> 夏のダブリン観光 いいとこどり

2015年6月24日

ダブリン

夏のダブリン観光 いいとこどり

by Taronja

アイルランドというと、イギリスのように雨が降ったりやんだり曇りがち…というイメージを持つ人も多いでしょう。もちろん緯度のわりに、そんなに寒くないアイルランドの冬も風情があるけれど、やっぱりオススメは夏!しゃく熱地獄の日本とは違って温度も低くカラッとしていて快適。日照時間も長いから、1日を有効に過ごせられる。夏ならではの特典がいっぱい。花であふれている可愛いダブリンの夏へいらっしゃい。

ダブリン空港

特にエアリンガスを中心としたターミナル2は新しく改装されたばかりで、旅行者にとって嬉しいのは感度良好なWi-Fiのホットスポットが充実していること。ちなみにターミナル2のセキュリティ・ゲートを超えたところに、日本未出店のヴィクトリアズ・シークレットのショップがあります。ターミナル2を利用する予定の女性は要チェック。

3843418838_2a78047195_z
by euphro, CC BY-SA

ダブリンを歩く

無料Wi-Fiも街中にたくさんスポットがあり。最近はトラムが街を走っていますが、やはり昔から主流な交通手段はバス。そのダブリン・バスは縦横無尽に郊外とシティ・センターをつないでいます。

8463006386_74dbf68b07_z
by cosmo_71, CC BY-ND

リフィー川を隔てて南北に分かれるダブリン。一般的に南側は高級住宅街やオフィスなど多く洗練された雰囲気。

summer-dublin4
Taronja

市民の憩いの公園ことセント・スティーブンス・グリーンは、非常によく手入れされていて都会のど真ん中とは思えないほど、自然がいっぱいで鳥のさえずりが響きます。

1922116424_bfd6b56ebf_z
by Anna & Michal, CC BY-SA

ダブリン中の建物や道路にはたくさんのカラフルな花でいっぱい。

dublin-summer6
Taronja

学生寮に泊まってみよう!トリニティー大学

ケルトの書を保存してある伝統あるアイルランドの最高学府。昼間は学生と観光客で賑わっています。ちなみにこの大学では、夏休み期間は構内の寮を旅行者へ貸し出しているのです。Booking.comなどから予約可能。ダブリンのど真ん中にありながら、街の喧騒からシャットアウトされています。早朝の散歩は欠かせない!

8704042297_4602d0c27e_z
by yellow book, CC BY

マラハイド城

12世紀ごろ、イングランドの遠征でアイルランドにやってきた騎士のタルボットが住んだことが始まりといわれています。広大な緑が広がる敷地にあるお城です。近くに雰囲気の良いヨットハーバーもあるので夏の散歩には最高のロケーション。

8141799102_a80696d18f_z
by Avoca Ireland, CC BY-SA

飲む・食べる

アイルランドといえばパブ。特にテンプル・バー地区にはパブがギッシリ。ギネス、マーフィー、キルケニーなどアイルランド各地のビールやアイリッシュシチュー、サーモンなどの食事、アイリッシュコーヒーもオススメ。

dublin-summer10
Taronja

フィッシュアンド・チップス

食べ物はフィッシュアンド・チップスこのボリュームで5ユーロは安い。地元の人やビジネスマンで人気のお店です。Leo Burdock

dublin-summer11
Taronja

買う

ギネスのTシャツはクール
お土産屋さんのTシャツといえば、野暮ったい・・・というイメージがあるかもしれません。でも、アイルランドのお土産Tシャツ、特にギネスTシャツは種類も豊富でお洒落。思わず手に取りたくなる商品もたくさん。女性用のTシャツはシルエットがきれいに見えるデザインもあります。

dublin-summer13
Taronja

クラダ・リング
ケルト文化のアイルランドは、その模様をモチーフにしたアクセサリーの宝庫。その中でも一番のオススメはクラダ・リング。アイルランド西部を発祥とする、ハート・王冠・両手をモチーフとした指輪。最近は指輪だけでなく、ネックレス・ブレスレット・ピアスにもクラダをモチーフにした商品があり。

dublin-summer14
Taronja

筆者 : Taronja

30代女性。主にヨーロッパが多いです。アイルランドとスペインが得意分野です。チュニジアやモロッコも好きです。