> 必ず食べたいニュージーランドの食べ物

2015年1月16日

ニュージーランド

必ず食べたいニュージーランドの食べ物

by kiki

by adactio, CC BY

あなたは旅行に何を楽しみに行きますか?買い物、世界遺産、観光、博物館、遊園地、動物園、国立公園、マリンアクティビティや路線バスに乗ることだったり、現地の人の家に宿泊したり、スポーツをすること、人により趣味・興味は様々ですが、お酒や食事は誰しも共通の興味だと思います。そこで、舌で目で香りで旅行を楽しめるように、ニュージーランドのおすすめ料理を厳選しましたので、是非旅行の際にはコンプリートしてみてください。

サーモン

まずは、島国ならではの海産品として、ニュージーランドのサーモンは非常に濃厚で有名です。トラウトフィッシングの世界大会が行われ、自分でつってその場で食すことができる釣り場もあります。

4360569948_faa17ce2f7_z
by Roger T Wong, CC BY-SA

また、観光土産店では必ずと言っていいほど、真空のサーモンが販売されています。燻製文化もあるので、スモークサーモンやスーパーに行けば、生もありますし、自分で調理して楽しむことも可能ですし、レストランではグリルやサーモン丼、朝食のベーグルなど色々なメニューがあります。

3305776697_bfc231951e_z
by Charles Haynes, CC BY-SA

パブロバ - PAVLOVA

パブロバはメレンゲをオーブンで焼いたふわふわのケーキです。通常、焼いて或るものを買ってきて、自分でクリームやストロベリーなどをトッピングします。

2136544587_af317afc16_z
by thepatrick, CC BY

ちなみにこの時使用するのは、甘くないクリームです。お菓子でも、とてもヘルシーなニュージーランドのお国柄の出たデザートとなっています。

6610706229_df28376648_z
by William Brawley, CC BY

ムール貝の蒸し煮

ニュージーランドでは、サーモンや羊などの家畜だけでなく多くのムール貝、グリーンムッスルが養殖されています。100グラムで28円あたりと安く、生鮮状態でスーパーなどでも売られています。

4633778717_a75d48031e_z
by naotakem, CC BY

ちなみに、ニュージーランドにある海岸線沿いのトレッキングコースでは天然が潮干狩りできます。日本のものとは、異なった味わいなので是非、ニュージーランド産ワインに合わせていかがでしょうか。

2286862769_b95f2714b8_z
by Trans World Productions, CC BY-ND

フィッシュ&チップス

英国文化の影響を受けるニュージーランドでは、どんな小さな町にも、どのガソリンスタンドでもフィッシュ&チップスが売られています。

3306618448_c13b57187d_z
by Charles Haynes, CC BY-SA

他にもフィッシュ&チップスが食べられる国もありますが、やはりこれもニュージーランド人の定番メニューです。ケチャップ、マヨネーズ、レモン等お好みのソースを見つけてみてはいかがでしょうか。

14512940399_fee58cf50a_z
by bugie.de, CC BY-SA

ハンギ料理

ハンギ料理はマオリの伝統的な料理です。ハンギ料理は地面に穴を掘り、その中に焼石と食材の入ったかごを入れ、蒸し焼きにします。

5267174039_8052158710_z
by Sarah M Stewart, CC BY
5267785824_9e64ae859e_z
by Sarah M Stewart, CC BY

料理に使う食材は鶏肉・豚肉・牛肉、キャベツやジャガイモ・サツマイモ・カボチャなどで、基本的に味付けはありません。食べる際には、レストランよりもマオリ文化のアミューズメント施設で食事セットなどとして申し込むことができます。

2124977329_306870b787_z
by einalem, CC BY-SA

以上、定番のニュージーランドメニュー5選でした。他にも、アフタヌーンティーツアーやワインテイスティングツアーなど味覚を大事にする方にも最適なニュージーランド、是非訪れる際にはその食文化も堪能してみてください。

筆者 : kiki

30歳の誕生日をマレーシアで迎え、めでたくアラサー女子の仲間入り。数年に1度まとめてふらりと旅に出ます。直近は東南アジアをバックパックスタイルでまわるものの、不衛生な環境が苦手なことに気がつき、目下30代らしい旅のスタイルを模索中です。