> ロンドンで買いたいクリスマス「お土産」5選

2015年12月3日

ロンドン

ロンドンで買いたいクリスマス「お土産」5選

by Pinkpeony

もうすぐクリスマス、ヨーロッパでもイルミネーションや各種イベント、パーティーなど、一年でいちばん街が華やぐ季節です。ここロンドンでも、デパートでは9月頃からクリスマスコーナーが設置され可愛い小物やお菓子が売られています。今回は、この季節ならではの素敵なロンドン土産を紹介してみたいと思います。

クリスマスオーナメント

6214116853_a0ff71ca8e_z
by Ambernectar 13, CC BY-ND

やはりここはヨーロッパ、クリスマスの装飾には気合が入るのか、ガラス、金属、布、プラスチックなど素材もたくさん。大きな売場では色やテーマ別にオーナメントが分かれていたりしてきっとどれを買おうか悩んでしまうでしょう。

3142380206_4ee71c5ae9_o
by TheSeafarer, CC BY-ND

まずお土産としてお勧めしたいのが、ロンドンモチーフのクリスマスツリーオーナメント。ビッグベンや赤い二階建てバスはもちろん、女王モチーフやユニオンジャックなどロンドンモチーフは大変人気で様々な種類が売られています。

8225857192_5d0821ee31_z
by axmai, CC BY-SA

赤ベースのモチーフが多いので、ツリーに飾るととても栄えますよ。各地のクリスマスマーケット、ハロッズやフォートナムメイソン、リバティなどの有名デパートのほか、バッキンガム宮殿やロンドン塔などに併設されたお土産店でも購入することができます。

1414466470_18c34ca351_z
by Olivier Bruchez, CC BY-SA

最近は、布地に繊細な刺繍がなされたタイプの飾りも人気。持ち歩きも簡単で、お土産にぴったりです。観光スポットごとに買い集めると素敵なコレクションになりそうですね。

5026359896_ee52064223_z
by Ambernectar 13, CC BY-ND

クリスマスクラッカー

4314113338_0a45448a16_z
by allispossible.org.uk, CC BY

日本でもパーティーに音や紙吹雪の出るクラッカーは欠かせませんが、イギリスのクリスマスクラッカーは少しそれとは違う、独特のもの。紙の筒を大きなキャンディー型に形作ったもので、それをクリスマスランチのお皿に置いておき、食事の前に皆で引っ張って鳴らします。

4200643906_c9c3bb51e9_z
by Sparkly Kate, CC BY

中には小さなプレゼントとジョークやことわざを書いた紙のほかに紙の王冠が入っていて、その王冠を皆でかぶってランチを楽しみます。クリスマス近くになると色々なお店やデパートでクリスマスクラッカーを見かけますが、値段も様々、中身も様々で、数百ポンドする銀製品入りのものから数ポンドで買える子供向けのおもちゃ入りのものまであります。

11259275266_b1663a0e1d_z
by betsyweber, CC BY

クリスマスのテーブルを美しく、楽しく飾ってくれますので、ぜひ持ち帰ってイギリス気分でクリスマスを迎えてはいかがでしょうか。なお、イギリスのクラッカーには火薬入りのものと火薬無しのものがありますので、飛行機で持ち帰る際にはお確かめのうえ、火薬無しのものをお持ち帰りください。

2682700150_61b299c893_z
by darastar, CC BY

ミンスパイ

5294716145_eae7120590_z
by nicksarebi, CC BY

イギリスでクリスマス時期に皆が食べるお菓子といえばミンスパイ。ミンスミートといわれる、ドライフルーツやナッツ、スパイス類を刻んで熟成させた具を、ショートクラストというさくさくのクッキー生地に包んで焼いたお菓子です。

4185218635_d9235fee67_z
by jenly, CC BY-SA

昔はその具に挽き肉を使っていたことから、ミンスミートと呼ばれるようになったとか。クリスマスからの十二夜(一月六日まで)の間にミンスパイを一日一個ずつ食べると幸せが訪れる、という言い伝えがありますが、イギリス人は待ちきれないようで12月になると至る所でミンスパイを食べています。

4170039770_019e274cdd_z
by Tamsin Slater, CC BY-SA

カフェやお菓子屋さんはもちろん、スーパーマーケットでもパッケージ入りのものが手に入り、日持ちもしますので、お土産にぜひ。

クリスマスプティング

11615171525_966b61140a_z
by infomatique, CC BY-SA

もう一つ、イギリスのクリスマスに欠かせないものがクリスマスプティング。イギリス映画やドラマにはよく登場しますが、日本ではなかなかお目にかからないのではないでしょうか。プティングといってもプリンとは全く違う食感で、こちらもドライフルーツやナッツなどを砂糖、ブランデーとともに蒸し固めたもの。

11554673844_bc4b6f475c_z
by James E. Petts, CC BY-SA

熟成させたあとクリスマスには再び過熱して、ブランデーでフランベして食べるので、エンターテイメント性もたっぷり。日本のクリスマスケーキとはだいぶ種類が違いかなり甘くて重い食感のお菓子ですが、一つ持ち帰って皆で食べてみてはいかがでしょうか。

アドベントカレンダー

15133730409_41e8326b93_z
by stardust_kay, CC BY-ND

日本でもおなじみのアドベントカレンダー。お菓子やおもちゃの入った小窓をクリスマスまでの毎日、一つずつ開けていくカレンダーです。

8961746175_5b78ed49ab_z
by LittleStuff.me, CC BY

最近はチョコレートの入ったものが定番となっていますが、カードながらとても美しい絵を開けていくもの、木製で中身を入れ替えることで永久に使えるもの、リバティー百貨店が毎年販売している化粧品のカレンダーなど、様々な種類があります。ナショナルギャラリーなどの美術館では毎日一つずつ名画の描かれた小窓を開けていくカードもあり、クリスマスが終わっても飾りとして楽しめそうです。

11538051313_0682e6e93e_z
by CarbonNYC [in SF!], CC BY

いかがでしたか? クリスマス商品はデザインも良いものが多く、きっと誰でもお気に入りのデザインが見つかることと思います。クリスマスオーナメントなどは一年中取扱いのあるデパートやお店も多数ありますので、ぜひロンドンにいらした際にはチェックしてみてくださいね。

筆者 : Pinkpeony

海外在住通算7年目、現在は夫、二人の子どもと共にロンドンに住んでいます。海外旅行、特にビーチリゾートが大好きで、次はどのリゾートへ行こうかと一年中リサーチしています。