> お土産になる物も!ドイツの美味しいお菓子5選

2015年10月13日

ドイツ

お土産になる物も!ドイツの美味しいお菓子5選

by Reiserin

by greger.ravik, CC BY

ドイツには様々なお菓子があります。日本ではお菓子というと、しょっぱいものも含みますよね?ところが、ドイツでは「お菓子」というと、甘いものを示す事が一般です。日本人にとって馴染みのあるドイツとは言え、お国が違えば、具材も、香辛料も異なり、美味しいと思う感覚も異なることも。そこで今回は、日本人にとっても、その美味しさを十分に楽しめるドイツ菓子を厳選して、みなさんに紹介したいと思います。

シュネーバル【Schneeball】

シュネーバル(ドイツ語で雪の玉の意)は、ロマンチック街道が通る、中世のメルヘンを色濃く残す人気スポット、ローテンブルク(Rothenburug)の郷土菓子です。

3436286846_6b7aeaf1c0_z
by Andrea Anastasakis, CC BY-SA

300年前にフランケンのお菓子として作られ始め、結婚式の席などに出されていた縁起物です。小麦粉にサワークリームや卵を混ぜ込んだ生地を2cm幅ほどに細長く切り、それをボール状に丸めて揚げたお菓子です。サクサクの食感がとても美味しいんですよ!

8095393440_13f4698ffb_z
by amanderson2, CC BY

オリジナルは粉砂糖を振ったものですが、ほかにもシナモンシュガーや、色々な味のチョコレートをコーティングしたものなど、その種類なんと25種類!楽しく、そして美味しくいただけるお菓子です。日持ちもするし、形も可愛らしいので、お土産に喜ばれるでしょう。

8095386631_372b57eacd_z
by amanderson2, CC BY

シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(黒い森のさくらんぼケーキ)【Schwarzwälder Kirschtorte】

どっしりした目の詰まったケーキが多いドイツですが、「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」は、日本のショートケーキにほど近く、ドイツでもとても人気のあるスポンジ系の美味しいケーキです。

144215094_be5e39f10f_z
by mikelo, CC BY-SA

スイスやオーストリアでも多く作られていますが、元祖はドイツの黒い森地方で、この地方の特産、サクランボを活かしたケーキです。チョコレートのスポンジケーキを何層にも切り分け、サクランボのリキュール「キルシュ」を加えたホイップクリームを挟み、上にサクランボで飾り付けしたケーキです。

2318807507_2a94bc5557_z
by tillwe, CC BY-SA

ドイツで注文すると、ケーキの1切れがビックリするほど大きいので、2人で一つを頼むと丁度いいかもしれません!

2318797363_f73d129ba1_z
by tillwe, CC BY-SA

ケーゼトルテ(チーズケーキ)【Käsetorte】

チーズケーキは、日本でも人気商品の定番です。しかしドイツのチースケーキは日本で食べられているものとは少々異なります。日本のものは、濃厚なクリームチーズを使用する事が一般的ですが、ドイツのチーズケーキは、クワーク(Quark)というヨーグルトに似た、フレッシュチーズの一種を使用したものが主流です。

4135826788_c479f0d0b4_z
by Serhan Altug, CC BY-SA

そのために、食感も軽くあっさりとしていてとても食べやすく美味です。味は異なりますが、食感はヨーグルトケーキに似ていると言えるでしょう。

6649600005_d76b39ed6b_z
by HDValentin, CC BY-SA

モーンクーヘン(ケシの実ケーキ)【Mohnkuchen】

牛乳で甘く煮詰めたケシの実のフィリングをたっぷりとタルト生地に包み込んだ、甘くて香ばしい焼き菓子です。黒に近い青、またはグレーのケシの実を使うので、フィリングの色は、黒またはグレーです。

263336475_6f4a3604f3_z
by bloggingberlin, CC BY-SA

見た目はあんこ?!と思う方もいるかもしれません。ドイツならではの、癖になる美味しさです。パイ生地に包んだもの以外にも、パウントケーキ系の生地に混ぜ込んだもの、マーブル状にしたもの、パン生地にくるくると巻き込んだもの等、実に様々なバージョンがあります。いろいろ試してみてください!

7917328334_2d705aede3_z
by die varga, CC BY-SA

レープクーヘン【Lebkuchen】

クリスマスシーズンによく食される、蜂蜜とスパイスが良く効いた風味豊かな焼き菓子です。その歴史は古く、13世紀後半から修道女によって作られていたそうです。好き嫌いがはっきりと別れるお菓子ですが、口に合った人には病みつきの味です。

4163022621_a6f5154e66_z
by JohnGreenaway, CC BY-SA

使われるスパイスは地方によって異なりますが、代表的なものとして、シナモン、クローブ、アニス、カルダモン等です。何も入らないプレーンなもの、オレンジピールやナッツを混ぜ込んだもの、チョコレートコーティングしたもの、アイシングしたもの、と様々な種類があります。

8295153290_6a37576bdf_z
by blumenbiene, CC BY

中でもお勧めはチョコレートコーティングしたもの!ぜひお試しください。かなり日持ちするお菓子なので、日本への持ち帰りも可能です。お土産に是非!

2195438262_1d845a7efa_z
by acme, CC BY

ドイツ菓子に興味を持っていただけましたか?どれも美味しい伝統のドイツ菓子ばかりです!ドイツにご旅行の際は、ぜひドイツ菓子をいろいろ試してみてください!お菓子やさん(コンディトライ・Konditorei)とパン屋さん(ベッケライ・Baeckerei )とでは、またそれぞれに一味違ったお菓子が売られています。それらを食べ比べてドイツ旅行がさらに充実したものになるでしょう。

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。