> 訪れてみたいロワールの古城10選 〜 Part1 王の権威編

2015年11月9日

フランス

訪れてみたいロワールの古城10選 〜 Part1 王の権威編

by café gourmand

フランス中西部を流れるロワール川流域、特にトゥールの周辺は、かつて王侯貴族が多くのお城を建築した場所です。今でもこの地域には古城がたくさん残っており、この辺りは「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」として世界遺産に登録されています。これらのお城はどれもそれぞれ魅力的で全て訪れたいところですが、今回は「王の権威編」と「歴史を彩った女性編」の2つのテーマに分け、それぞれ5つずつ選んでご紹介していきたいと思います。

シャンボール城

6312353859_1e90f49999_z
by Wolfgang Jung, CC BY-ND

世界遺産「シュリー=シュル=ロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」が登録される前に既に「シャンボールの城と領地」として単体で登録されていた城です。

7229502724_d8080b01ac_z
by blieusong, CC BY-SA

華麗な装飾の屋根が印象的なこのお城は、フランソワ1世の狩猟目的で作られましたが、彼がここに長期で滞在することはありませんでした。

20593154449_41683e73cd_z
by Moto Itinerari, CC BY-SA

城が大きすぎて居住性が悪く、また食料調達に不便な立地がネックとなったようです。これだけ立派なお城を別荘感覚で使用していた当時の王の財力を思い知らされます。

20780225035_0ea19f78f5_z
by Moto Itinerari, CC BY-SA
名称:
Château de Chambord
住所:
Château de Chambord, 41250 Chambord, フランス共和国
TEL:
+33 2 54 50 40 00
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

ブロワ城

8852841873_7af15e794d_z
by Ronny Siegel, CC BY

7人の王と9人の王妃が過ごした城です。ブロワ城は中庭を囲むいくつかの建物からなりますが、各棟がそれぞれ異なる時代に建てられている為、建築様式の変遷が見られます。

8853459316_fa6fd732ac_z
by Ronny Siegel, CC BY

中でも有名なのが、フランソワ1世の棟にあるフランソワ1世の螺旋階段で、華麗な彫刻で装飾された八角形のこの階段はルネサンス様式の傑作とも言われています。

8853459106_59fef014df_z
by Ronny Siegel, CC BY
名称:
Château de Blois
住所:
Place du Château, 41000 ブロワ, フランス共和国
TEL:
+33 2 54 90 33 33
ホームページ:
Foursquare.com

アゼ=ル=リドー城

水面に浮かんでいるかの様に見えるアゼ=ル=リドー城は文豪バルザックが「アンドル川にきらめくダイヤモンド」と称えたルネサンス様式の美しい城です。

3015775725_661b77d644_z
by alexbrn, CC BY

元々トゥール市長を務めていたジル・ベルトロが築いたものですが、後に彼は横領に加担したと疑われた為、最終的に時の王フランソワ1世にこの美しい城を没収されてしまいました。

5931503478_39430ccc94_z
by westher, CC BY

その後城の持ち主は何度か変わり、現在は国の所有となっています。お城内部では代々の城主が残した調度品を見る事が出来ます。

4603614905_caa6facd84_z
by fred_v, CC BY
名称:
Château d’Azay-le-Rideau
住所:
22 rue Balzac, 37190 アゼ=ル=リドー城, フランス共和国
TEL:
+33 2 47 45 42 04
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

アンボワーズ城

977458550_456b02062a_z
by graphiclunarkid, CC BY

陰謀に加担した容疑で当時の城主ルイ・ダンボワーズからシャルル7世が城を差し押さえた後、ヴァロワ朝の王たちが滞在した城です。元々中世の要塞であった建物をシャルル8世以降の王が改築を行いました。シャルル8世はイタリア戦争を通してイタリアの文化の虜となり、城の改築にイタリア人職人を起用した為、お城にはイタリア芸術の影響が見られます。

6783369564_73bef75040_z
by loic.v, CC BY-SA

2代後のフランソワ1世はイタリアからレオナルド・ダ・ヴィンチを招きました。ダ・ヴィンチはアンボワーズ城近くのクロ・リュセ城で生涯を終え、お墓はアンボワーズ城の礼拝堂にあります。

5641644950_27a6d0ff35_z
by rogerimp, CC BY
名称:
Château d’Amboise
住所:
Place Michel Debré, 37400 アンボワーズ, フランス共和国
TEL:
+33 2 47 57 00 98
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

クロ・リュセ城

6929466493_50e7f0e232_z
by loic.v, CC BY-SA

アンボワーズ城の項でお話ししたクロ・リュセ城は、フランソワ1世の招きでフランスに来たレオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごしたことで知られています。

7087172651_4e9acbda5a_z
by ceridwenn, CC BY-SA

今日クロ・リュセ城では寝室や仕事部屋等ダ・ヴィンチの生活の場を身近に感じることはもちろん、屋内及び庭園で彼の設計図に基づいて作られた機械の模型等も展示されています。歴史好きな人にも科学好きな人にも魅力的なスポットとなっています。

6938024324_711895a216_z
by ceridwenn, CC BY-SA
名称:
Château du Clos Lucé
住所:
2 rue du Clos Lucé, 37400 アンボワーズ, フランス共和国
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

この記事は「訪れてみたいロワールの古城10選(part2 歴史を彩った女性編)」へ続きます。そちらも合わせてお楽しみください。

筆者 : café gourmand

初めてのヨーロッパ旅行でフランスの魅力にはまる。その後フランス語を勉強し始め、留学を経て、1〜2年に一度のペースでフランスへ。有名観光地も好きだけれども、地方の小さな町、村を散策するのがお気に入り。現在はフランス地方都市在住。