> ノルウェーとドイツで人気の小クルーズ(オスロー/キール)

2016年3月16日

ノルウェー

ノルウェーとドイツで人気の小クルーズ(オスロー/キール)

by Schnuckie

とても人気のこの小クルーズは、船で2泊のスケジュールです。午後2時に出発、翌朝10時に到着。到着地でおよそ4時間の滞在時間を楽しんだ後、同じく午後2時に出発、翌朝10時到着という、ノルウェーの首都オスローと北ドイツの街キールを結ぶ、カーラーライン社(Color Line)の定期便でのクルーズです。「定期便のフェリーなのに人気?」と思うかもしれませんが、ノルウェーでもドイツでも大人気、わたしも大好きです。そして、この人気には納得の理由があります!

クルーズ船仕様のフェリー

5206601234_98a7c1a1f2_z
by Color Line Flickr, CC BY-SA

カラーライン社は、ノルウェーの船舶会社で、この航路の他にもいくつかの定期便を運航しています。オスロー/キールで使用されているフェリーは、「M/S Color Fantasy」と「M/S Color Magic」です。15階建てで、カーフェリーであるとともに、1000室近い客室を持つクルーズ船仕様です。

7583122322_99931d97fb_z
by jhnnsstnbrg, CC BY

レストラン、エンターテイメント、ショーラウンジ、カフェ、バー、Duty Freeショップ、トレーニングルーム、プール、美容院、ビジネス用のコンファランスルームなど、充実の施設が整っています。

https://www.colorline.no

船室

通常、定期便のフェリーでは「船室予約無しでもOK」という場合もよくありますが、「M/S Color Fantasy」と「M/S Color Magic」では、必ず船室宿泊となります。そして、船室は、クルーズ船仕様なので快適、ホテルに泊まっているような感じです。

クラスは3星、4星、さらに豪華なクラスとありますが、ほとんどの人は、3星、4星で十分ハッピーだと思います。 夏は、景色を楽しめる外側の船室がおススメです。

エンターテイメント

3353474227_1edb988a9e_z
by m.prinke, CC BY-SA

快適な客室でのんびりするのも良いのですが、エンターテイメントもかなり充実しています。ショーラウンジでは、ミュージカル仕立てのショーがあり、パブでは弾き語りなどのライブ、バーではピアノ音楽、ジャズ、ダンスミュージックなどのライブ、ディスコ、子供用のエンターテイメト、プレイングルーム、カジノもあります。

72906098_398643d73a_z
by fo.ol, CC BY-SA

これらには追加料金を支払う必要はありません。(ドリンクなどは別料金) スライドもあるプールも人気がありますが、これは、別料金です。ショッピングは、Duty Freeに加えて、季節ごとのセールなどもあります。街を模したプロムナードとなっているので、ウインドーショッピングをする雰囲気が楽しめます。

レストラン・カフェ

2318444204_84257cc07c_z
by m.prinke, CC BY-SA

ノルウェーの代表的な料理を思いっきり楽しめるビュッフェ、素晴らしい景色を眺めながら食事ができる少し高級なレストラン、カジュアルなカフェ、イタリアン、アメリカンレストランなどがあります。自分で食べ物を持参して、船室で食べるのも可能です。

7547758800_628649c728_z
by Bernd Brägelmann, CC BY-SA

船内のカフェなどの値段は、ノルウェーとドイツの一般価格の中間あたりです。ノルウェーは、物価が高い国なので、ノルウェーからの乗客にとっては割安感があります。

到着地での楽しみ

318502597_444bd70668_z
by Laenulfean, CC BY-SA

オスロー出発の人は、キールで4時間弱の時間があります。ノルウェーと比べるとドイツは物価が安く、品物の種類も豊富なため、ノルウェー側からの乗客にとっての楽しみはショッピングです。

8711631426_0f59628a14_z
by Abu-Dun, CC BY-SA

船は、キールのほぼ中央に到着し、ショッピング街まで歩いて数分です。オスロー側でも、船の停泊地は市の中心部から程近く、市内観光が可能です。バスのシティツアーを船上で予約することもできます。

まとめ

天気が良ければ、デッキに出て景色を楽しむのもお忘れなく! 特に、船上からのノルウェーの景色は、季節を問わず、とても美しいです。また、キールからオスローに向かう時、デンマークの壮大な大橋(Storebæltsbroen)を直下から見ることができます。(オスローからキールに向かう時は夜中に通過します。)この辺りには、多数の発電用風車が海上に建てられており、その風景も興味深いです。ゆったりと過ごしながら、とても充実した時間が楽しめる小クルーズ。何度体験しても素晴らしいです!

筆者 : Schnuckie

シュヌーキー。ヨーロッパ生活が長い40代後半の女性。現在はノルウェーのオスロ在住。ドイツを訪れる機会が多く、イギリスにも5年余滞在。これまで旅した国は、アジア、ヨーロッパを中心に25ヶ国。