> いつか行ってみたいイタリアのビーチリゾート

2014年12月22日

イタリア

いつか行ってみたいイタリアのビーチリゾート

by Pinkpeony

Marco, CC BY

イタリアは日本人に人気の旅行先。定番のミラノ、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアはもちろん、アルベロベッロなどの世界遺産や青の洞窟で有名なカプリ島、各地の美術館など、一度は訪れたことのある方も多いでしょう。そして二度目以降のイタリア訪問に是非おすすめしたいのが、イタリア各地のビーチリゾート。イタリアはご存じのとおり海に囲まれており、島もたくさん。その中でもおすすめしたいビーチリゾートを集めてみました。

シチリア島 タオルミーナ

イタリアの島のうち最も有名なのが、このシチリア島でしょう。シチリア州都はパレルモですが、ビーチリゾートとしてお勧めしたいのはタオルミーナという町。ここは映画「グランブルー」の撮影地として一躍有名になりましたが、古くは18世紀後半からリゾート地だったとのこと。真っ青なイオニア海と雄大なエトナ山のコントラストが素晴らしい景色を作っています。タオルミーナの街の中心、ウンベルト通りは800メートルくらいの距離にレストランやブランドショップ、カフェなどがまとまっており、リゾート気分でそぞろ歩きをするにはちょうど良い規模。なお、「グランブルー」の中でエンゾがパスタを食べている有名なシーンは、アタホテル カポタオルミーナ(Atahotel Capotaormina)というホテル内の絶景レストランで撮影されました。

3811740720_932b88e7cc_z
gnuckx, CC BY
3816878741_0356e29059_z
gnuckx, CC BY
Atahotel Capotaormina, foursquare.com
名称:タオルミーナ (Taormina)
アクセス:カターニャ(Catania)空港から車で約50分。カターニャへはヨーロッパ各地よりフライトあり。

アマルフィ海岸

こちらも数々の映画のロケに使われており、世界的にも有名なリゾート地。ソレントからサレルノまでの約40Kmの海岸線に、アマルフィ、ポジターノ、ラヴェッロなど美しい街が点在しています。入り組んだ岸壁と青い海、レモン畑が広がる風景はドライブするだけでも十分楽しいですが、ぜひ数泊はどこかの街に滞在してみて。11世紀に海運共和国として栄えた歴史を残し、観光の中心となるのがアマルフィ。崖沿いにカラフルなホテルや家がへばりつき、宝石のような景色とビーチを楽しむことができる華やかなポジターノ。そして断崖絶壁の上にたつ洗練された街、ラヴェッロ。その他にも小さな街やホテルがたくさん。どこかの街に拠点を決め、そこから他の街にフェリー等で向かうのも良いでしょう。リゾートウェアやサンダルのお店もたくさんあるので、現地調達してみては。

9872968075_935ff9b1b6_z
David van der Mark, CC BY-SA
9914028785_0689ac38c0_z
David van der Mark, CC BY-SA
9873046304_8e1bc350e5_z-2
David van der Mark, CC BY-SA
名称:アマルフィ海岸 (Amalfi)
アクセス:ナポリ、ソレント、サレルノから車、またはフェリーで移動。路線バスもあり。

サルディーニャ島

エメラルド海岸(コスタズメラルダ)が有名なサルディーニャ。ビルゲイツを筆頭としたセレブがバカンスに訪れ、イタリア人にとっても憧れのこのリゾート、セレブ向けと思われがちですが、島自体はほぼ四国と同じ大きさがあり、リゾートホテルも選択肢がたくさん。まさにエメラルド色の海を楽しむことができます。カラスミやウニを使用したサルディーニャ料理はシンプルで日本人の口に合います。また、サルディーニャ滞在中にはぜひ島北東部、ラ・マッダレーナ諸島へのボートトリップを。本島よりさらに透明度の高い海を楽しむことができます。基本的に宿泊客のイタリア人率も高いので、へたな観光地に行くよりもイタリア気分を味わえるかも!?

9613898059_7d1e7a576b_z
Marco, CC BY
SONY DSC
pr1me, CC BY-ND
7964397318_7ebaf1fa86_z
Francesca Cappa, CC BY
名称:サルディーニャ島 (Sardegna)
アクセス:ヨーロッパ各地からカリアリ(Cagliari)、オルビア(Olbia)、フェルティリア(Fertilia)各空港へフライトあり

ランペドゥーサ島

近年人気急上昇中のランペドゥーサ。イタリア最南端の島です。ここではなんと言ってもラビットビーチが有名、某口コミ旅行サイトで世界ベストビーチ第4位にランキングされています。この島のビーチは透明度が高く、船が空中に浮いているように見えるとか。シュノーケリングはもちろん、ボートトリップでボートからそのままダイビング、疲れたらワイン片手にごろごろ日焼け、というのが定番の楽しみ方。日本からのアクセスは大変ですが、美味しいイタリア料理と美しい海を求めているならば訪問してみる価値はあるでしょう。

4770263913_b341235177_z
ItaliaABC, CC BY
6049390146_e562ef5074_z
Silvia Albini, CC BY
名称:ランペドゥーサ島 (Isola di Lampedusa)
アクセス:イタリア各都市からランペドゥーサ(Lampedusa)空港へフライトあり。または、シチリアから高速船で4時間程度。

なお、イタリアのリゾートホテルはクリスマスを除いて冬季休業、イースターから秋までのみ営業していることが多いようです。ぜひ時期を合わせて訪れてみてくださいね。

筆者 : Pinkpeony

海外在住通算7年目、現在は夫、二人の子どもと共にロンドンに住んでいます。海外旅行、特にビーチリゾートが大好きで、次はどのリゾートへ行こうかと一年中リサーチしています。