> 日帰り又は一泊で行く、リヨン周辺オススメ観光の町

2015年1月21日

リヨン

日帰り又は一泊で行く、リヨン周辺オススメ観光の町

by café gourmand

© Geppe - Fotolia.com

フランス第二の都市、リヨン周辺には見所のある町がいくつかあります。山に囲まれたこの地方ならではのスポットや、歴史の面影を残す町、はたまた一人の風変わりな男の作品が名物となっている町等。今回はリヨンから日帰り又は一泊で行ける、リヨン周辺のお勧めスポットを紹介致します。

中世の面影を残す町、ペルージュ

「フランスの最も美しい村」にも登録されている、中世の城砦都市です。一説によると、ローマ時代にイタリアのペルージャから移住してきた人々がここに住み着いたのが始まりと言われています。

9603092417_4efc87f3b1_z
by stupiddream, CC BY-ND

リヨンから約35kmという近さにも関わらず、城砦をくぐるとそこには中世の面影を残す石畳の町が広がっています。町全体は2時間もあれば一周出来てしまう程の大きさですが、歴史的価値のある建築物が点在しており、それらが作り出す町の景観はまるで中世にタイムスリップしたかのような感覚にさせられます。

7549027388_68976de3b9_z
by Ana _Rey, CC BY-SA
7549035402_25e8883aa1_z
by Ana _Rey, CC BY-SA
英名:
Perouges

フランスのガウディ?郵便屋シュバルの理想宮が残るオートリーブ

オートリーブの町には奇妙な建築物があります。それがこの町を有名にしている「シュバルの理想宮」です。19世紀にこの地で郵便配達を仕事としていたシュバルはある日、配達中に蹴躓いた石にインスピレーションを受け、以後石を拾っては自らの理想とする宮殿を33年かけてたった一人で作り上げました。

5497822324_21cccf8beb_z
by fred_v, CC BY

出来あがった宮殿は、あまりにも独創的で当時の人々には理解されませんでしたが、後にその芸術的価値が認められ世界中からこの奇妙な建築物を見に来る人が訪れています。

3405282724_5327d6120f_z
by Misterdi, CC BY-SA
英名:
Hauterives

古代と中世の足跡が残る町、ヴィエンヌ

オーストリアの首都ウィーンのフランス語名と同じ名前ですが、こちらはローヌ河沿いの交通の要所として古代ローマ時代から栄えた町です。完全な状態ではないものの、ローマ時代の神殿、劇場、浴場等が今でも残っています。

640px-HoteldeVilleVienne
Wikipedia Public Domain

中でも必見なのが、オーギュスト・エ・ド・リヴィ神殿です。ヴィエンヌがかつてローマ帝国の一部であった頃の繁栄を窺わせます。

Temple d’Auguste et de Livie, Foursquare.com

また、12世紀から16世紀に渡って建設されたサン・モーリス大聖堂は、そのファサードの装飾が素晴らしく見逃せない場所となっています。

Cathédrale Saint-Maurice, Foursquare.com
Cathédrale Saint-Maurice, Foursquare.com
英名:
Vienne

湖のほとりに広がる町、アヌシー

ヨーロッパ一透明度の高い湖として知られるアヌシー湖のほとりに広がる町です。湖から引かれた運河が旧市街を走り、運河と湖には白鳥の優雅な姿が見られます。

9380998371_69e190c387_z
by jean-louis zimmermann, CC BY

運河に浮かぶ小島のようなパレ・ド・リルはかつてここが牢獄として使われていたとは思えない程の愛らしさで、アヌシー一の写真スポットとなっています。

13878026023_ae029f52f9_z
by kBandara, CC BY
13901225475_edb8dc1f4c_z-2
by kBandara, CC BY

アルプス山脈に囲まれている為、山岳スポーツも盛んで、夏には晴れ渡った空に、色とりどりのパラグライダーが多数浮かぶ光景が見られます。

9459262980_c02f0a7e1a_z
by Jean Bal, CC BY-ND
英名:
Annecy

巡礼の町、ル・ピュイ=アン=ヴレ

世界遺産にも登録されている、「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」に含まれている町です。スペインのサンティアゴまで至るいくつかの巡礼路の内の一本の出発点がここになります。

14328980302_1afd12a08e_z
by Max In Pics, CC BY-SA

この辺りは火山地帯に位置しており、ノートルダム大聖堂は死火山の中腹に、その頂には18メートルの聖母マリア像、又別の岩山の頂にはサン・ミシェル・デギュイユ礼拝堂、と見所の全てが高い場所にあるので足も自然と鍛えられます。けれども岩の上に張りつく宗教建築物の姿はここならではの絶景です。

253617954_100055126d_z
by jean-louis zimmermann, CC BY
9433372137_b90a7a966b_z
by Konrad Hädener, CC BY
14144078428_218a8963df_z
by Max In Pics, CC BY-SA
英名:
Le Puy-en-Velay

筆者 : café gourmand

初めてのヨーロッパ旅行でフランスの魅力にはまる。その後フランス語を勉強し始め、留学を経て、1〜2年に一度のペースでフランスへ。有名観光地も好きだけれども、地方の小さな町、村を散策するのがお気に入り。現在はフランス地方都市在住。