> 南仏リュベロン地方に点在する「美しい村」を訪ねて

2015年5月14日

南フランス

南仏リュベロン地方に点在する「美しい村」を訪ねて

by Stylo

© Simon Dannhauer - fotolia

フランスには地域特有の歴史と特産物を活かした都市化しない生活圏が守られています。その中でもとりわけ風光明美で、観光地としても優れた場所が「美しい村」として協会に登録されています。
プロヴァンス地方のなかでもリュベロン(Luberon)エリアにはいくつもの「美しい村」があります。その地域で取れる石材や土を取り込んだ街並みが特徴的で、どの村も自然を大切にした景観が魅力的です。

「赤い村」と呼ばれるルシヨン - Roussillon

電車で入っていくことのできない、南仏プロヴァンス地方のリュベロン山麓。リヨンからTGVで行かれるプロヴァンスの都市アヴィニヨンから出発して、ルシヨンをはじめに各地をめぐるガイド付きのツアーは人気です。

街並み全体がオレンジがかった不思議な空間が、ルシヨンでは日常的な風景。この地域で取れるオークルという赤土を塗り込めた壁が印象的な美しい村です。朝日を浴びた赤土の村は幻想的に浮かび上がります。

10377790555_f1ed25cd8a_z
by decar66, CC BY
12802736905_9f0847811c_z
by Miguel Virkkunen Carvalho, CC BY
住所:
D105, 84220 Roussillon, フランス

天空に浮かぶ「ゴルド」を眺めに - Gordes

リュベロン高原に対峙する城塞が特徴的で、天空に浮かぶような鷹の巣村「ゴルド」。渓谷を進むと、突然視界が開けたように現れるゴルドの景色に誰もが息をのみます。ビュースポットになっているパーキングがあり、夜景も美しく誘われるような灯りに引き寄せられます。

The village of Gordes, in Provence, France.
by levork, CC BY-SA

ゴルドの特徴ともいわれる、はちみつ色と言われる石積みの城壁が美しい城塞は長い歴史の中で幾度も攻防を繰り返しました。今では内部に美術館ができ、訪れる人を迎え入れてくれます。

3560713280_e1ac785e86_z
by jean-louis zimmermann, CC BY

近くにあるセナンク修道院のラベンダー畑も観光スポット。修道院の禁欲的な作りに可愛らしいラベンダー畑がまさに花を添えています。ラベンダー畑もリュベロンエリアを行く旅には欠かせないポイントです。

2343252356_d2d35674aa_z
by pracucci, CC BY
住所:
Rue Saint-Pons, 84220 Gordes, フランス

アートを旅の彩にする「ルールマラン」 - Lourmarin

春から夏にかけて、音楽や芸術のフェスティバルも目白押しのルールマランはリュベロン山麓のおしゃれな村。山地にある村とは趣が違い、緑に囲まれ、のんびりしたメルヘンな雰囲気があります。作家アルベール・カミュが過ごしたこともあり、文化や芸術に愛される町として今もギャラリーが沢山あります。

4871782244_0845032f59_z
by myhsu, CC BY-ND

ルールマラン城は、現在一般公開されていてチェスのルークのような形の塔などが特徴的。中世の雰囲気を感じるお祭りやイベントも行われています。アヴィニョンだけでなくエクサン・プロヴァンスからのツアーも多く、どちらも車で1時間くらいの距離になります。

12910140963_3b147f1e89_z
by decar66, CC BY
住所:
4 Chemin des Vignes, 84160 Lourmarin, フランス

プロヴァンスにある「美しい村」はアクセスが厳しいところも多いので、アヴィニョンやエクサン・プロヴァンスを拠点にゆっくり回るのもいいですね。それぞれの村にカラーがあり、歴史があり味があります。一度は見てみたい絶景がきっと待っています。

筆者 : Stylo

30代女性。ライター歴3年。フランス留学経験あり。パリ、リヨン、ニースなど各都市を周遊。アメリカはシアトル、ポートランド、ハワイに滞在。子連れ海外旅行も増やしたい♪