> イタリアのかかと、プーリア地方の個性的な都市5選

2016年1月14日

イタリア

イタリアのかかと、プーリア地方の個性的な都市5選

by Pinkpeony

© Marco Saracco - Fotolia

イタリアはいつの時代も老若男女に人気の旅行先ですが、いま世界中のトラベラーから注目されているのが南部プーリア州。イタリアをブーツにたとえた際、かかとの部分にあたるサレント半島にあり、アマルフィ海岸やシチリア島、サルディーニャ島につづくイタリアの一大リゾート地になるのでは、とも目されています。今回はそのプーリア州で訪れてみたい都市をご紹介したいと思います。

1. アルベロベッロ (Alberobello)

プーリアで一番有名な都市といえば、アルベロベッロ。トゥルッリと呼ばれる白い漆喰の壁にとんがり屋根の小屋が並ぶ風景で良く知られており、南イタリア周遊のツアーなどで訪れられることもしばしば。このトゥルッリはモルタルなどの接着剤を使用せず建てられており、16世紀ごろ領主が徴税逃れのため、すぐに壊せる簡易な建物を農民に作らせたことから広まったそう。

51570513_e50d892117_z
by Verity Cridland, CC BY

このトゥルッリのある地区は世界遺産地区となっており、1500軒ほどのトゥルッリが保存されています。多くのトゥルッリは現役で使用されており、住居だけでなくホテルやレストラン、ショップとして使用されているものも数多くあります。

14456571320_3fb5f8e4bc_z
by Epsilon68 – Street and Travel Photography, CC BY

きのこのような形をした建物が立ち並ぶ様子は、おとぎの国に迷い込んだようでとてもフォトジェニック。昼は南イタリア独特の青い空に白い壁がくっきりと映え、夜はライトアップされた幻想的な風景を見ることができますので、時間が許せばぜひ宿泊して昼夜違った面を見て下さい。

8204633182_d5224dda74_z
by CucombreLibre, CC BY

2. ロコロトンド (Locorotondo)

プーリア州の建物は日差しを遮るために白い石灰が塗られたものが多く、一面に広がるオリーブ畑のところどころに白く輝く街や集落がありますが、このロコロトンドもその一つ。

15659254515_31078d05b2_z
by pululante, CC BY

ロトンドはイタリア語で円形という意味で、高台に円形に築かれた街は映画のセットのよう。ロコロトンドは2~3時間もあれば周れてしまう小さい街ですが、白い建物が連なり迷路のようになった路地歩きが楽しく、また観光客もそんなに多くないため地元の方との交流も楽しめます。

9495300235_8c85484ec6_z
by Pug Girl, CC BY

アルベロベッロから電車で約10分なので、アルベロベッロとセットで訪ねてみてはいかがでしょう。ロコロトンド産のワインも有名です。

19353881581_7490f2118f_z
by fabulousfabs, CC BY

3. ポリニャーノ・ア・マーレ (Polignano a Mare)

サレント半島は長い海岸線で知られますが、その中でも切り立った崖沿いに建てられた建物とエメラルド色の海のコントラストが素晴らしい街がポリニャーノ・ア・マーレです。

9495502527_163ef3caf5_z
by Pug Girl, CC BY

2014年に宇多田ヒカルさんがイタリア人男性と挙式をした街として日本でも名前を聞くようになりましたが、プーリアのリゾート地としてイタリアでは良く知られています。

14374418201_01854962e1_z
by Patrick Denker, CC BY
9356626856_c03310170f_z
by Eduardo Pelosi, CC BY-ND

ここに来たら訪れたいのがグロッタ・パラッツェーゼ(Grotta Palazzese)というホテルにある洞窟レストラン。

Grotta Palazzese, Foursquare.com

世界の絶景レストラン10選にも選ばれたこのレストラン、海辺に作られた天然の洞窟の中にあり、足元まで波が届きそうな中で美味しいシーフードがいただけます。キャンドルでライトアップされた夜もロマンティック!

Grotta Palazzese, Foursquare.com
Grotta Palazzese, Foursquare.com

4. レッチェ (Lecce)

ピンクがかった乳白色の大理石を使用したゴシック建築が印象的な街、レッチェ。南のフィレンツェとも称される優雅な街です。

9226629554_4f76fbb70c_z
by pollobarca2, CC BY-SA

日本ではまだあまり知られていませんが欧米では有名な避暑地として知られており、おしゃれなレストランやカフェ、雑貨店なども数多く安心して歩くことができます。

9213369719_bf3ee56b0e_z
by pollobarca2, CC BY-SA

城壁に囲まれた旧市街から車で20~30分ほどで、驚くほど透き通ったビーチに到着。岩場の美しいビーチや白い砂浜のビーチなど色々ありますのでお好みで訪ねてみては。

9430018666_e28e363ea9_z
by n_sapiens, CC BY-SA

5. カステル・デル・モンテ (Castel del Monte)

これは都市ではなくアンドレアという街の郊外にあるお城ですが、プーリアに来たらぜひ訪ねてみたい場所の一つ。13世紀、神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世によって建てられたこのお城は世界遺産にも登録されています。

5428369069_c5d85c53d6_z
by tatto.be, CC BY

印象的な八角形のお城は、8つの八角形の塔、8つの部屋、八角形の水槽、色々な8つの装飾など、「8」にこだわって建てられたミステリアスなお城で、その建造の理由など今も解明されていない謎がたくさん。イタリアの1セントユーロコインのデザインにもなっている名城です。

5428952494_68d3637a0d_z
by tatto.be, CC BY
5428952948_7ecf5b8103_z
by tatto.be, CC BY

いかがでしたか? 雑誌やテレビに取り上げられる機会が増え、これからどんどん人気の出てきそうなプーリア地方。観光のみならず、海の美しさや食べ物の美味しさでも知られています。街が観光客だらけになってしまう前に、ぜひ足を運んでみませんか?

筆者 : Pinkpeony

海外在住通算7年目、現在は夫、二人の子どもと共にロンドンに住んでいます。海外旅行、特にビーチリゾートが大好きで、次はどのリゾートへ行こうかと一年中リサーチしています。