> 冬のバルセロナをオススメする4つの理由

2016年1月13日

バルセロナ

冬のバルセロナをオススメする4つの理由

by Schnuckie

© JackF - Fotolia.com

どこに行くかと同様に、どの季節に行くかも、旅行計画を立てる上での重要なポイントですよね。バルセロナは、ヨーロッパでも人気の高い旅行先の一つですが、ヨーロッパ旅行は、どちらかと言うと冬は避けられがちです。けれども、冬のバルセロナは、とても魅力的でおススメです。さて、その理由とは?

旅行者が少ない!

旅行者が少ないと言うことは、すなわち、観光の名所をゆったりと巡ることができます。人気のガウディの建築物、サグラダ・ファミリア、カサ・ミラなど、静かに時間をかけて見学できます。観光ハイシーズンには、例えば、サクラダ・ファミリアはすごい行列、インターネットで前予約することが薦められますが、冬場は、行列無しのことも多いです。

5460177722_6dc1268f33_z
by gmaximo, CC BY-ND

有名な「ラス・ランブラス」(カタルーニャ広場から、バルセロナ湾近くのコロンブスの塔まで続く繁華街)も、混雑することなく、のんびりと歩くことができます。

4424171311_ff40ccaeaa_z
by Oh-Barcelona.com, CC BY

旅行者が少ないと言うことは、ホテルやレストランの選択幅も広がるので快適な滞在ができます。

チョコレートが美味しい!

実は、カタロニア(バルセロナのある地域)は、チョコレートでも有名です。バルセロナの町を散策すると多くのチョコレート店が目につきます。是非、訪れたい観光スポットのひとつ「ボケリア市場」でも、スペインハムなどに負けないくらいの規模のチョコレート店があります。

4115811312_f106f9930c_z
by The Travelling Bum, CC BY-ND

チョコレートを味わうには、やっぱり、やや寒めの季節の方が良いですよね。(溶けるので!)
そして、是非、試して頂きたいのは、超濃厚なホットチョコレート! チョコレートをそのまま溶かしたのではないかと思えるほどの濃さですが、やや冷たい風に吹かれながら観光した後、カフェでの暖かいホットチョコレートは、なんともホッとする幸せのひと時です。

4335176775_1eedd02f3d_z
by Navnetmitt, CC BY

カタロニアのチョコレートの文化・歴史を知ることができるチョコレート博物館(Museu de la Xocolata)も興味深いです。

2035988067_f6d107a2c2_z
by EileenRose, CC BY-ND
6222684302_81f4e06c59_z
by Globalism Pictures, CC BY

太陽が心地よい!

バルセロナの冬は、例えば、12月~1月の気温が10~15度と言うように、比較的マイルドな冬です。もちろん、天候はいつも平均通りに行くものではないので、もっと寒い日もありますが、冬のカラリと晴れた青空と海はとても美しいです。

2216687066_0e8d842aee_z
by nicolas.boullosa, CC BY

直射日光に当たると、汗ばむように感じることもあり、ビーチでは、水着姿で日光浴する人を見かけたりします。バルセロナは、海と丘からなる街。坂道が多いですが、冬なら、汗をかくことなく散策できます。

冬のデコレーションが美しい!

寒い冬でも、出かけたいと思わせてくれるのが、冬のデコレーション。パセオ・デ・グラシア通りの高級感溢れるライトアップ、旧市街の伝統的なクリスマスの装飾など、冬ならではの装いがとても魅力的です。ゴシック地区のカテドラル前では、バルセロナならではのクリスマスマーケットも開かれます。

6504258613_583d13a7eb_z
by Barcelona.cat, CC BY-ND

伝統色の濃いマーケットで、カガティオ(丸太に手足があり赤い帽子をかぶった人形)や、カガネー(トイレで用を足している人形)など、なんだか不思議なカタロニアならではのクリスマス・デコレーションを見てまわることができます。
カテドラル(サンタ・エウラリア大聖堂)にも、是非、立ち寄って見てください。石造りの中世の教会はとても厳かです。ガウディの建物とは異なる魅力があります。

3100969332_19119f7a2f_z
by Carquinyol, CC BY-SA

私自身、人混みは苦手なため、冬のバルセロナの旅はとても良かったです。レストランやホテルの人達にも余裕があり、街全体がリラックスしている感があります。天候が良ければ、美しい海や公園も楽しむことができ、もし、天候が悪くても、ショッピングしたり、博物館やたくさんある屋内の観光スポットをゆったりと楽しめます! 

筆者 : Schnuckie

シュヌーキー。ヨーロッパ生活が長い40代後半の女性。現在はノルウェーのオスロ在住。ドイツを訪れる機会が多く、イギリスにも5年余滞在。これまで旅した国は、アジア、ヨーロッパを中心に25ヶ国。