> スペインバルで食べるべき「タパス」5選

2015年1月28日

スペイン

スペインバルで食べるべき「タパス」5選

by JSR2012

© nito - Fotolia.com

スペインと言えばバル、バルと言えばスペインというくらい、スペインのバルは日本人でもその言葉を知っていますよね。バルと言うのは簡単に言ってしまえば飲み屋さんです。英語のバーです。しかし、スペインのバルは、何も夜だけがメインではありません。朝から晩までやっているので、その中でも5つおすすめのタパスを紹介したいと思います。

サルモレホ (Salmorejo)

サルモレホという食べ物を聞いたことがありますか。おそらく、皆さんガスパチョはご存知ですよね。簡単に言うと、冷製トマトスープです。

4494091661_e6f7ff1081_z
by jlastras, CC BY

アンダルシア地方はとても暑くなるので、それを緩和させるための食べ物ですが、サルモレホは、そのガスパチョをかなり濃厚にしたもので、クリーミーです。

5649706102_3b2ca0ddf2_z
by ShashiBellamkonda, CC BY

このサルモレホは、ガスパチョが苦手という人でも絶対病みつきになるスープです。必ずアンダルシアのバルで無料でついてくるピコス(Picos)につけて食べると尚、美味です。

生ハム (Jamon iberico)

言わずと知れたスペインのハモンイベリコは、最高です。日本で食べていた生ハムは何だったのだと思わされるような、生ハム本来の味が味わえます。

302186952_78f3bcf2bd_z
by shioshvili, CC BY-SA

実は、私は、日本の生ハムが塩気が強すぎて苦手だったのですが、スペインで生ハムを食べた瞬間に、これは何だ!というくらい衝撃を受け、生ハムが好きになりました。どのバルにも豚の足がつるされていて、そこから生ハム用にカットしてくれます。

5107674549_90dc78a1ef_z
by goodiesfirst, CC BY

パタタ・ブラバ (Patata Brava)

ブラバとは「勇敢な」という意味もありますが、料理に使う場合は「辛い」という意味になります。そして、パタタは想像がつくと思いますが、ジャガイモのことです。

5786915800_c1d1fab7c5_z
by leoglenn_g, CC BY

茹でた、もしくは揚げたジャガイモをピリ辛クリームソースに和えただけの料理なのですが、このソースがたまりません。しかも、スペインはジャガイモの用途によってジャガイモの種類を使い分けます。

5926713351_b441811eca_z
by cyclonebill, CC BY-SA

なので、ジャガイモの調理法もよければ、このソースの味もよく、簡単な料理なのに、絶品料理と化してしまう、不思議な料理です。ちなみに、ピリ辛と言っていますが、何も辛くないので、辛い物が苦手な人でも食べられます。

トスターダ (Tostada)

朝のメニューですが、こちらは、トーストのことです。フランスパンを小さくしたようなパンを半分に切り、その上に、生ハムとオリーブオイルをのせて焼きます。

6371246137_5fc58dd623_z
by jeffreyw, CC BY

もしくは、トマトをペースト状にしたものとニンニク、そして、オリーブオイルをパンに乗せて焼くだけのトーストがあり、この2種類が断然おすすめです。これと一緒にカフェ・コン・レチェ(Cafe con leche(カフェラテ)を頼んでいただき、飲んでもらうと、完璧なスペインの朝食となります。

8556786867_eacf80dbe9_z
by jeffreyw, CC BY

バカラオ (Bacalao)

スぺリン料理に欠かせないお魚、バカラオとはタラの事です。このバカラオを使った料理はいくつかあるのですが、私がお勧めするのは、バカラオにクリームソースをかけた物です。

クリームソースというと、重いイメージがありますが、不思議なことに、妙にさっぱりとした味わいで、しかもバカラオの味も生きているという素晴らしい一品なのです。

スペインでは「Bacalao con crema」で通じるはずです。お店によって、複雑な名称をつけている場合があるので、この言葉さえ言えば、店員さんも理解してくれるでしょう。

聞いているだけで食べたくなりませんか。本当にどれもこれも美味しいものばかりが置いてあるスペインバルです。「絶対に美味しいものしか食べたくない!」という方は、人がたくさんいるバルを選んで入ってください。そうすれば、ほとんど外れる事はありません。

筆者 : JSR2012

30代前半女子。21歳でスペインへスペイン語留学へ行き、その後は、日本で就職もしましたが、メキシコでも就職をし、今現在はアメリカ・ロサンゼルスで、夫と子供と3人で暮らしています。