> ノルウェー旅行を堪能する「絶景6選」を巡る旅

2015年9月25日

ノルウェー

ノルウェー旅行を堪能する「絶景6選」を巡る旅

by fishandtips

Andrey Armyagov - Fotolia

ノルウェーの魅力はなんと言っても自然。ダイナミックで壮大な自然は、まさに「うわーっ」「すごい」「きれい」の連続。絶え間なく続く絶景に、表現しきれない感動で胸がいっぱいになることでしょう。ノルウェーの自然を堪能できるルートは、もちろん一つだけではありません。ここで紹介するのは、首都オスローを出発/到着とした1週間(6泊)で回るドライブ・ルートです。
鉄道、バス、飛行機などを利用して、ルート上の1場所を訪れることも可能ですので、是非、参考にしてみてください。

レーロース(Røros)

最初の目的地レーロースは、オスローから北へおよそ400kmに位置します。途中には、ノルウェーで最大のミョーサ湖、冬のオリンピックが開かれたリレハンメルや、国立公園周辺、スキーリゾートで有名なティンセットなどがあり、美しい自然が続きます。

736986804_c8872907f0_z
by randihausken, CC BY-SA
14958717281_4c0ef87fe6_z
by westher, CC BY

1980年に世界遺産に登録されたレーロースは、人口4000人足らずの小さな町、銅鉱山の歴史を持ちます。17〜18世紀建築の80軒ほどの伝統的な木造の建物が保存されており、中世の趣が漂います。レーロース教会は、ノルウェーの伝統的な装飾が見られる教会で、ノルウェーでトップ10に数えられる観光客に人気の教会です。(400kmが長すぎるようであれば、リレハンメルで一泊するのも良いでしょう。)

736986930_b3b163bc65_z
by randihausken, CC BY-SA
1259248289_c35e3a822a_z
by aslakr, CC BY

トロントハイム(Trondheim)

レーロースから北西に向かっておよそ160kmの位置にあります。バイキング時代(1217年まで)は、ノルウェーの首都でした。この事実だけでも、神秘に包まれた雰囲気が伝わりませんか?ノルウェーにキリスト教が初めてもたらされた場所でもあります。

76222947_222e1bba29_z
by eirikref, CC BY
8399837432_2e343668d0_z
by Kamil Porembiński, CC BY-SA

美しいニーダロス大聖堂は、キリスト教を伝えたバイキング王オーラフの埋葬地の上に建っており、1300年頃に完成しました。世界最北の大聖堂で、北ヨーロッパの重要な巡礼の地でもあります。

9472261962_dc8f7b5e26_z
by markheybo, CC BY
4881565849_8f3b95b477_z
by Trondheim Havn, CC BY-SA

クリスチャンスン(Kristiansund)

トロントハイムから西海岸へおよそ220kmです。この行程はノルウェーのフィヨルド絶景が続きます。観光スポットを訪ねるとか言うよりも、ただただ、ノルウェーの圧倒的な自然を楽しむのがメインです。写真を撮っても、撮っても、撮り足らない。そして、写真には到底おさめることのできない素晴らしい自然が待っています。

2570165077_4a399eea94_z
by kohlerkarsten, CC BY-ND
27118941_8c54f1d403_z
by Seansie, CC BY
27119643_8fa56bce65_z
by Seansie, CC BY

オーレスン(Ålesund)

クリスチャンスンからオーレスンはおよそ170km。ノルウェー西海岸の壮大な自然が楽しめる感動的なルートです。全行程が素晴らしいですが、ハイライトは「アトランティック道路」です。ノルウェーの絶景道路の一つです。1989年に完成したアトランティック道路には、7つの橋があり、道路は全長およそ8kmです。ワイルドで力強い美しい自然とともに、現代建築の美が堪能できます。

14875500491_2475815d75_z
by theglobalpanorama, CC BY-SA
7728812860_c6d1751c3c_z
by mrbichel, CC BY

オーレスンドは、1904年の大火で一夜のうちに町全体が壊滅し、1904年〜1907年にかけて再建されました。アールヌーボー様式の美しい街並みが今も現存しています。遠い果ての地だけに、アールヌーボーの建物がとても特別に感じられます。標高189mのアクラ山は、オーレスンのビューポイントです。ここからは美しいアールヌーボーの町並み、美しい島々と海、スンモーレ・アルプスの山々の素晴らしい景観が一度に望めます。

6233347611_266ebab15a_z
by Roman Königshofer | Filmmaker & Photographer, CC BY-ND
6233336365_3b8e85e829_z
by Roman Königshofer | Filmmaker & Photographer, CC BY-ND

ガイランゲル(Geiranger)

オーレスンドからおよそ100kmです。ノルウェーで最も有名で、世界遺産にも登録されているガイランゲル・フィヨルドがあります。

14934762885_413399593c_z
by Tristan Taussac, CC BY-ND

他にも「ダルスニッバ展望台」「7姉妹の滝」「フリーダルスユーヴェ展望台」など、これでもかというほどの圧倒的な自然が続きます。「息を呑む」「息をするのを忘れるような」体験が待っています!

20406003484_390e0c4fe9_z
by Elbilforeningen, CC BY
1544044005_99d39cf9fc_z-2
by TravelingOtter, CC BY-SA
6078429031_7e6dfe424f_z
by Giåm, CC BY

バイトシュトーレン(Beitostølen)

ガイランゲルからおよそ200kmのバイトシュトーレンは、ヨトゥンハイメン(Jotunheimen)山地にあります。ノルウェーの最高峰(Galdhøpiggen / 2469m)を含む2000m級の山々、広大でワイルドな山麓、エメラルドグリーンの湖や川、氷河と、まさに圧巻の自然です。

10485995684_10c1226538_z
by indeliblemistakes, CC BY-SA
14197125950_3cf1b3d0b6_z
by Vilde Lauritzen, CC BY-SA

ほとんど人のいない自然の真っ只中にいると、過去・現在・未来の時間の感覚すら消えてしまいそうです。バイトシュトーレンからオスローまでは約230kmです。

全行程1週間、ノルウェーの大自然を体験すると、きっと生まれ変わったような気持ちになるのではと思います。自然のパワーというか、浄化作用というか・・・。ノルウェー人が、どこか澄んだ印象を持つのは、この自然ゆえかなと思ったりします。

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。