> ロード・オブ・ザ・リングのロケ地5選 in ニュージーランド

2014年12月8日

ニュージーランド

ロード・オブ・ザ・リングのロケ地5選 in ニュージーランド

by kiki


ホビット庄 , by Tom Hall, used under CC BY

皆さんはニュージーランドといったら何を想像しますか?羊、自然、南十字星などなど素朴なイメージの強いニュージーランドですが、映画「ロード・オブ・ザ・リング」、「ホビット」シリーズの舞台、ロケーションがニュージーランド全土で行われているのをご存知ですか。首都のウェリントンにある空港のホビット一色な様子は以前日本でも話題になりましたが、実はロケーションはニュージーランド全土に観光客を誘致すべく、北島・南島にわたり様々な都市で行われています。ニュージーランドをドライブするとそこはロード・オブ・ザ・リングの世界が広がっています。映画ファンでなくても楽しめる自然景観やテーマパークとなっていますので、今日はその中でも5カ所に厳選して紹介して行きます。

なぜ、ニュージーランドなのか?

映画の原作はJ.R.R.トールキン、英国の小説家ですがこの映画シリーズは今までに「ロード・オブ・ザ・リング」3作、そして12/13にいよいよ最終作「ホビット 決戦のゆくえ」が公開の「ホビット」3作を通してニュージーランド出身のピーター・ジャクソン監督が手がけています。その縁もあり、また豊かで岩が続く山並みなどがファンタジー世界にマッチした土地が評価されています。実際に、ニュージーランドの総ての観光都市でお土産物店にはロケ地ガイドブックや、またロケ地を巡るツアーが用意されています。

ホビット庄

その中でも、最も有名で多くの観光客が訪れているのが、ホビット村ことホビット庄です。各物語の始まりは穏やかで平和な暮らしを営むホビット、主人公のフロドとビルボの住む家から始まります。全編に渡り、広大な中つ国の荒々しい戦いが描かれる作品の中でとても幸せな世界観が作られています。ホビット庄は、もともと土地を提供した牧場に仮説セットが作られていた者が後に、本当に建設されて多くの観光客を迎えています。アクセスは北島の主要都市オークランドからマタマタという町まで車で2時間です。

by Tom Hall, used under CC BY
15375618615_133626cb8a_z

by Tom Hall, used under CC BY
15189144427_a35bd99c2e_z


住所:Hobbiton Movie Set Tours, Matamata, New Zealand

グレーノキー

アイゼンガルドの撮影地としてしようされたのが、グレノーキーの河原から眺められる風景です。ロード・オブ・ザ・リングの野戦場ボロミアの死闘したアモンヘンのシーンにも使用されています。北島の観光地の拠点となるクイーンズタウンに隣接した地域なので、とてもアクセスがしやすくなっています。

by Heather Aitken, used under CC BY-SA
4403654280_1384124e73_z


住所:グレーノキー (Glenorchy)

トンガリロ国立公園

トンガリロ国立公園はもともと、火山や地熱活動の活発な北島でトレッキングを楽しむ人びとに親しまれてきました。映画の中では、「ロード・オブ・ザ・リング」の悪役サウロンの土地、「モルドール」の舞台となっています。トンガリロ国立公園では日帰りのトレックが主流でツアーに参加することなくモルドールの滅びの山を一望できるようになっています。また、温泉や青色の火山湖など映画を知らない方にも十分楽しめる場所になっていますよ。

by itravelNZ, used under CC BY
15085796501_b4b1294efd_z

by russellstreet, used under CC BY-SA
4690129411_e0b48f90a5_z


住所:トンガリロ国立公園, Manawatu-Wanganui 4691, New Zealand

レイクタウンのプカキ湖

10年に渡る映画撮影の中でも、最新の「ホビット 決戦のゆくえ」で使われた新しいロケ地です。「ホビット」は舞台が「ロード・オブ・ザ・リング」の60年前になっていることから中つ国が新鮮に見えるようにロケーション・マネージャーを務めたジャレッド・コノン氏が配慮をしたんだとか。まだ誰も知らないロケ地へ行きたい方へおすすめの場所になっています。

by Jocelyn Kinghorn, used under CC BY-SA
11357451364_5b411ab51a_z

by Flying Kiwi Tours, used under CC BY
13682459404_665552e64c_z


住所:レイクタウンのプカキ湖, Lake Pukaki

ウエリントン

監督ピーター・ジャクソンの拠点でもあり、ニュージーランドの首都でもあるウェリントン。ここは、アイゼンガルドの庭、裂け谷などの撮影に使用されました。そして、なんと市中心部から徒歩圏内にすでにロケーションが存在しています。ビクトリア山の林間部でホビットたちが黒の乗り手から身を隠すホビット村の森のシーンが撮影されています。

by Chris, used under CC BY-ND
12325939273_c03f1b3a70_z

by Chris, used under CC BY-ND
12327178783_f43c2615b4_z


住所:ウエリントン, Wellington

いつもホビット村だけにスポットがあたるニュージーランドのロケ地めぐりですが、「ロード・オブ・ザ・リング」で158カ所、「ホビット」で40カ所のロケ地がありますので、是非それらにも足を運んでみてください。

筆者 : kiki

30歳の誕生日をマレーシアで迎え、めでたくアラサー女子の仲間入り。数年に1度まとめてふらりと旅に出ます。直近は東南アジアをバックパックスタイルでまわるものの、不衛生な環境が苦手なことに気がつき、目下30代らしい旅のスタイルを模索中です。