者提供
image017
筆者提供

まるで迷路のような石畳の道を歩いていると、中世にタイムスリップしたような不思議な気持ちを味わう事が出来ます。

image021
筆者提供
image019
筆者提供

どこを切り抜いても絵になる美しい街並みに思わずため息が出ます。路地裏には小さなハンドメイドのお店やアンティークショップやカフェなどがあるので、素敵なお店をに入って見ましょう。

image023
筆者提供

【5】ストックホルム大聖堂

image025
筆者提供

王宮やストールトルゲット広場近くの大聖堂(Storkyrkan)は、大きな時計が印象的。

この時計どこかで見た事がありませんか?「魔女の宅急便」の時計台にそっくりと噂です。

【6】国会議事堂

image027
筆者提供

ストックホルムセントラル駅からガムラスタンへと向かうと国会議事堂(Riksdagshuset)が目に入ります。この重厚感のあるレンガ造りの建物は、現在もスウェーデンの政治の中核を担う場所で王宮のすぐ隣に位置しています。

内部を見学できるガイドツアーも開催しています。

【7】リッターホルメン教会

ガムラスタンの隣の島にあるリッターホルメン教会(Riddarholmskyrkan)は徒歩圏内なので、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

image029
筆者提供
image031
筆者提供

歴代の王族が眠る教会内は、たくさんの棺があり長い歴史を感じる事が出来ます。

最後に...

いかがでしたか?今回はストックホルムの旧市街ガムラスタンのオススメスポットをご紹介しました。

小さなエリアなので半日もあれば、じっくりと見学する事が出来ます。ぜひストックホルムに来た際には、ガムラスタンを訪れて見ませんか?

筆者 : 西崎莉緒

スウェーデン在住の30代フリーライター。20代はバックパッカー旅行に情熱を注ぎ、現在は週末にヨーロッパ各国を気ままに一人旅しています。最新のスウェーデンやヨーロッパ情報をお届けします。