> 奇岩と信仰が作り上げた絶景の町、ル・ピュイ=アン=ブレ

2016年3月12日

フランス

奇岩と信仰が作り上げた絶景の町、ル・ピュイ=アン=ブレ

by café gourmand

© - Leonid Andronov

世界には絶景と呼ばれる場所がたくさんありますが、フランスの中南部に位置するオーヴェルニュ地方の町、ル・ピュイ=アン=ブレは一度その風景を見たら忘れることは出来ない印象的な場所です。町の中に火山活動が作り出した奇妙な形の岩が聳え立つ、それだけでも人々を驚かせる光景ですが、ここではこの地方特有の地形と信仰が見事に融合し、その神秘的な姿が多くの観光客を引き付けています。今回は絶景と信仰の町、ル・ピュイ=アン=ブレをご紹介したいと思います。

火山活動が作り出した奇岩

5894353550_9b7600b8ae_z
by Ben17_34, CC BY

オーベルニュ地方は火山地帯に位置し、フランスでも雄大な自然が広がる地域として知られています。日本でも有名なミネラルウォーター、ヴォルビックや温泉保養地として有名なヴィシーもオーベルニュ地方の町の一つです。

9433376459_4ab197b897_z
by Konrad Hädener, CC BY

ル・ピュイ=アン=ブレはオーベルニュ地方の南東に位置し、町では火山活動によって隆起した岩が地面から生えているかの様な珍しい光景が見られます。

信仰の町

9433382949_72f2aa5fe2_z
by Konrad Hädener, CC BY

この町に人々が訪れる目的は奇岩だけではありません。フランス国内に4つある、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂への巡礼路のうちの一つの出発点として世界遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」に登録されているのです。

9433382131_3ea7abf14a_z
by Konrad Hädener, CC BY

また、大聖堂に安置されている「熱病の石」と呼ばれる岩は、ローマ時代に病にかかった女性がこの石の上に聖母マリアを目撃し、病が治ったという言い伝えがあり、古くから巡礼の地として栄えて来ました。

地形と信仰の融合

1202747617_9030d5eedc_z
by FMJRey, CC BY

従って、ル・ピュイ=アン=ブレの町で特異な地形と信仰が結びついたのは自然の結果だったのでしょう。町を見下ろす巨大なノートルダム・ド・フランス像はコルネイユ岩山の頂上に立っています。クリミア戦争で使用した大砲を溶かして造られたこの像は、中が空洞になっていて、頭の部分まで登って町を一望する事が出来ます。

町のシンボル的存在である大聖堂は、コルネイユ岩山を下っていくとあります。旧市街から大聖堂の正面入口までは階段を上って行くのですが、階段の奥に聳え立つ大聖堂の姿は非常に印象的です。

4876952760_d64a98380c_z
by Sylvain Naudin, CC BY-SA

もう一つの見所であるサン・ミシェル=デギル教会は、サン・ミシェル岩山の頂上に張り付くかの様に建てられています。頂上までは急な石の階段を上って行くのですが、高所恐怖症の方にはお勧めできない、なかなかスリルのある景色が楽しめます。教会内部は静寂に包まれた神秘的な祈りの場となっています。

その他の見所

13204830185_795665000c_z
by Teorem, CC BY-SA

ル・ピュイ=アン=ブレの見所は、宗教建築に留まりません。古くから巡礼の町として多くの旅人を受け入れてきた、かつての繁栄の跡を旧市街に多く残しています。大聖堂正面の道を下っていくとあるターブル広場は15世紀の噴水を中心に、レンガ造りの家やパステルカラーの可愛いらしい家が並んでいます。

9436158156_f7466e2bcd_z
by Konrad Hädener, CC BY

シェーヌブトリ通りは今では商店が立ち並びますが、16世紀の商人の家が残っていたりします。その他、歴史的に重要な建物の前には説明つきの看板が立っている事が多いのでそれを目印にされると、意外な発見があるかもしれません。

奇岩と信仰が織りなすル・ピュイ=アン=ブレの景色は、一度見たら忘れる事が出来ない程印象的です。二つの岩山を中心としたカトリック信仰の世界とそれを取り巻く可愛らしい中世の街並みをぜひ一度訪れてみて下さい。

筆者 : café gourmand

初めてのヨーロッパ旅行でフランスの魅力にはまる。その後フランス語を勉強し始め、留学を経て、1〜2年に一度のペースでフランスへ。有名観光地も好きだけれども、地方の小さな町、村を散策するのがお気に入り。現在はフランス地方都市在住。