> メキシコで訪れておきたい遺跡5選

2015年1月16日

メキシコ

メキシコで訪れておきたい遺跡5選

by JSR2012

© takawildcats - Fotolia.com

世界には遺跡がたくさんあります。特に中南米は、遺跡を観光目的として行かれる方も少なくありません。

その中でも、メキシコという国は、日本の約5倍の面積を誇る土地の中に、たくさんの遺跡を抱えています。その遺跡の中でも、マストなメキシコの遺跡を5つ紹介します。

テオティワカン (Teotihuacan)

メキシコシティの北バスターミナル(estacion de autobus del norte)から毎時間出ているバスに乗って1時間くらいの所にある遺跡がテオティワカンです。

7140761281_d4a13f4a6a_z
by AmateurArtGuy, CC BY-ND

ピラミッドの上に登って、手のひらを太陽にかざしている写真を見たことがありませんか。
それがこの遺跡なのです。ピラミッドの中に行ったら2度と出られないと言われるピラミッドが2つあり、それぞれ太陽と月のピラミッドと呼ばれています。

6213514019_23cc2b1abe_z
by Luke Peterson Photography, CC BY

ちなみに太陽のピラミッドの方が大きくてメインです。そして、手のひらをかざすのも太陽のピラミッドで、春分の日(大体3月の20〜25日の間 – 年によって変わる)にそれをします。

SONY DSC
by AmateurArtGuy, CC BY-ND
住所:
San Juan Teotihuacan De Arista (Hidalgo), 55800 Teotihuacán de Arista, モレロス州, メキシコ

ウシュマル (Uxmal)

メキシコの遺跡は多くが世界遺産に登録されていて、ウシュマルの遺跡もその1つです。
ウシュマルはユカタン州のメリダからバスで約2時間くらいですが、1日に5本ほどしかバスは出ておらず、帰りのバスの時間もきちんと把握した上で行動しなければいけませんのでご注意ください。

6060297513_446194acb4_z
by GOC53, CC BY

この遺跡は、入口を入った所は「こんなもの?」と思うのですが、そこから中に行くと、遺跡の広さに圧倒されます。

6060866486_785931f8af_z
by GOC53, CC BY

もちろんいくつもピラミッドもあり、そこは上ることもできますし、それ以外の生活していたであろう場所も入ることでき、楽しめると思います。

6060289241_bc443c35f1_z-2
by GOC53, CC BY
住所:
Uxmal, ユカタン州, メキシコ合衆国

ソチカルコ (Xochicalco)

メキシコで1番小さなモレロ州にある遺跡です。モレロ州というのが、常春の気候なので、常に遺跡が緑に覆われていて、メキシコシティから1時間半くらいなのに、空が澄みわたっていて、そこにある遺跡に映えるのです。

442232535_e8bde54c12_z
by mild_swearwords, CC BY-SA
DSC_0692.JPG
by andrea.omn, CC BY-ND

こちらもピラミッドがいくつもあり、昔のサッカー場(実際にはサッカーではありませんが)のような場所も見れます。

DSC_0693.JPG
by andrea.omn, CC BY-ND
住所:
Xochicalco, クエルナバカ, モレロス州, メキシコ

モンテアルバン (Monte Alban)

メキシコシティから離れたオアハカ州にある遺跡です。オアハカ州は大きいのですが、オアハカ州の州都、オアハカシティからバスで30分くらいで行ける場所にある遺跡です。

6062945606_ebe79d79e8_z
by @eduardorobles, CC BY
6062436825_473f31db07_z
by @eduardorobles, CC BY

ここで何よりもやっていただきたいのは、ピラミッドに登っていただくことです。急な階段を何十段も上った先には遺跡全体を見渡す気持のよい光景が広がっています。「登ったかいがあった」と思えます。

6062344337_dd98f2505a_z
by @eduardorobles, CC BY
住所:
Piramides, オアハカ, オアハカ州, メキシコ

テンプロ・マジョール(Templo mayor)

こちらは、メキシコシティのど真ん中、ソカロと隣り合わせにある遺跡です。街のど真ん中にある遺跡というのも楽しいですよね。大きさはそんなにありませんが、神殿跡があります。

2560988049_6e98e2ee75_z
by Antoine Hubert, CC BY-ND
2832777817_d9ee77a055_z
by Jami Dwyer, CC BY-SA

一見工事中なのかなと思うような光景ですが、有名な遺跡ですので是非行ってみてください。

2806823153_3f96322bca_z
by Jami Dwyer, CC BY-SA
住所:
Seminario 8 (República de Guatemala), Cuauhtémoc, Federal District 06060

メキシコはマヤ文明とアステカ文明という2大文明の発祥の地です。
その素晴らしさを遺跡を通して見て頂けたらと思います。

筆者 : JSR2012

30代前半女子。21歳でスペインへスペイン語留学へ行き、その後は、日本で就職もしましたが、メキシコでも就職をし、今現在はアメリカ・ロサンゼルスで、夫と子供と3人で暮らしています。