> 子供連れファミリーの鉄板スポット・ホノルル動物園ってこんな場所

2015年3月27日

ホノルル

子供連れファミリーの鉄板スポット・ホノルル動物園ってこんな場所

by fishandtips

© maru9525 - Fotolia.com

ダイヤモンドヘッドの麓、カピオラニ公園隣に位置するホノルル動物園はオアフ島唯一の動物園。ワイキキのホテル群から、トロリーや徒歩でのアクセスが可能な便利なロケーションです。自然に近い状態で動物達がのんびり暮らす動物園は、ロコキッズだけではなく子供連れ観光客にも大人気。今回は、そんなホノルル動物園の魅力についてご紹介します。

8452627854_12e314c4d9_z
by daryl_mitchell, CC BY-SA

自然豊かな環境で暮らす動物たち

南国ハワイならではの鮮やかな花や、バニヤンツリーをはじめとするスケールの大きな木々が生い茂る園内。視線を上げた先に見えるのは、ダイヤモンドヘッドです。

74698574_3b2b9e64be_z
by delphinus18, CC BY
3677624648_021ec74f8a_z
by coconut wireless, CC BY-ND

そんな緑豊かな環境の中で出会えるのは、自然に近い状態で飼育されている動物たち。個々に柵や檻に入っていませんので、複数の種類の動物が自由に歩き回っている姿を見ることができますよ。

9165273546_5f51a2a020_z
by jdnx, CC BY
Aldabra Tortoise
by ewen and donabel, CC BY

普段なかなか見る機会のない動物たちの自然な姿に、子供だけではなく大人も釘付けになりそうですね。

ケイキ・ズーで動物と触れ合おう

小動物と実際に触れ合える場所がケイキ(ハワイ語で子供)・ズー。「広い園内を見てまわるのは、まだちょっと大変」という小さなお子さんでしたら、このコーナーやプレイグラウンドに重点をおいて過ごすのがお勧めです。

104133608_5db589f5d3_z
by kyosuke., CC BY-SA
5514303698_e926762b83_z
by daryl_mitchell, CC BY-SA

クジャクが羽を広げて自由に歩きまわる芝生エリアでのんびりとランチ・スナックタイムを楽しむのも良いですね。ちなみに大型動物を鑑賞できるサバンナゾーン等はあまり日陰になる場所がなありませんので、日中のハワイの陽射しは時として体力消耗も原因に。水分補給や無理のないコース設定を心がけてください。

2369843410_1830621a39_z
by Makuahine Pa’i Ki’i, CC BY

大人も夢中・魅力いっぱいのプログラム

一般向けの展示、見学だけではなく動物園には様々な教育プログラムが用意されています。それぞれに予約必須ですが、観光で訪れた方でも気軽に参加できるものもありますのでぜひチェックしてみてください。一例として閉園後の動物園で過ごすディナーサファリ、トワイライトツアー、天体観測。さらには園内にテントを張って宿泊し、閉園後だけではなく開園前の動物園の様子を見学できるキャンプ体験なんてものもありますよ。

4565233602_2665aaab43_z
by jdnx, CC BY

また長期滞在されるファミリーにお勧めなのが、キッズ向けのサマープログラム。こちらの学校の夏休み期間中6月中旬から8月中旬にかけて、毎年開催されています。このプログラムでは対象年齢に応じてクラス分けがされており、設定されたテーマに沿って自然、環境、動物等について学ぶことができます。1週間単位での参加が可能ですので、英語に興味があるお子さんでしたら留学体験気分を味わってみるのも良い経験になることでしょう。

103412519_4732520ba8_z
by kyosuke., CC BY-SA

最後に

動物鑑賞だけではなく、幅広い体験ができるホノルル動物園。夏には毎週夕暮れ時に開催される屋外コンサートも人気です。サンセットタイムに屋外で聴くハワイアンやジャズミュージック、のんびりとした素敵なひとときを楽しんでくださいね。

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。