> イタリア旅行をオススメする10の理由

2015年11月22日

イタリア

イタリア旅行をオススメする10の理由

by fishandtips

by G.Alonso, CC BY-SA

今回は、ヨーロッパではかなり人気の高いイタリアに関して。イタリアといっても様々です。エリア、都市によって全く印象が異なります。可能であれば、長期ホリデーで2,3都市周ってみるのがオススメですが、沢山の見どころを味わい尽くすにはやはり何度もリピートするのがベストではないでしょうか。今回はイタリア旅行をオススメする10の理由を挙げてみました。

1. イタリアには見どころ、都市がいっぱい

冒頭でも挙げましたがイタリアは北から南まで、地域や都市によって全く雰囲気が異なります。定番のミラノ・ローマ・フィレンツェ・ベネチア、この4都市だけでも全く違います。

ミラノは東京のようなモダン都市でビジネスの中心、ファッションの中心になります。都心好き、ファッション好きは1度は行ってみたい都市でしょう。

5761682799_c5d10b1723_z
by Friar’s Balsam, CC BY

ローマは、歴史好きには外せないローマ帝国が想像できるような遺跡などが沢山いまも残っています。天候もよく過ごしやすいといのもポイントです。

4424877349_54ea53e1e1_z
by rmlowe, CC BY

フィレンツェは日本人にすごく人気がありますね。映画でも美しい風景が観られるますね。ルネサンス時代の中心であったフィレンツェも他としにない魅力があります。

13920054210_873b477748_z
by étoiles filantes, CC BY-ND

そしてベネチアはご存知のように小さな小さな島で海に囲まれているので、移動が水上バス、水上タクシー。そして小さな橋がたくさんあるというのも魅力でしょう。

15702819385_649de7b7bd_z
by worldaroundtrip, CC BY

2.長い歴史

イタリアは長い歴史を持つ国の1つです。そして誰もがすぐ思いつくのがローマ帝国、ローマ時代ではないでしょうか。紀元前8世紀に誕生したローマ帝国。東ローマ帝国、西ローマ帝国を一緒にして考えれば2200年以上続く歴史があります。

5121097817_3c64b5565b_z
by archer10 (Dennis) (60M Views), CC BY-SA

そして14世紀にイタリア、フィレンツェを中心に始まった文化が栄えたルネッサンス期。この2つがあるからこそ、遺跡、教会、美術品、芸術品などからそれぞれの歴史が垣間見れます。

42877587_a90e19a206_z
by ChrisYunker, CC BY-SA

目にするもの1つ1つに、どんな時代背景に誰がどうしたか?そういった歴史の奥深さを知ることで観光地巡りがものすごく楽しくなります。まずは歴史を知ることが先ですが、歴史を知ることで楽しみが数倍にも膨れ上がるのもイタリアならではでしょう。

3. 食べ物が美味しい

やはり旅行で欠かせないのが、食事です。イタリア料理であれば私たち日本人には馴染みがあります。パスタやピザもそうですが、イタリアらしい食材もたくさんあるんです。特に北から南と地域によって気候も違えば特産物も様々。

15261353627_356c2b09a3_z
by Prawee_Mim, CC BY

そして四季があるからシーズンによっても旬の食べ物が異なります。イタリアでは通常、アンティパスト(前菜)、プリモ(1皿目)、セコンド(2皿目)、ドルチェ(デザート)という形がフルコースとなります。

15444744931_87b9da00e4_z
by Prawee_Mim, CC BY

前菜にはプロシュートなどのハム類、1皿目にはパスタ、リゾット等、2皿目は肉料理または魚料理となります。

15261204440_2ee024401d_z
by Prawee_Mim, CC BY

地中海に面していれば魚、海がない地域であればお肉。また仔牛やうさぎの肉なども食べられます。そして、パスタ、オリーブ、チーズ、ワイン、ハム類などは驚くほど種類があるので楽しめます。

15261345537_35283b4f43_z
by Prawee_Mim, CC BY

4.イタリア人が陽気でフレンドリー

日本人同士で旅行をしても、ホテルやレストラン、お店などで必ず現地のイタリア人と接する機会はあるものです。やはり、ムッとした態度でサービスをされたりすると、気分は悪くなりますね。そして折角の旅行だから、嫌な思い出は残したくないというのが誰も想っている事でしょう。

現地のホテル、レストラン、お店で接するイタリア人にはウエルカムな雰囲気、フレンドリーに接して欲しいですよね。色々な国を旅するとその国の人柄の違いが感じられると思いますが、イタリア人はとにかく陽気でフレンドリー!

イタリア人は陽気に歌を歌っていたり、いっつも食べ物の話をしていたり、身振り手振りを大きくして話したり、とにかく人生の楽しみ方を知っているという印象を受けます。言葉が通じなくても、身振り手振りで話してくれるのでなんとなく雰囲気で言いたいことを理解できるでしょう。

5. 美術館、博物館

アート、歴史好きは見逃せない沢山の美術館や博物館がイタリアにもあります。特にローマ、ミラノ、フィレンツェの都市では、複数の有名美術館があります。絵画、彫刻、それら作品の背景である歴史が好きな方にとっては見どころ満載となるでしょう。

20955099102_8e30b5dae4_z-2
by rjhuttondfw, CC BY-SA

とくにルネッサンス期の目玉となる作品に関しては、なかなか日本の美術館で展示する機会も少ないのが事実です。

5388358235_282023a3b8_z
by archer10 (Dennis) (60M Views), CC BY-SA

ミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ボッティチェリ、ラファエロ、などの傑作が見られるという貴重な経験を求め1人でゆっくり美術館で過ごすという旅の仕方もあります。

