> フランスの春限定チョコレート

2015年3月31日

フランス

フランスの春限定チョコレート

by 石狩熊子

by 石狩熊子

フランスには春限定の素敵なチョコレートがあるのをご存知ですか?4月1日の「ポワソン・ダヴリル」と呼ばれる日本でもお馴染みのエイプリルフールに因んだものやイースター(復活祭)の卵型やウサギ型のチョコレートなど様々なものがあります。

魚の形のミルクチョコレート

france-spring-chocolate1
by 石狩熊子

日本ではなかなか見かける事がない魚の形のミルクチョコレートです。思わず興味を引かれ日本へ連れて帰りたくなってしまいますが中は空洞になっており各ショコラティエによっても違いますがチョコの厚みは普通に板チョコ1枚分の厚みがあるものが多いです。大きさも色々なサイズがあります。日本へ持ち帰る際には手荷物として機内に持ち込みは不可能となっておりますのでご注意ください。

イワシの缶詰めチョコレート

france-spring-chocolate2
by 石狩熊子

可愛らしい姿のイワシの缶詰めチョコレートです。缶を開けるとイワシ型のチョコレートが1匹ずつ丁寧に包装されています。中身はブラックチョコレートやミルクチョコレートです。一般的なお土産に飽きてしまわれた方にも是非おすすめです。

イースターに欠かせない、卵型チョコレート

france-spring-chocolate3
by 石狩熊子

イースターには欠かせない卵型のチョコレートです。大きさは様々で味もミルクチョコレートやブラックチョコレート、ホワイトチョコレートがあります。ウサギの型もお年寄りからお子様まで幅広い年齢層に大人気です。イースターの日にはフランスでは自宅の庭に卵型のチョコレートを隠して子供が探し出すと言うエッグハントをする習慣があります。

海の生物のチョコレート

france-spring-chocolate4
by 石狩熊子

ポワソン・ダヴリル〈エイプリールフール〉のお魚の形に因んで海の生物のチョコレートを販売しているショコラティエもあります。オマール海老の姿をしたものやヒトデなどもあり普通のチョコレートに飽きた方々や変わったものが好きな方に人気です。特にこのオマール海老のチョコレートはお顔もしっかり付いていて何とも言えない愛嬌があります。

子供向けイースターチョコ

france-spring-chocolate5
by 石狩熊子

イースター(復活祭)はカトリックの国フランスに於いてクリスマスの次に重要な祭日になっています。その主役とも言えるのがこの卵型のチョコレートなのですが小さな子供向けにはチョコレートの中にキャラクターグッズやオモチャが入ったものが大人気です。市販のキンダーエッグチョコレートよりも遥かに大きいです。ディズニーキャラクターや様々な種類があります。子供向けの商品なのでミルクチョコレートのものが主流です。

ウサギのチョコレート

france-spring-chocolate6
by 石狩熊子

イースターで生命と豊穣の象徴と言われるウサギを模ったチョコレートで小さな子供でも食べられる様にと棒付きのチョコレートもあります。フランス人はチョコレートが大好きなので1才過ぎから普通に食べさせている親も多く居ます。

最後に...

いかがでしたでしょうか。フランス人の大好きな春限定のチョコレートをご紹介させて頂きました。3〜4月にフランスを訪れる方に是非おすすめです。

筆者 : 石狩熊子

花の41才女性。フランス在住歴15年。春は菜の花畑、夏はトウモロコシ畑、秋はコスモス畑に囲まれて質素に暮らす子沢山主婦☆