> インドでの交通手段とその使い分け

2015年2月25日

インド

インドでの交通手段とその使い分け

by Kaz

日本の約8倍の面積を誇るインド。色々な場所に旅行する際には、交通手段を使い分ける必要があります。どういう時にどのような交通手段が有効なのか、ここで紹介していきます。最近ではインターネットを利用して、バスや列車の席まで予約することが可能になって、かなり便利になってきました。ただし、インドの携帯番号が必要などの条件があるので、事前に確認する必要があります。

飛行機

早く都市間を移動した場合におすすめ。最近インドのLCCがルートや本数を増やしているので、安く色んな場所に行けることが多くなりました。国内線だと遅れる可能性があるので、乗り継ぎする場合は余裕を持ったフライト日程にしておくことをオススメします。おすすめは、IndiGo, Go Air, Jet airwaysです。

7568532740_8b170e62ea_z
by ShashiBellamkonda, CC BY

列車

列車の路線はインド全土に広がっています。現在はネットでの予約や、外国人を優遇したチケットカウンターなどによって、インド人と同じ列に並ばなくても、チケットが入手になりました。IRCTCの公式ホームページをチェックしましょう。

6526433415_6c0a6d6217_z
by Smeet Chowdhury, CC BY
by seeveeaar, CC BY-ND

長距離バス

列車が満席、もしくは列車が通ってない場所に行く場合に、バスが必要となります。ポイントは道路の状態。南インドは道路が比較的整備されているので、長距離バスでも問題ないですが、北インドや北東インドは、道路状態がよくないため、バスの移動だけで一苦労です。Redbus.comはかなりのバスをカバーしているので、バス予約の際は非常に便利です。

by YIM Hafiz, CC BY-ND

メトロ(地下鉄)

大都市には地下鉄があり、運賃も安く、主要な場所を通っているため、便利です。また、インドで頻繁に起こる渋滞を防ぐことができるので、うまく活用すれば、旅行が非常にスムーズに進められます。車内はきれいで、英語表記もされているし、女性専用車両もあることが多いため、非常に快適です。

6442623431_30910016a9_z
by TenSafeFrogs, CC BY
5986896929_9008edf2d5_z
by BOMBMAN, CC BY

短距離バス

市内を走っているバスは、運賃が非常に安いものの、現地人向けである為、英語の表記がなかったり、行き先がよくわからなかったり、いつ来るのかわからない場合がほとんどです。旅行の際には、あまりお勧めできません。

6773853502_cb75cfde6c_z
by nicubunu.photo, CC BY-SA

タクシー

最近急速に進化しているのがタクシー。ネットが使える環境であれば、時間・場所を指定して予約すると、定刻に来ることがほとんど。料金も良心的です。早朝や深夜で交通手段がない時にかなり便利である。おすすめは、Ola cab, Uberです。

7169486137_f56c124b02_z
by mckaysavage, CC BY

オートリクシャー

旅の中で必ずお世話になると同時に問題となるのが、オートリクシャー。流れているので、必要な時にすぐに捕まえることができます。メーターがあるので、騙されることは少なく、行きたいところがピンポイントである場合に便利です。

3190468299_f3e4f6e425_z
by mattjkelley, CC BY

しかし、ラッシュ時には捕まらないことが多く、早朝や深夜には走っている数が激減します。さらに、メーターがついている場合が多いものの、メーターを使わないことが多く、外国人だと分かると料金をふっかけてくることがあるので要注意です。

198444934_c9f7363503_z
by Linda N., CC BY

サイクルリクシャー

街でよく見かけるサイクルリクシャー。オートリクシャーよりも安いが、行動範囲はオートリクシャーよりも狭くなります。歩ける距離もしくは歩くのは少し大変な距離の時に大活躍します。

4041851981_a6d3fd4296_z
by bandarji, CC BY

ただし、運転手があまり教育を受けていない人が多い為、英語が通じず、現地の言葉で話される場合が多い。少なくとも、数字は英語で分かる場合が多い為、数字と場所の名前を言って、交渉しましょう。

15823962642_c374cfe3a2_z
by Photographing Travis, CC BY

筆者 : Kaz

今一番アツいインドに生活して2年目。中国に留学した経験も生かし、中国・インドをビジネスで制覇予定。