3482064407_d72b8a260a_z
by xiquinhosilva, CC BY

天気や気温に左右されず楽しめるのも旅行者にとっては嬉しいでしょう。これだけ数々の美術館、博物館があればそれだけで十分に行く価値があるのではないでしょうか。

3481840831_3c92b4bf01_z
by xiquinhosilva, CC BY

6. 芸術

イタリアと言えばオペラを連想する人も多いのではないでしょうか。17世紀はじめにフィレンツェで生まれたオペラ。世界三大劇場のミラノ・スカラ座でのチケットを取得するのは難しいということですが、オペラやクラシック音楽などが好きな人にとってはスカラ座でオペラ、クラシック・コンサートを楽しむのもイタリアに旅行する素晴らしい理由の1つとなるでしょう。

2820111060_9a56bb9ca6_z
by MITO SettembreMusica, CC BY

その他、ローマのオペラ座、ヴェネツィアのラ・フェニーチェ、ナポリのサンカルロなどイタリア各地に素晴らしいオペラやクラシック・コンサートの設備があります。

16985698956_d5da441914_z
by faungg’s photos, CC BY-ND

イタリアが生み出したプッチーニ、ロッシーニ、ヴェルディなどの作曲家が大勢いましたから、オペラだけでなくクラシック音楽を本場で聞くというのもイタリアならではの楽しみです。

8490781515_c78d21b0f0_z
by swampa, CC BY

7. ファッション、買い物

イタリアと言えば、やっぱりファッション!FENDI、GUCCI、PRADA、ボッテガ、D&G、アルマー二、フェラガモ、トッズなどを円高ユーロ安の際に旅行へ行き、現地でお買い物するのも楽しめます。実のところ、イタリア人は目が肥えている為、中でも良いクオリティーの商品をブティックに陳列するようです。

2057103325_c6f2fbe40f_z
by amandabhslater, CC BY-SA

このようなブランド品もそうですが、イタリアにしかないブティックでの買い物も楽しみの1つとなるでしょう。なんと言っても、ローマやミラノの都心に住むイタリア人男性はどんな年齢でもお洒落に洋服を着こなしています。

2159504014_2c3d847b4d_z
by darkensiva, CC BY

女性も色鮮やかな服から、シックなレザー、毛皮コートまで本当にハイセンスな人が多いです。やはりデザインの国でありますから、日本にないプチプライスのお店でもイタリアでは素敵な物が買えるでしょう。

22157269356_0950302556_z
Rome Gucci, Publich Domain

8. サッカー観戦

インテル、ACミランを筆頭に、その他チームでも何人かの日本人サッカー選手がイタリアで活躍をしている為、熱狂的なサッカーファンでなくてもセリエAの話題は身近になっていますね。そうです、イタリアのスポーツと言えばやはりサッカーです。

4644111051_a10dcaf5e8_z
by batrax, CC BY-SA

各旅行会社でサッカー観戦をするツアーも組まれているほど、やはりサッカー好きは1度は生でセリエAの試合を観てみたいと思うのではないでしょうか。チケットは事前にオンラインで購入出来るので、入手して行った方が良いでしょう。世界的に活躍する選手、運が良ければ日本人選手が出場する試合をイタリアのサッカースタジオで臨場感を味わいながら観戦出来ます。これもイタリア旅行ならではの醍醐味となります。

Stadio San Siro “Giuseppe Meazza”, Foursquare.com

9. 世界遺産

人生1度は世界遺産をこの目で見たい!または、なるべく数多くの世界遺産を回りたいと思い描き世界中を旅行する人も居るでしょう。

20463321945_17fcbc2fce_z
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会
19708789432_02983f7722_z
by Maëlick, CC BY-SA

例えば、ローマ歴史地区、ダヴィンチの『最後の晩餐』があるミラノ市内のサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会、フィレンツェ歴史地区、ヴェネツィアとその潟、ピサのドゥオモ広場、アマルフィ海岸などは観光名所としても馴染み深いところが世界遺産として登録されています。

3431317721_40ea1ebbd9_z
by John Yavuz Can, CC BY

実は、イタリアでユネスコの世界遺産に登録されている数がなんと2015年7月時点で51個もあるんです。この個数は現在のところ、全世界でイタリアが1位なので、世界遺産を出来るだけ見たいという人にとってもイタリアは魅力ある国でしょう。

17241484543_5b7f0b3cdd_z
by ILCE3000, CC BY

10. 絶景・町並みの美しさ

イタリア各地、絶景や町並みが美しいというのがイタリアをオススメする理由です。日本にはない町並みの美しさは、カラフル!そして文化と歴史が入り混じった建物といったところにあります。

8670663382_1743058a67_z
by evocateur, CC BY-SA

数々の映画の舞台、美しい風景の写真はいくつもイタリアで撮影されています。カラフルというのは、まず空が真っ青。お天気が良い日は雲1つない真っ青な空が広がることが珍しくないです。そして、建物が美しい!地域によって、赤い屋根のある建物だったり、歴史ある美しい建物が目の前に広がります。

14457431138_38882a6a57_z
by wolfB1958, CC BY-ND

フィレンツェの町並みが眺められるミケランジェロ広場、ヴァチカン美術館の屋上からはローマの町並みが一望出来きます。また、あまり日本人には馴染みのない観光地かも知れませんが、世界遺産にも登録されたチンクエ・テッレの海と崖の間に並ぶカラフルな町並みも見どころです。

1806278665_8a038316bb_z
by misterjingo, CC BY-ND

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。