> ノルウェーの魅力は西海岸にあり!

2015年8月25日

ノルウェー

ノルウェーの魅力は西海岸にあり!

by Reiserin

© Nikolai Sorokin - Fotolia

ノルウェーの魅力は西海岸にあると言っても過言ではありません。「アナと雪の女王」のモデルになっていることで大きな話題となり、観光客の数も数倍にも跳ね上がっています。大自然のパワーみなぎるリアス式海岸沿いに広がる街の景色を見ると「大自然の脅威」の中にある人々の日々の営みの逞しさを感じることでしょう。

ベルゲン - Bergen

ベルゲンは世界遺産登録されているハンザ同盟時代のドイツ人街ブリッゲン地区があることで有名です。

5390961577_f8e3649e48_z
by Miguel Virkkunen Carvalho, CC BY

山に囲まれたこの港町は、パステルカラーの可愛らしい木造の家々が丘の上に立ち並ぶ絵本の中から飛び出してきたよう大変印象的で美しい街です。1年のうち280日以上が雨という「雨の町」としても知られています。

4390667762_4f11d9121c_z
by vidart, CC BY

生粋のベルゲンっ子は雨の降らない町ほど居心地の悪いものはないのだそう。港の規模は大変大きく、巨大な豪華客船が寄港すると、ベルゲンの町はなんとも華やかな独特な雰囲気に変貌します。

5111090878_1e346d8e76_z
by size4riggerboots, CC BY-ND

スタヴァンゲル - Stavanger

南西部に位置するリーセフィヨルドへの玄関口、スタヴァンゲルは北海油田のある街として栄えています。小規模ながら、多くの若者たちが集うインターナショナルでモダンな街として活気づいています。

Stavanger
by tacker, CC BY-ND

街をロマンチックに彩る色とりどりの木造家屋の数はヨーロッパ最多の数を誇ります。一方、旧市街の静かな住宅街は真っ白な木造建築に統一され、北欧調にオシャレに装飾する家々などを見ながらのんびりと散策するのは楽しいものです。

6108457438_70160cb156_z
by Giåm, CC BY
6127367501_799666639d_z
by Giåm, CC BY

ウォーターフロントには石油博物館や一流シェフが腕を振るうレストランなどが並び、旅行者を賑わせています。

8012890376_5be35d0cab_z
by Harald Groven, CC BY-SA

オーレスン - Ålesund

アールヌーヴォーの町、オーレスン。その発祥は1904年の大火災に起因します。町の大部分をこの大火災で失なってしまったオーレスンは、3年後の1907年に復興に見事に成功します。その復興に大きく携わった建築家は中央ヨーロッパのロマン主義、つまりアールヌーヴォー建築様式から多大な影響を受けそれをオーレスンの町に多く取り込んだというわけです。

18619100110_3e1a024877_z
by Bosc d’Anjou, CC BY

当時の美しい建築物は現在も多く残っており、美しい街並みを演出しています。北の果ての幻想的なアールヌーヴォーの町、オーレスンの景観は、訪れた人々の心にいつまでも残るでしょう。

7418439776_f92c43ce99_z
by Leshaines123, CC BY
8110662297_6fc24ff8e0_z
by intergirl, CC BY

トロムソ - Tromsø

オスロから飛行機で2時間。トロムソは北極圏の入り口から350kmも北上した遥か北にある天体観測と大学の街です。トロムソはオーロラを見に来る観光客に大変人気のあるスポットです。そこに広がる景色は私たちの想像を超えるエキゾチックな幻想の世界です。

4146225769_d15dee8e22_z
by Tromsø kommune, CC BY
8717790190_5ccd6cf234_z
by Claudia Regina CC, CC BY-SA

トロムソはまた、北極探検隊たちの寄港地としての歴史をも持ちます。レストランやカフェ、お土産やさんも充実しているんですよ。アクセス方法として飛行機もありますが、ノルウェーならではのフィヨルドの入り組んだ水路を進む高速船もお勧めです。

6288098791_8a4e6350a9_z
by Tromsø kommune, CC BY

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。