> トレッキングしたい ニュージーランドのトレイル5選

2015年2月5日

ニュージーランド

トレッキングしたい ニュージーランドのトレイル5選

by kiki

© phattanasangsa - Fotolia.com

自然あふれる美しい国ニュージーランドでは、世界中のトレッカーが長期滞在をしてトレッキングを楽しんでいます。ヨーロッパの人びとはニュージーランドにはヨーロッパのすべてが凝縮されていると言います。北欧の氷河、ドイツ・スイス・オーストラリアのアルプス、アイスランドの温泉などです。特に、普段から自然とふれあうことの多いドイツ人トレッカーがはるばるフライトに24時間をかけてやってくるのが、ニュージーランドなのです。

数多くのトレイルを有するニュージーランドでもっとも整備がなされているのは、グレイトトレイルと呼ばれる9つのトレイルですが、今回は人気の5トレイルを選んでご紹介します。

トンガリロ・アルパイン・トラック

近い将来封鎖されてしまうのか!?トンガリロ国立公園はマオリの人びとによって入山禁止の希望が出されています。

9140997457_9b7b6938d7_z
by russellstreet, CC BY-SA
New Zealand: Hiking the Tongariro Alpine Crossing
by eliduke, CC BY-SA

トンガリロ国立公園は日帰りが少ないニュージーランドのトレイルの中でも、19.4kmを片道日帰り8時間で歩くことのできる短期旅行者向けのトレイルです。北島らしい地熱活動やクレーターなど、変化に富む景色が魅力のトレイルとなっています。歩ける今のうちに!是非トライしてみてはいかがでしょうか。

4690129411_e0b48f90a5_z
by russellstreet, CC BY-SA
3369186701_d9ab4f59d9_z
by xoque, CC BY-SA
住所:
トンガリロ国立公園, Manawatu-Wanganui 4691, New Zealand
ホームページ:
ニュージーランド観光局 トンガリロ・アルパイン・クロッシング

エイベル・タズマン・トラック

ニュージーランドのヨーロッパ人初の発見者、エイベル・タズマンにちなんで名付けられたこの国立公園はニュージーランドで最も人気のロングトレイルです。

15280196760_91621d5b66_z
by Andrea Schaffer, CC BY
12216746196_6528dfbe4a_z
by karlnorling, CC BY

通常3~4泊かけて歩くコース中には、オットセイが生息していたり、あるいはその地形上砂浜と森林を交互に歩く空きのこないトレイルが人気となっています。干潮時だけ渡ることのできるトレイルでは潮干狩りを楽しんだりと思い出深いトレイルになること間違いなしでしょう。

8248789832_3cdbe42c6b_z
by Guillaume Capron, CC BY-SA
8247769549_74cb3562c4_z
by Guillaume Capron, CC BY-SA
住所:
South Island 7183, New Zealand
ホームページ:
ニュージーランド観光局 エイベル・タズマン・トラック

ミルフォード・トラック

世界一美しいと言われるミルフォード・トラックは、一日の入場者数が限定されているトラックです。毎年1月から予約が始まり夏前には総ての予約が埋まってしまうとても人気のトラックです。

4688230372_60ee31178c_z
by edwin.11, CC BY
2285401872_a3815b8a2f_z
by aaronworner, CC BY

通常、スタートとゴールが両端に設定されるニュージーランドのトレイルの中で、唯一、一方通行ですべての宿泊地が指定されています。また、スタート地点にはボートで湖を越えて行く必要があるため、静寂の中で苔むした森林を独り占めできることでしょう。

3408922079_76184bcf42_z
by brentdaily, CC BY-SA
5473430970_193f868e5b_z
by Kevin Saff, CC BY-SA
住所:
Fiordland National Park 9679 ニュージーランド
ホームページ:
ニュージーランド観光局 ミルフォード・トラック

ルートバーン・トラック

ミルフォード・トラックにもほどちかく2泊という短さと、入場制限のなさから入門者も多く選ぶのがこのルートバーン・トラックです。

13681047843_816fc7eb18_z
by Flying Kiwi Tours, CC BY
2455310128_049b2fc072_z
by tewahipounamu, CC BY-SA

途中、湖や山頂、滝といった景勝地を渡りながら長期トレイル希望者はここにつながるその他のトレイルを組み合わせて自由に歩くことが出来るようになっています。

13680347513_2da958649e_z
by Flying Kiwi Tours, CC BY
13680505455_a95451262b_z
by Flying Kiwi Tours, CC BY
住所:
Routeburn Track, Fiordland National Park 9679, New Zealand
ホームページ:
ニュージーランド観光局 ルートバーン・トラック

マウント・クック国立公園 フッカーバレー・トラック

最後は日帰りで日本の旅行ツアーも多く訪れるマウント・クックです。星空で有名なテカポ湖にもほど近く、往復4時間で気軽に3000m級のマウント・クックを望めるフッカーバレー・トラックは、氷河が浮かぶ湖などを楽しめるトレイルとなっています。

8631366458_e19765fd13_z
by Andrea Schaffer, CC BY
8630284223_744e493219_z
by Andrea Schaffer, CC BY
8631359656_7292bfb84a_z
by Andrea Schaffer, CC BY
住所:
Hooker Valley Rd, Mt Cook National Park 7999 ニュージーランド
ホームページ:
ニュージーランド観光局 フッカー・バレー・トラック

以上日帰り、4時間から長い者では4泊以上になるトレイルを紹介しましたが、ニュージーランドのトレイル文化はそのコミュニケーションも含めとても素晴らしい体験をもたらしてくれます。シーズンは毎年11月から2月まで、春先には暑さに苦しむことなく雪化粧や野花も楽しめるようになっていますので、ぜひニュージーランド旅行の際にはトレイルを歩いてみてください。

筆者 : kiki

30歳の誕生日をマレーシアで迎え、めでたくアラサー女子の仲間入り。数年に1度まとめてふらりと旅に出ます。直近は東南アジアをバックパックスタイルでまわるものの、不衛生な環境が苦手なことに気がつき、目下30代らしい旅のスタイルを模索中です。