> フランスの温泉リゾート5選

2015年5月11日

フランス

フランスの温泉リゾート5選

by パリのライター

by sybarite48, CC BY

温泉は日本のみならず、世界各国にあります。しかしながら国々によって温泉の定義や利用方法が異なり、日本とは一味違う楽しみ方ができるのです。フランスの温泉の起源はローマ時代にさかのぼり、水源は各地に散在します。その水は主に医療用として古くから親しまれてきたのです。今では治療目的のみならず、健康増進や美容目的に温泉を訪れるフランス人も多く、温泉地もすっかりリゾート化しました。そんなとっておきの温泉リゾートを紹介します。

エビアン(EVIAN)

世界で最も有名なミネラルウォーター、エビアンの鉱水によるスパ・リゾートです。リゾートがあるエビアン・レ・バン村はレマン湖に面し、対岸のジュネーブやローザンヌ、そしてその背景のアルプス山脈を望むことができる景勝地です。

10004827914_b919cf1927_z
by sybarite48, CC BY
10055387844_2bf44ddd5f_z
by sybarite48, CC BY

ホテルは5つ星のRoyal、ファミリー向けのErmitage、そしてゴルフの館の3種類あり、ヨーロッパの上級社会の人々が集う場となっています。Thermes d’evian(エビアン温泉)という名のスパでは、ハイドロセラピー(水療法)、マッサージ、エステなどが楽しめます。

10004589184_31dae9a6c5_z
by sybarite48, CC BY
Hôtel Royal – Evian Resort, Foursquare.com
Hôtel Royal – Evian Resort, Foursquare.com
名称:
Hôtel Royal – Evian Resort
住所:
13 Avenue des Mateirons (Chemin du Nant d’Enfer), 74500 エヴィアン=レ=バン, フランス共和国
TEL:
+33 4 50 26 85 00
ホームページ:
Foursquare.com

コントレックス(Contrex)

痩身効果があると言われ、日本で女性に人気のあるコントレックスは、フランスでもよく飲まれるミネラルウォーターです。その水源はダイエット・プログラムを備えたスパ・リゾートになっており、無理なく楽しんで痩せたい老若男女が集います。

6647941025_a2198c5a79_z
by Nouhailler, CC BY-SA
6647954957_3702f86e0e_z
by Nouhailler, CC BY-SA

水の効果のみならず、3食低カロリーの食事(コース料理!)が付き、その食事の美味しさにも定評があります。そんな美食をしつつも5~14日の滞在で、平均2.8kgの減量ができるのだとか。その効果も当然のこと、医師が処方箋を出し費用は保険でカバーされる立派な療法施設なのです。もちろん病気でない一般の方の利用も可能です。

6647984171_7b543ccaed_z
by Nouhailler, CC BY-SA
6647988079_dddf8e41a4_z
by Nouhailler, CC BY-SA
施設名:
THERMES DE CONTREXEVILLE
住所:
88 141 CONTREXEVILLE CEDEX
ホームページ:
公式サイト

ヴィシー(VICHY)

第2次世界大戦中のヴィシー政権で知られる町、ヴィシーにあるVichy Spa Hôtel Les Célestinsは国内有数のスパ・リゾートで、ナポレオン三世公園内にある快適なホテルと、多様な健康・美容プログラムを備えたスパが特徴です。

4845843999_a40a7a3b41_z
by jean-louis zimmermann, CC BY
4846363358_f47284fff7_z
by jean-louis zimmermann, CC BY

スパのプログラムの一例として、痩身、デトックス、ストレス解消、アンチエイジング、活力向上、腰痛対策、更年期症状の緩和、健康チェック、禁煙、そしてなんと、禁デジタル(インターネット中毒のリハビリ)なんてものまで用意されています。ほとんどは3日間コースのため、時間のない人にもお勧めです。

Le Celestins Vichy Spa Hôtel, Foursquare.com
Le Celestins Vichy Spa Hôtel, Foursquare.com
施設名:
Vichy Spa Hôtel Les Célestins
住所:
111 boulevard des Etats-Unis 03200 VICHY – FRANCE
ホームページ:
公式サイト

アヴェンヌ(Avène)

ナチュラル志向の化粧品ブランドとして有名なAvèneですが、フランス南西部にあるその水源は皮膚病治療専門のセンターとなっており、各地からアトピー、火傷、癌などの患者が訪れます。もちろん一般にも開放されており、各種スキンケアのコースが用意されています。

partir-magazine.com

併設の宿泊施設はありませんが、同じ村の中にあるHôtel Val d’Orb ***やLa Résidence des Thermes **といったホテルに滞在できます。山に囲まれた小さな村ですが、大自然を満喫でき、そこにいるだけでも癒されること間違いなしです。

施設名:
Les Thermes d’Avène
住所:
Les Bains d’Avène 34 260 AVENE
ホームページ:
公式サイト

アクス・レ・テルム(Ax les thermes)

日本人はもとよりフランス人でもこの温泉地をご存知の方は少ないと思います。こちらをお勧めする理由はズバリ、「天然温泉+スノースポーツ」が楽しめる貴重なリゾートだからです。ピレネー山脈の東、アンドラ公国との国境近く、Ax 3 Domainesという全長80km、36コースを備えた大きなスキー場のある村です。

Ax 3 Domaines, Foursquare.com

村の中心部には3000m²もの温泉ランドがあり、日本の温泉のように大浴場、ジャグジー、滝風呂、サウナなどを楽しむことができます。隣接の宿泊施設Le Grand Tétras ***でも小規模なスパ・サウナが利用できます。スキーと温泉の組み合わせには目が無い方に一押しのリゾートです。

www.ladepeche.fr
www.tourisme-en-regions.fr
施設名:
Les Bains du Couloubret
住所:
Promenade Paul Salette 09110 Ax-les-Thermes
ホームページ:
公式サイト

筆者 : パリのライター

世界を転々とした後、子供の頃から何度も訪れたフランス・パリに落ち着く。在住者として、そして旅行者として、奥深いフランスの魅力を発見し多くの方に伝えることができればと思っています。