> テットドール公園 – 人形劇や動物園、リヨンのほっこりスポット

2015年10月18日

リヨン

テットドール公園 – 人形劇や動物園、リヨンのほっこりスポット

by Stylo

© Stefber - Fotolia.com

大都市リヨンの癒しの場、テットドール公園

フランス第二の都市といえばリヨン。文化面でも、産業においてもフランスを語るうえでは外せない大都市です。しかし、ローヌ川とソーヌ川、二本の大河が流れるなかでゆったりとした水都の風情も感じられます。

14146059628_4504804bf9_z
by Connie Ma, used under CC BY-SA

時に殺伐としたパリよりも、暮らしやすいともいわれるリヨンで一番癒される場所はテットドール公園です。広大な敷地の中には湖があり、水の都の表情をまた一つ見せてくれます。さらに、無料の動物園やポニー乗り場、野外人形劇場、ボート遊びや汽車でも遊べる休日に子どもを連れて行ってあげたい最高の場所。

14384504147_057943de3f_z
by Connie Ma, used under CC BY-SA
14567601671_40c0c4439f_z
by Connie Ma, used under CC BY-SA
14381249910_9c75a2dc8a_z
by Connie Ma, used under CC BY-SA

自然を愛し、生活を愛するフランスらしい何度行っても心が癒されるおススメの場所です。

ギニョルに出会う休日野外劇場

リヨンには古くはイタリアから伝わったといわれる人形劇が根付いています。「ギニョル」という役人が正義の行いをしていく活劇で大人も子供も大好きというご当地キャラクターのような感じです。

9511787844_cd640c579d_k
by patrick janicek, used under CC BY
4894781236_88261aacfa_z
by Thomas sauzedde, used under CC BY

旧市街に劇場がありますが、このテットドールでも休日はギニョルを見ることができます。公園の一角に長椅子と小さな人形劇場があり子供たちが興奮しながらギニョルのお話に夢中になって声をかけている姿が微笑ましい空間です。

言葉がわからなくても世界共通で笑えるのは、ギニョルのストーリーに公平な精神があらわされているからでしょう。リヨンが市民中心で作られた街という歴史が関わっています。

超巨大なバラ園で美しいバラに囲まれる

リヨンは産業の発展とともに大きくなったため、市民の力が強く、革命時も徹底して権力と戦った場所です。絹織物で栄え、マリーアントワネットのドレスやナポレオンの衣装も多く手掛けていました。華やかなパリの舞台を支えた職人の街でもあります。

14567660741_7aa6fc12ce_z
by Connie Ma, used under CC BY-SA
14330775522_70bfd9711f_z
by Connie Ma, used under CC BY-SA
14330016736_d11b703b2e_z
by Connie Ma, used under CC BY-SA

華やかといえば、バラ産業もさかんで、テットドール公園のバラ園は300種類以上の品種が見られます。5ヘクタールもあるのだから驚き。19世紀後半からバラの育成品種改良などに力を入れてきたことから「バラの都」の称号も。5月には、見事に咲き誇るバラたちに囲まれて、幸せそうなウェディングフォトをとる人の姿も見られます。一度はリヨンでフランス随一のバラの季節を味わってみるのもいいですね。

筆者 : Stylo

30代女性。ライター歴3年。フランス留学経験あり。パリ、リヨン、ニースなど各都市を周遊。アメリカはシアトル、ポートランド、ハワイに滞在。子連れ海外旅行も増やしたい♪