> ノルウェー首都オスロ、おすすめ観光スポット

2015年2月12日

オスロ

ノルウェー首都オスロ、おすすめ観光スポット

by Schnuckie

© Frankix - Fotolia.com

白夜、オーロラ、フィヨルドと壮大な自然に溢れるノルウェー。日本とほぼ同じ面積の国土にわずか500万人の人口、圧倒的な自然のパワーを感じます。首都のオスロは、美しいフィヨルド沿いの人口約60万人の街。こじんまりとした街ながら、モダンさと歴史・伝統がうまく融合した魅力的な街です。そんなオスロのお薦めの観光スポットをご紹介します。

オペラハウス

オスロ中央駅から歩いてすぐのオスロフィヨルド沿いにある、国立オペラ・バレー劇場です。

5555503102_c3b7590849_z
by VisitOSLO, CC BY

白い大理石とガラスが印象的な建物で、大きな雪か氷の塊が、海から浮かび上がっているかのように建てられています。素晴らしい現代建築として、海外からも高い評価を受けています。2007年に完成したこのオペラハウスは、国民のためのオペラハウスと捉えられており、親しみやすく、人々からとても愛されています。

4826384926_fe2947d9dc_z
by dalbera, CC BY

オペラハウスの外側のスロープを進むと、自由に屋上に上がれるというユニークな設計になっています。この屋上からのオスロフィヨルドの眺めは圧巻です。

by RubberGoat, CC BY-ND
名称:
Operahuset
住所:
Kirsten Flagstads Plass 1, 0150 オスロ, ノルウェー
TEL:
+47 21 42 21 00
ホームページ:
公式サイト

オスロー市庁舎

オスロフィヨルド沿いの、多くの市民や観光客が行き交う市の中心地にあります。毎年、ノーベル平和賞の授与式が行われる所です。長い年月をかけて1950年に完成したオスロー市庁舎は、2つのタワーを持つ煉瓦造りの建物で、北ヨーロッパの典型的なデザインです。内外の装飾には、ノルウェーの文化・歴史・労働をモチーフとした1900〜1950年の芸術がふんだんに使われています。

1540129997_55124ebea7_z
by David Holt London, CC BY-SA

ノーベル平和賞授与式が行われるメインホールの大きな壁画は、市民の労働や生活文化をモチーフにしており、ホールを華やかな色で印象づけています。市庁舎が市民のものであることを象徴する作品です。

8639499800_ab47f5c374_z
by Mitch Roth, CC BY-SA

市庁舎外側の壁面には、北欧神話をモチーフにしたいくつもの木造彫刻があります。これらからは、素朴なノルウェーの魅力を感じることができます。

14266717903_1883a15450_z
by jimkillock, CC BY-SA
名称:
Oslo rådhus
住所:
Rådhusplassen, 0151 オスロ, ノルウェー
TEL:
+47 23 46 18 47
ホームページ:
公式サイト

フログネル公園(ヴィーゲランド公園)

オスローの中心から約3kmほどの位置にある、オスロで最も有名な公園です。ノルウェーの彫刻家グスタフ・ヴィーゲランド(1869 – 1943)の200点以上の作品が置かれた広大な彫刻公園です。

6063339726_8f027387c3_z
by downeym, CC BY

公園には、作品のみならず、広い芝生があり、橋や噴水、バラの花壇などで構成されています。市民の憩いの場であり、年間100万人を超える観光客が訪れる、オスロで一番人気の観光スポットです。

2614912057_45d0dbce96_z
by Cebete, CC BY

公園にある「おこりんぼうの男の子」の青銅像は、子供が体中で怒る姿をうまく表現していて、多くの作品の中で最も人気があります。また、公園のハイライトとも言える「人間の塔」という高さ14mの大理石のモニュメントは、老若男女121人が浮き彫りにされたユニークな作品です。

6063336766_e02ca09201_z
by downeym, CC BY
名称:
Frognerparken
住所:
Kirkeveien (Middelthuns gate), 0368 オスロ, ノルウェー
ホームページ:
公式サイト

カール・ヨハンガーテ通り

オスロー中央駅から王宮まで、まっすぐにのびるこの通りは、オスロのメインストリートです。大都会の繁華街とは異なり、こじんまりとしていますが、整然としていてライムの木の並木が美しいです。

2327073839_b2d901f2de_z
by Andy_Mitchell_UK, CC BY-SA

この通り沿いには、国会議事堂、国立劇場、オスロー大聖堂など多くの重要かつ歴史的な建物もあります。広い歩道やアウトドアカフェのスペースがあり、フレンドリーな雰囲気です。

6424689857_77fdc7a6fa_z
by Jorge Franganillo, CC BY

カフェ、レストランやバー、また、ファッションショップを始め、様々な店が軒を並べており、ウインドーショッピングをしながらの散策に最適です。

11736472674_9bbfa59b94_z
by blondinrikard, CC BY
名称:
Karl Johans gate
住所:
Karl Johans gate, 0154 オスロ, ノルウェー
ホームページ:

オスロフィヨルド

オスロはフィヨルド抜きには語れません。夏の沈まぬ太陽に輝く静かで心地よいフィヨルドも、冬の真っ白に凍てつくフィヨルドも、言葉を失うほどの美しさです。

14813100077_ff9f2fac1b_z
by VisitOSLO, CC BY

オスロ市庁舎のすぐ近くにあるアーケルブリッゲというマリーナには、のんびりと散歩ができるプロムナードがあり、多くのカフェやレストランもあります。冬も夏も、美しいフィヨルドを眺めながらのそぞろ歩きは、何度経験しても素晴らしいです。

4852349999_5696dd1fb7_z
by dalbera, CC BY

夏にオスロを訪れたら、フィヨルドクルーズがお薦めです。様々なクルーズが用意されています。フィヨルドから眺めるオスローの町並み、フィヨルドに浮かぶ数々の島など、フィヨルド国ノルウエーならではの美しい景色を堪能できます。

4852628098_e63088871e_z
by dalbera, CC BY
住所:
ノルウェー オスロ湾

筆者 : Schnuckie

シュヌーキー。ヨーロッパ生活が長い40代後半の女性。現在はノルウェーのオスロ在住。ドイツを訪れる機会が多く、イギリスにも5年余滞在。これまで旅した国は、アジア、ヨーロッパを中心に25ヶ国。