> ノルウェー フィヨルド絶景3選

2015年12月17日

ノルウェー

ノルウェー フィヨルド絶景3選

by Schnuckie


ガイランゲルフィヨルド, TravelingOtter, CC BY

フィヨルド国ノルウェーには、たくさんのフィヨルドがあり、それぞれに感動的な美しさがあります。けれども、ノルウェー西海岸のフィヨルドは特別です。細く長く内陸深くまで続き、そびえ立つ山々に囲まれたフィヨルド。表現する言葉が見つからないほどの美しさです!

リーセフィヨルドとプレーケストーレン

長さ42kmに渡る長いフィヨルドは、ほぼ真っ直ぐに切り立った1000m級の岩山に囲まれています。この険しい地形は、人間の集落の形成を許さず、フィヨルド沿いにある集落はわずか2つです。

L.C. Nøttaasen, CC BY
4571436291_7410bd7906_z

プレケーストーレンは「牧師の椅子」という意味の名ですが、このフィヨルド沿いにある標高604mの垂直に切り立った崖です。崖の天辺は、25x25mのほどの平面で、平らにスライスされたような地形になっています。片道約3時間ウオーキングで登ることができます。

L.C. Nøttaasen, CC BY
4572093594_880035005e_z

この崖の天辺には、安全のための柵などはなく、自然のままに保たれています。大きな自然と自然の造形に畏怖を抱き、その美しさに感動で胸がいっぱいになります。

L.C. Nøttaasen, CC BY
4572089884_25f09bff2b_z


英語名:Lysefjorden and Preikestolen

ソグネフィヨルドとネーロイドフィヨルド

長さ205km、深さ1308mでノルウェーで最長・最深のフィヨルドです。ここでもフィヨルドの両脇の崖は、高さ1000m級で、ノルウェーの最高峰2000m級の山々へと続きます。壮大な自然に、ひれ伏すような思いです。

ソグネフィヨルド, Kamil Porembiński, CC BY
4634964461_cd3bf732d1_z

大きなソグネフィヨルド沿いには、比較的多くの小規模集落があります。険しい地形と、狭く細く長い水路が、外部からの侵入を防ぎ、集落は小さいながらも長い歴史を持っています。

一方で、この地形は集落に孤立をもたらします。何世代にも渡ってこの地に住んでいる人々は、近年のツーリズムの発展にも関わらず、自然とのつながりの強い伝統的な生活を続けています。

ソグネフィヨルド, Red Junasun, CC BY
5937648493_16a9cfc7f7_z

ソグネフィヨルドの分岐フィヨルドであるネーロイドフィヨルドは、ユネスコ世界遺産に登録されています。長さ17km、最狭部250mで、ノルウェーで最もドラマティックとも言える景観を持っています。険しく高い崖に囲まれた深い青色のフィヨルド、頂上に雪を抱いた山々、流れ落ちる滝。言葉を忘れて、ただただ、自然の美とパワーに圧倒されます。

ネーロイドフィヨルド, Red Junasun, CC BY
7856719708_a21dd0a13a_z


英語名:Sognefjorden and Nærøyfjord

ガイランゲルフィヨルド

ガイランゲルフィヨルドもユネスコ世界遺産に登録されています。長さ15kmで、高い山々がフィヨルド間近まで迫りそびえ立ちます。フィヨルド側にはほとんど道路は無く、交通手段はフィヨルドの水路だけという厳しい地形条件は、集落の形成を許さず、ほとんど人が住んでいないため、手つかずの自然があります。

Vasile Cotovanu, CC BY
3790658369_30c12531ca_z

わずかながらに住んでいる人々も、厳しい気候に困難な生活を強いられます。長年、人々は、農業と漁業を中心とした、自然とのつながりの深い伝統的な生活を営んでいます。

Vasile Cotovanu, CC BY
3790658269_69094b53a8_z

フィヨルドは深く青色の冷たい水をたたえ、雪に覆われた山々と切り立った岩山に囲まれ、7つの滝が流れ落ちる「7姉妹の滝」や太陽が当たると岩にベールがかかったように見える滝「花嫁のベール」などがあり、まるでおとぎ話か伝説の世界のような光景です。

Vasile Cotovanu, CC BY
3791470764_994427def3_z


英語名:Geirangerfjord

最後に…

ノルウェーの自然は、人間を優しく包んでくれるような暖かい印象はありません。動物や植物の存在すら許さないような厳しい気候、氷雪が生む冷たさと厳かさ、崖岩や岩山の頑強さ、そんな人間を寄せ付けない圧倒的なパワーを持った自然です。そんな自然の前に立つと、ただただ孤高の美しさに感動し、感動のあまり涙が出るほどです。

筆者 : Schnuckie

シュヌーキー。ヨーロッパ生活が長い40代後半の女性。現在はノルウェーのオスロ在住。ドイツを訪れる機会が多く、イギリスにも5年余滞在。これまで旅した国は、アジア、ヨーロッパを中心に25ヶ国。