> イギリス、ロンドンから日帰りで訪れたい素敵な街4選

2015年6月15日

ロンドン

イギリス、ロンドンから日帰りで訪れたい素敵な街4選

by Pinkpeony

© Helen Hotson - Fotolia.com

せっかくのイギリス旅行、ロンドン以外も色々と見てみたいけれど、ホテルを移動するのは意外と大変なもの。そこで、ロンドンから日帰りで訪れることのできる街を集めてみました。どちらの街も国鉄(National Rail)でロンドンのターミナル駅から1~2時間。緩やかに広がる丘陵地帯で草をはむ羊などの田園風景も車窓から楽しむことができます。

バース Bath

ロンドンパディントン駅から約1時間半、温泉の語源になったことでも知られる街、バース。現在の街並みは18世紀に作られ、バース石と呼ばれる蜂蜜色の石材で建てられた街自体が世界遺産に登録されています。観光の中心はバース・アビーやローマン・バス、ロイヤルクレッセントですが、ほぼ1キロ四方内に収まっており徒歩で観光することも可能、カフェや雑貨店なども多くふらっと町歩きが楽しめます。

Bath City Skyine
© antbphotos – Fotolia.com

「サリー・ランズ(Sally Lunn’s)」というティーハウスで作られるサリー・ラン・バンというブリオッシュ生地の丸くふっくらしたパンはランチやおやつにぴったり。

4429865482_cb287cbd31_z
by NH53, CC BY
Sally Lunn’s Historic Eating House & Museum, Foursquare.com
名称:
Sally Lunn’s Historic Eating House & Museum
住所:
4 N Parade, バース, バース・アンド・ノース・イースト・サマセット, BA1 1LF, イギリス
TEL:
+44 1225 461634
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

また、「サーメ・バース・スパ(Thermae Bath Spa)」というイギリス唯一の温泉スパ施設は2時間から利用でき、マッサージやランチも楽しめます。お湯の温度は低めでプールのような感じですが、ゆっくり入って癒されるのがヨーロッパ式。ミストサウナやマッサージルームもあり、屋上の露天風呂からはバースの街並みを一望できるおすすめスポットです。

Thermae Bath Spa, Foursquare.com
4482595883_53c00da7ca_z
by profernity, CC BY
名称:
Thermae Bath Spa
住所:
6-8 Hot Bath St, Bath, North Somerset, BA1 1SJ, イギリス
TEL:
+44 844 888 0844
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

ブライトン Brighton

こちらはイギリス南部方面への始発駅、ロンドンヴィクトリア駅から電車で約1時間で着く港町。日本で例えるならば湘南でしょうか。ビーチ沿いには遊歩道が続き、ブライトン・ピアの観覧車やジェットコースターが週末リゾートの雰囲気を醸し出します。古くから上流階級の人々が集まる別荘地としてにぎわっていましたが、今ではクラブやバーも多く、若者も集まる活気のある街です。ブライトンにきたらぜひランチは魚料理を。海沿いにホテルやシーフードレストランがあるほか、街の中心ノースストリート沿い中心にレストランやショップが集中しています。また、語学学校が多く多国籍な客層を意識してか、イギリスの地方都市にしては日本食のお店が多いので、洋食に飽きてきた方は探してみて下さい。毎年5月に開催されるブライトン・フェスティバルはイギリス最大規模の芸術祭で、クラシックミュージカルからコンテンポラリーダンス、アート、映画など幅広いジャンルが楽しめます。

9675318481_08b858ab95_z
by Bev Goodwin, CC BY
9625270452_7267809955_z
by Bev Goodwin, CC BY
名称:
Brighton Pier
住所:
Madeira Dr, ブライトン, Brighton and Hove, BN2 1TW, イギリス
TEL:
+44 1273 609361
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

ライ Rye

イギリスで最も美しい街の一つとしてあげられるアンティークの街、ライ。ロンドンからはチャリングクロス駅またはセントパンクラス駅から、途中ヘイスティングスまたはアシュフォードを経由して1~2時間で到着です。こちらライは時が止まってしまったような、古き良きイギリスらしさを感じさせてくれる美しい街。丘の上の教会や石畳の路地、レンガ造りの建物など、どこも絵になる風景です。ハイ・ストリート近くにはアンティークショップや雑貨店が軒を連ね、銀食器やキッチンアイテムなどクラシックでロマンティックな雰囲気のグッズもたくさん。街自体は数時間で歩き回れる規模なので、ゆっくりお気に入りを探してみては。また町歩きにぴったりなカフェもたくさん、アンティークの家具が素敵なカフェやオーガニックデリなど、どのお店もセンスが良く、のんびりした時間が過ごせます。

5154168070_0f0f630920_z
by Shane Global Language Centres, CC BY
Beautiful Cobbled Street
© Helen Hotson – Fotolia.com
名称:
Rye
住所:
Brighton, Brighton, イギリス
ホームページ:
Foursquare.com

オックスフォード Oxford

学問の街オックスフォードは世界中から学生が集まる学園都市。オックスフォード大学は39ものカレッジに分かれており、寮生活を基本として学生と教職員が寝食を共にし学んでいますが、オックスフォードの街はそのカレッジの集合体という感じの不思議な街並みになっています。外部に開放されているカレッジの中で有名なのは、常設としては最古のマートンカレッジやクライストチャーチカレッジ。クライストチャーチカレッジでは映画ハリー・ポッターの魔法学校、ホグワーツの大食堂のモデルとなったグレート・ホールと呼ばれる食堂を見学することもできます。いずれのカレッジも現役で使用されているため、見学の際は当日の開館時間のチェックをおこたりなく。また学生が集まるパブも点在しており、つかのまの学生気分を味わうことができるかも? ロンドンパディントン駅から約1時間半で訪れることができます。

クライストチャーチ
© kasiati2012 – Fotolia.com
Christ Church's great hall
© LevT – Fotolia.com
St. Mary Church
© LevT – Fotolia.com
名称:
Oxford
住所:
Oxfordshire, Oxfordshire, イギリス
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

いずれも特徴のある街4つを集めてみましたが、いかがでしょうか。ロンドンとは異なるゆったりとした時間の流れの中で、イギリスらしさを感じることができるかと思います。

筆者 : Pinkpeony

海外在住通算7年目、現在は夫、二人の子どもと共にロンドンに住んでいます。海外旅行、特にビーチリゾートが大好きで、次はどのリゾートへ行こうかと一年中リサーチしています。