> フランスで唯一パンダに会えるボ-ヴァル動物園

2017年2月23日

フランス

フランスで唯一パンダに会えるボ-ヴァル動物園

by 石狩熊子

Fotolia by aloha2014

フランスのロワ-ル地方にあるボ-ヴァル動物園「Zooparc de Beauval」は、フランス国内で唯一パンダが見られる貴重な動物園として人気を集めています。2012年から10年間限定で中国からレンタルしているパンダで、今まで実際のパンダを見た事のなかったフランス人にとっては、夢の動物園となっています。

ボ-ヴァル動物園の入場料

image002
筆者提供

ボ-ヴァル動物園の入場料は、フランス国内の他の動物園よりもかなり高額になっていますが、ここにしか居ないパンダに会いに来る観光客で一年中賑わっています。
〈1日券〉
11歳以上(1名)29ユ-ロ
3~10歳(1名)23ユ-ロ
3歳以下は、無料

〈2日券〉
11歳以上(1名)43.50ユ-ロ
3~10歳(1名)34.50ユ-ロ
3歳以下は、無料

〈インタ-ネットによる購入〉
全て1ユ-ロ引き
http://billetterie.zoobeauval.com/billetterie/vente.php?action=billets&date=30/09/2016

園内は上り下りが多い

ボ-ヴァル動物園内は、上り下りが非常に多く、健康な人でも苦労する場所が多くあります。べビ-カ-を使用する年齢のお子様連れの方や、車椅子同伴の方は移動するのが本当に大変です。特にボーヴァル動物園の名物であるパンダは、園内の非常に高い位置にいるために非常に急な坂を上らなくてはなりません。また、下りる時も危険ですので御一人での行動は避け、必ず引率の人と一緒に移動する様にしてください。べビ-カ-もお子様が落ちないように必ずベルトを締めて使用しましょう。場所によっては、階段を上らなくてはならない所もあるので必ず歩き易い靴で訪問するようにしましょう。

園内へのお弁当の持ち込みは禁止

ボ-ヴァル動物園は、園内での持ち込みによる飲食が禁止されています。家族連れなどで、お弁当持参で行かれる方は、お食事の際は一旦、入場口から外へ出てピクニックスぺースがありますので、そちらへ移動して食べると良いでしょう。子供のオヤツやペットボトルのお水などは持ち込んでも問題ありません。園内の所々にスタンドや飲食できるお店があるので、無理にお弁当を持って行かなくても大丈夫です。値段もそれほど高くはありませんので安心して利用できると思います。

名物のパンダは入園直後から午前中の時間帯がおすすめ

image003
筆者提供

ボ-ヴァル動物園のメインは何と言っても、ジャイアントパンダです。パンダを見る時間汚おすすめは入園直後から午前中がおすすめです。なぜならば、パンダはお昼ご飯を食べるとお昼寝してしまう習性があるので、活発に動いているパンダを見るのが可能なのは朝の時間帯しかありません。午後は寝ている姿が多く、室内に入ってしまったり、気の上に登って下りて来ないことが多くあります。時間によってパンダのご飯やオヤツタイムが見られるので入場口の案内板にて、その日のショ-や食事時間を必ずチェックするようにしましょう。

ミニ水族館やミニ牧場がある

image004
筆者提供

園内には、あまり大きなものではないけれど、珍しい魚を見ることが出来る小さな水族館があります。ここはガラス越しにも見れますが、階段を上って上に行けるようになっていて、上からでも魚を見ることができます。魚が水面に顔を出しているのを見ることが出来るチャンスも !足元が濡れているので滑らない様に気を付けてくださいね。また、ミニ牧場もあり山羊や子ヤギ、ウサギたちと触れ合うことができます。たまに服を齧られる事もあるので高価なお洋服を着ている方はご注意を。ミニ牧場の出口には手洗い場もありますので、触れ合った後には手洗いを忘れずに。牧場内で動物に食べ物をあげるのは禁止です。

日によって色々なショ-が楽しめる

image005
筆者提供

園内では、毎日色々なショ-が催されています。アシカのショ-や、鳥のショ-など様々なものが楽しめます。1日に何度かやっていますので、都合の良い時間を選んで見ると良いでしょう。中でも、アシカショ-は大人気で場所取りのために1時間ぐらい前から会場は賑わっています。少なくとも30分前までには会場で場所取りをした方が快適に見ることができます。鳥のショ-では自分達の頭上すれすれを飛び回るので迫力満点です。

お土産屋さんは出入り口の傍にある

動物園に来たら、記念にお土産を購入したくなりますよね。園内のお土産屋さんはブティックと呼ばれ、出入り口の傍に2店舗あります。園内の色々な動物たちの可愛らしいヌイグルミや洋服、バッグ、アクセサリ-、文房具、マグカップ、Tシャツなど様々なものが売られています。一番人気はやはりパンダのヌイグルミですが、入場料が高いのでお土産物も高いのではないかと懸念しがちですが、意外に手頃な値段で購入することができます。パンダにちなんだ中国チックなお土産も多く売られていて、フランス人に人気です。

ボ-ヴァル動物園の開園時間

ボ-ヴァル動物園の開園時間は年間を通して、午前9時からとなっています。閉園時間は時期により異なりますが、11・12・1月は17時30分、4・5・6・9月は19時30分、7・8月は20時30分、3・10月は19時となっています。ブティックの閉店時間も同様ですが日本のように閉店時間にお客さんがいても対応してくれるようなことはありませんので注意しましょう。

ボ-ヴァル動物園の所在地&WEBサイト
ZooParc de Beauval
41110 Saint Aignan sur Cher
https://www.zoobeauval.com/
このサイトでは、園内の様々な案内が描かれているので非常に便利です。是非、来園前に目を通してからお出かけください。詳しいアクセス方法や主要道路なども掲載されていて便利です。

筆者 : 石狩熊子

花の41才女性。フランス在住歴15年。春は菜の花畑、夏はトウモロコシ畑、秋はコスモス畑に囲まれて質素に暮らす子沢山主婦☆