> 映画に出てくるパリの有名カフェ5選

2015年3月19日

パリ

映画に出てくるパリの有名カフェ5選

by Reiserin

© Zarya Maxim - Fotolia.com

パリ市民にとって、カフェは無くてはならない存在です。それほどまでにカフェ文化の浸透するパリ、映画の中にも日常の場として頻繁にカフェが登場します。数々の名画を通じて、世界中に名を知ら示したカフェも数多くあります。そこで、古い映画から近代の映画まで、劇中に出てくる、魅力溢れるパリのカフェ情報をみなさんにお届けしたいと思います。

『ビフォア・サンセット』 ル・ピュア・カフェ(Le Pure Café)

ウィーンで出会ったアメリカ人男性とフランス人女性の1日だけの恋を描いた、イーサン・ホーク主演の「ビフォア・サンライズ恋人までの距離」の続編『ビフォア・サンセット』。続編では、2人が9年後にパリで再会するという設定です。

From Amazon

ここ最近のパリを舞台にした映画の中ではダントツの人気です!その劇中に出てくるのが、バスチーユ地区にある「ル・ピュア・カフェ」。この映画で「ル・ピュア・カフェ」の名は世界中で一気に有名になりました。そこら中にありそうな、パリではごく普通の店構えなカフェ、そこがまた魅力でもあります。

Le Pure Café, Foursquare.com
Le Pure Café, Foursquare.com

スイーツも軽食も充実したカフェです。ミーハー心を抱いて、スイーツと共にコーヒーを嗜んだり、ランチをしに行ってはいかがでしょうか?きっとパリっ子気分を味わえますよ!

Le Pure Café, Foursquare.com
名称:
Le Pure Café
住所:
14 rue Jean Macé, 75011 パリ, フランス共和国
TEL:
+33 1 43 71 47 22
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

『猫が行方不明』 ポーズ・カフェ(Pause Café)

セドリック・クラピッシュ監督作品『猫が行方不明』(1996年)。パリに住む主人公クロエがヴァカンスへ行っている間に、消えてしまった飼猫グリグリを探すことを通して複雑かつ滑稽に様々な人との交わり合いを描いた作品。

From Amazon

その劇中に登場するカフェが、パスチーユ地区にある「ポーズ・カフェ」です。ブルジョワ・ボエミアン(おしゃれの元祖!)が集っていたカフェとしても有名です。

Pause Café, Foursquare.com
Pause Café, Foursquare.com

現在は、新鋭のアーティストらのブティックやビストロなどで活気付くシャロンヌ通りにあるります。ポーズカフェは、食事の評判がとても良く、お茶や食事をしに来るオシャレな地元民で常に一杯です。値段もお手頃なのがとても嬉しい!

Pause Café, Foursquare.com
Pause Café, Foursquare.com
名称:
Pause Café
住所:
41 rue de Charonne, 75011 パリ, フランス共和国
TEL:
+33 1 48 06 80 33
ホームページ:
Foursquare.com

『勝手にしやがれ』 ル・セレクト(Le Seléct)

フランスが誇るフランスの監督ジャン=リュック・ゴダール作品で、これぞヌーベルバーグの大傑作とされてる、名画『『勝手にしやがれ』(1959年)。

From Amazon

その劇中で、ベリーショートヘアーがチャーミングなヒロイン、パトリシアがお茶をするシーンや、チンピラミシェルがキャデラックをこのカフェの前に停めるシーンなどで使われた老舗カフェ「ル・セレクト」。モンパルナスの老舗カフェが密集する一角にあります。

Le Select, Foursquare.com
Le Select, Foursquare.com

朝食メニューが、パリでは珍しく充実しているのが嬉しい所!クロワッサン、バゲット、(バター付き)搾りたてのオレンジジュース、ホットドリンク(コーヒー、ホットチョコレートなど)とボリューム満点!

Le Select, Foursquare.com

ピカソ、マティス、モジリアーニ、コクトー、ヘミングウェイ等の、誰もが知る著名人が通ったことでも有名です。またこの界隈には映画館が数多くあり、映画好きや映画関係者が集うカフェでもあります。

Le Select, Foursquare.com
名称:
Le Select
住所:
99 boulevard du Montparnasse, 75006 パリ, フランス共和国
TEL:
+33 1 45 48 38 24
ホームページ:
Foursquare.com

『アメリ』 カフェ・デ・ドゥ・ムーラン(Café du 2 Moulin)

女の子なら誰しもこの映画を通じてパリに夢を抱いたジャン=ピエール・ジュネ監督の大ヒット作品『アメリ』(2001年)。

From Amazon

一風変わった空想大好きな主人公アメリがウェイトレスとして働くカフェとして、一躍その名を有名にした「カフェ・ドゥ・ムーラン」。

Café des Deux Moulins, Foursquare.com
Café des Deux Moulins, Foursquare.com

パリの下町、モンマルトルの一角にある、庶民的なごく普通のカフェ。その普通っぽさが、観光スポットの喧騒の中にあるカフェとは一味違う魅力を放っています。劇中でアメリが食べるクリームブリュレはとっても美味!軽食も摂れます。

Café des Deux Moulins, Foursquare.com
Café des Deux Moulins, Foursquare.com
名称:
Café des Deux Moulins
住所:
15 rue Lepic, 75018 パリ, フランス共和国
TEL:
+33 1 42 54 90 50
ホームページ:
Foursquare.com

『7時のランデブー』 ダーム・タルティーヌ(Dame Tartine)

フランス映画を代表する大巨匠、エリックロメール監督の、パリに住む男女の恋愛をテーマに3 つのストーリーを描いたオムニバス作品『パリのランデブー』(1995年)。

From Amazon

「ダーム・タルティーヌ」は、その第1話『7時のランデブー』のラストシーンに登場するカフェです。パリ市庁舎や、ポンピドゥーセンターにほど近いマレ地区の賑やかな界隈にあり、オシャレなパリジャンが集って来る場所です。

Dame Tartine, Foursquare.com
Dame Tartine, Foursquare.com

甘いパンケーキやタルトなど、手作りスイーツが美味です。また軽食も充実しており、ボリュームのあるサラダやクロックミュなどを楽しめます。外の席に座ってゆったりと素敵なパリジャン、パリジェンヌ観察はいかがですか?

Dame Tartine, Foursquare.com
Dame Tartine, Foursquare.com



名称:
Dame Tartine
住所:
2 Rue Brisemiche, 75004 パリ, フランス共和国
TEL:
+33 1 42 77 32 22
ホームページ:
Foursquare.com

おわりに...

かつて著名人がこぞって集っていた老舗の有名カフェから、おシャレなパリっ子が好んで来るカフェ、ごく普通の庶民派カフェまで、カフェを通じて様々なパリの表情を垣間見ることができます。ですので、映画好きにはもちろんのこと、そうでない人でも十二分に楽しめるはずです。パリに行った際はぜひこれらのカフェを訪問してみてください!

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。