> インド旅行で行きたい インドの都市5選

2015年1月16日

インド

インド旅行で行きたい インドの都市5選

by Kaz

by RussBowling, CC BY

インドはいつの時代にも人々を魅了してきました。日本の真逆と言ってもいいぐらい、多民族、多宗教、多言語で形成されるこの国は、あらゆる矛盾・問題を抱えながらも、今まさに成長し続けています。

2215107030_3a6e32f22b_z
by archer10 (Dennis), CC BY-SA

今世紀はインドの時代であるとよく言われますが、悠久の歴史に裏付けされたこの国のポテンシャルは、住んでみればみるほど計り知れないことが分かります。今回は、そんなインドを訪れたくなるような、素晴らしい都市を6つに絞って、紹介していきたいと思います。

アムリトサール(北インド)

インド人がよく被っているターバンは、シーク教と呼ばれる宗教を信仰している人々がつけているものです。元シン首相もシーク教を信仰していますが、インドでは少数派です。彼らの聖地が、パキスタンに近い北インドのアムリトサールにあります。

11066193476_99382e774c_z
by nevil zaveri, CC BY

ゴールデンテンプルと呼ばれるお寺が総本山であり、お寺の中に行くと、貧しい人たちの為に無料で食べ物を支給しています。お寺の中の堀では沐浴している人もおり、非常に神聖な場所です。

2272529691_3c1a25840e_z
by Koshyk, CC BY
45527301_4f0d9f7480_z
by Punjabi Assassin, CC BY-SA
住所:
インド パンジャーブ アムリトサル

ニューデリー(北インド)

政治・経済の中心地、デリーは非常に古い歴史を持っています。南デリーにあるクトゥブミナールと呼ばれる遺跡には、13世紀の奴隷王朝時代にこの場所に移されて以来、未だに錆びていない鉄塔があり、人々を魅了し続けています。

14668946760_4a61928035_z
by TANAKA Juuyoh (田中十洋), CC BY
5460779355_5851b65ab9_z
by rajkumar1220, CC BY

インド独立の父、ガンジーの遺灰が流された場所は、ラージガートと呼ばれており、そこにある記念碑には人々の参列が絶えません。デリーには他にもたくさんの史跡や遺産が残されています。

2222833680_db3cbf5046_z
by Humayunn Niaz Ahmed Peerzaada, CC BY-SA
住所:
インド デリー ニューデリー

アグラ(北インド)

インドといえば、何と言ってもタージマハール。デリーから電車で揺られること約3時間。アグラという小さな町の中に、タージマハールがあります。

12326928143_002f59c08c_z
by tango-, CC BY-SA

ムガル帝国時代に作られた、世界一美しいと言われるそのお墓は、何時間見ていても飽きません。タージマハールの先端を手で摘んでいるかのように、写真をうまく撮れたら、中に入ります。ただし、タージマハールはお墓なので、実は中にはお墓しかないのです。

2618330966_bf0f19cbe4_z
by laszlo-photo, CC BY
住所:
インド ウッタル・プラデーシュ アーグラ

ブッダガヤ(東インド)

仏教の聖地。仏教はここインドで生まれました。外国人観光客は必ずここに訪れますが、中でも12月初に行われる仏教のセレモニーには、世界各地から仏教の修道僧が多く集まります。

3615549563_6ee2af4f82_z
by lylevincent, CC BY-ND

大菩提寺の中にある大きな菩提樹は圧巻です。仏教四大聖地の一つでもあります。四大聖地の内、3つがインドにあり、どれもブッダガヤから近いため、仏教聖地巡りをしてみるのもよいかもしれません。

3731909158_fa2509f760_z
by manbartlett, CC BY
8570995492_e23c4d8d6c_z
by andryn2006, CC BY-SA
住所:
インド ビハール ボッドガヤ

ゴア(西インド)

多くの外国人で賑わうビーチの街として有名ですが、ポルトガル領時代の古い教会が多く立ち並ぶ景観は中世ヨーロッパを思い出させます。

13644381303_8f4517473b_z
by dalbera, CC BY
6849979359_6cf4ea24ca_z
by Aleksandr Zykov, CC BY-SA

日本で非常に有名な宣教師フランシスコ・ザビエルの遺体はゴアにある教会に安置されており、10年に一度、その姿を見ることができます。2014年12月末から2015年1月初まで公に公開されておりました。

6657362399_f13386c6ea_z
by Nagarjun, CC BY
住所:
インド ゴア

チェンナイ(南インド)

昔より外国と交易していた商業都市で、ビジネス、芸術、学術など幅広い分野において、数多くの著名人を排出してきたタミル・ナドゥ州の州都でもあります。

3218207046_7cbbd652c2_z
by nashcode, CC BY-ND

自らの文化・言語に誇りを持った保守的な人々が多いため、近代化が進んだ大都市であるにも関わらず、洋服を着た女性を見つけることは容易ではありません。

3230230420_f1c74b118b_z
by seeveeaar, CC BY-ND
住所:
インド タミル·ナードゥ州 チェンナイ

筆者 : Kaz

今一番アツいインドに生活して2年目。中国に留学した経験も生かし、中国・インドをビジネスで制覇予定。