> フランス・ロワール地方で古城めぐり

2015年9月11日

フランス

フランス・ロワール地方で古城めぐり

by Stylo

© Tomsickova - Fotolia.com

パリから一時間ほどのところにあるロワール河の流域には数多くの古城が残され、その美しい姿を今も変わらずに保存し、公開されています。河の流れに沿って車を走らせると、高い岸壁の上に城の姿を見せることも。

14070706408_0c6c8377cf_z
ロワール地方, by jibunkaiwai, used under CC BY

美しい田園地帯はワインの産地でもあり、広い河川敷など広大な自然が残されているのもこの地域の魅力。大きな樹木が河沿いに立ちならび、ヤドリギも印象的でした。天才レオナルド・ダ・ヴィンチが最後に腰を落ち着けた小さな古城も見どころです。

不思議な巨城 シャンボール

数ある古城の中でも特に印象に残ったのはシャンボール城。いくつもの尖塔が空に向かって、その個性的なフォルムを伸ばしています。内部はとても広く、石造りの巨大建築では冬はどうやって温めるのだろうと思うほど。

main2
シャンボール城, by Panoramas, used under CC BY-ND
8858934054_0d0f4bbc07_z
シャンボール城の廊下, by Anna & Michal, used under CC BY

ガイドの話を聞くのも興味深く、時間ごとに城内ツアーが行われています。もっとも注目されているのは「二重のらせん階段」。反対側を歩く人の顔が何度も見える不思議な階段。中世の貴族たちがここで視線を合わせたりしたのかなと思いをはせます。

6883102150_029c6f5909_z
二重のらせん階段, by gωen, used under CC BY-SA

バルコニーからの眺めは圧巻。広大な庭の向こうには森が広がり、フランスの王たちが愛したこの城とロワールの領土が自分のものになった気分になれます。

7767810262_643fecb59c_z
バルコニーからの眺め, by Cristian Bortes, used under CC BY

ダ・ヴィンチの住んだ館へ

ロワール地方は文人や芸術家にも愛された地です。中でもレオナルド・ダ・ヴィンチが過ごしたクルーの館はお勧め。アンボワーズ城と地下でつながっていて分館のよう。庭園に続くなだらかな丘の上にある邸宅はクロ・リュセ城ともいわれる美しい佇まいです。

7087553901_4f7f0e8fb6_z
クルーの館, by ceridwenn, used under CC BY-SA

ダイニングや寝室は木のぬくもりが感じられ、華美さはありませんが可愛らしく親しみやすい居室になっています。自筆の書や、絵画、発明品と彼の手の届く範囲にあるような、ゆっくりと過ごせる落ち着いた空間。ダ・ヴィンチがフランスで最後を過ごしたのは、クロ・リュセ城の居心地の良さも理由の一つかもしれません。

6938024324_711895a216_z
ダ・ヴィンチの部屋, by ceridwenn, used under CC BY-SA

筆者 : Stylo

30代女性。ライター歴3年。フランス留学経験あり。パリ、リヨン、ニースなど各都市を周遊。アメリカはシアトル、ポートランド、ハワイに滞在。子連れ海外旅行も増やしたい♪