> 知っておきたいホノルルの天気・服装

2015年3月24日

ホノルル

知っておきたいホノルルの天気・服装

by Yuirin

© fotogestoeber - Fotolia.com

ホノルルは日本人が訪れる海外旅行地の人気NO1です。長年にわたってハワイは日本人にとってあこがれの土地ともなっていて、ハワイに魅了されて何度も訪れるリピーターもいるほど魅力的な場所です。そんなハワイ・ホノルルをフルに楽しむためにあらかじめ天候を知って、用意する服装などを準備しましょう!



ハワイの全体的な気候

ハワイは、1年中温暖な気候の土地として知られています。年中ビーチで泳げるイメージも強いのはありませんか?確かに日本のように四季があるわけでもなく、季節によって大きな温度差があるわけでもありません。ハワイの気候は主に2つに分けることができます。4月から9月までに乾季と、10月から3月の雨季です。

4月から9月までの天候とおすすめの服装

乾季には当然ですが雨が降りにくく、晴れの日が続くいい季節です。できればこの時期に訪れたいですね。朝晩は涼しくとても過ごしやすく、日本の夏という感じではありません。ただし、昼間には太陽が強く照り付けます。そのために日中は真夏並みになっていき、日差しが強いのでサングラスや日傘、日焼け対策をしておきたいものです。地元の人は乾季には昼間にビーチに行かずに朝や夕方の日差しが弱い時に泳ぎます。

3580152171_eeab3e52b5_z
by www.bluewaikiki.com, CC BY

乾季には、真夏の服装に1枚のパーカーなどの羽織ものがあると便利です。サンダル、ビーチサンダルで気軽に訪れてOKです。上記にも述べましたが、日差しが強いのでUVアイテムは欠かせません。帽子、手袋(地元の人はしない)、長袖のシャツ、日傘、サングラスなどがあれば便利です。

10月から3月までの天候とおすすめの服装

雨季は10月~3月には、曇りの日や雨の日が多くなってきます。ハワイのナンバープレートは虹が描かれています。また街中にもレインボーカラーのカキ氷などが販売されています。それほどハワイは虹がよく出るのですが、それが観察できるのが雨季です。

雨季には、気温もやや下がります。ただし11月ごろまでは快適に過ごせます。朝夕のひえこみやすい時間でもビーチでも泳げますし、半そでで十分に過ごせます。ただし雨季には天候が安定していません。天気の良くない日は、水着姿でビーチにいると寒いと感じることもあります。雨季でも1日中雨が降ることは珍しいですので、1日のうちに気温差が出てしまうことが多いです。

5291749236_7be46b6e95_z
by jdnx, CC BY

雨季でも平均気温は20度を超えていますので、服装は半そででもOKです。日本の季節感でいうと5月頃でしょうか?日中には半そでで過ごして、冷え込む朝夕には長袖が必要になるという感じです。雨季に訪れるのであれば、水着も長袖のものがついているセットタイプがおすすめです。またジャケット、パーカー類も2,3枚あると便利です。ズボンも長ズボンと半ズボンの両方を用意しておきましょう。雨季といっても雨がたくさん降るわけではありません。地元の人は傘を差さない程度です。もしも気になるのであれば、折り畳み傘を持参するといいかもしれません。

筆者 : Yuirin

海外在住歴3年目。もともと海外に移住していた夫と2人暮らし。夫婦で旅行が大好きで、自分たちで旅行の計画を立てて、いろいろなところを訪れるのが楽しみ。