> 無料でこんなに楽しめる!ロンドンの観光スポット

2016年8月31日

ロンドン

無料でこんなに楽しめる!ロンドンの観光スポット

by fishandtips

ロンドンには名だたる観光名所が目白押し、せっかく訪れたらどこも訪れてみたくなりますが、入場料が15~20ポンドくらいすることもままあり、全て回りきるにはかなりの予算が必要。しかし、実はロンドンの施設には無料公開されているものも多いので、場所を選べばお金をかけずに十分楽しむこともできるのです! 今回は、そんな無料観光スポットを集めてみました。

1. 大英博物館

ロゼッタストーンやミイラなど、世界各地から集めた貴重な展示物をなんと800万点も有する大英博物館。エジプト関連を中心にいつも観光客でごった返しているイメージですが、その展示の幅広さから地元の方にも人気のある博物館です。

The Great Court in the British Museum
by Andrew Stawarz, CC BY-ND

入場料は無料ですが、屋内がとにかく広いので、5ポンド支払ってセルフオーディオツアーに参加するのも理解が深まりおすすめです。

2. ナショナルギャラリー

ライオンの像が有名な、トラファルガースクエアにそびえるナショナルギャラリー。

938558826_cfe9ac1148_z
by rudolf_schuba, CC BY

ミケランジェロ、ゴッホ、フェルメール、モネなど、誰もが知る画家の作品をこれでもかと集めた美術館ですが、こちらもなんと無料。入場者は多いものの、館内も広いのでそこまで混雑しているイメージはありません。

3. テート・ブリテン

3. テート・ブリテン
by morebyless, CC BY

ナショナルギャラリーのイギリス美術専門の分館として1897年に開館したのがこのテート・ブリテン。

14112480777_94966bc60f_z
by stusmith_uk, CC BY-ND

現在でもターナーやウィリアム・ブレイクなど1500年代以降のイギリス美術を時代順に展示しています。ナショナルギャラリーよりも通りすがりの観光客が少なく、落ち着いた雰囲気。

4. テート・モダン

テート・ブリテンから1900年代以降の現代美術部門が独立してできたのが、このテート・モダン。イギリスに限らず国際的な現代美術を蒐集しており、ピカソ、マティスなど著名な作家から、なかなか他ではお目にかかれない作家の作品まで、テーマごとにうまく展示されています。発電所を改装した建物自体も見どころの一つ。

287690429_205820b237_z
by simonsimages, CC BY

また、レストラン「The Kitchen and Bar at Tate Modern」はガラス張りの窓からテムズ川越しにセントポール寺院を望め、ここでのランチを目的にしてもいいほど! 昼も夜もロンドンらしい絶景が楽しめます。

5. ウォレス・コレクション

5. ウォレス・コレクション
by Simopala, CC BY-ND

ナショナルギャラリーやテートとは異なり規模が小さいものの、貴族で美術蒐集家であったウォレス氏の遺志により無料公開されているウォレス・コレクション。

14590508175_dc99c12281_z
by Simopala, CC BY-ND

上品な絵画や家具、立派な武器のコレクションが、都心にたたずむ瀟洒な邸宅に展示されています。場所もロンドン一の繁華街オックスフォード・ストリートに近く、お買いものの途中でふらっと立ち寄りやすいのも魅力。

6. テンプル教会

世界史を習った方なら、「テンプル騎士団」という名前を覚えているでしょうか。中世十字軍の時代に設立された、軍事力を備えた修道会のひとつですが、そのイングランド本部があった場所がこのテンプル教会です。映画「ダヴィンチ・コード」でも取り上げられていました。

3953366216_dd19c501d2_z
by Ben Sutherland, CC BY

円形の礼拝堂を中心とした教会自体も見ごたえがあるのですが、教会の周りの門で囲まれた町が、ロンドンの中心にありながら未だ中世の雰囲気を残した街も、自分の足で歩いてみる価値あり! もちろん現役の教会ですので、敬意をもって観光してくださいね。

7. スカイガーデン

2015年にオープンした最新無料スポット、スカイガーデン。名前の通り150メートルの高さにあり360度ロンドンの街を見渡せるという、ビル内の空中庭園です。入場は無料なのですが、収容人員が決まっておりホームページで予約が必要。旅行の予定が決まったら忘れずにご予約を! 庭園内にはカフェやレストランもありますよ。

17137917120_1c4c72a0ea_z
by Sean MacEntee, CC BY

もう一つ、ロンドンで展望台といえば、テムズ川向いにとんがりビルで有名な「ザ・シャード」がありますが、こちらの展望台は有料です。

最後に...

いかがでしたか?
物価の高いロンドン、賢くプランを立てて楽しみたいですね。なお、入場無料のギャラリーや博物館の多くは任意の寄付によって成り立っていますので、展示を見て満足されたら相応の寄付をされてはいかがでしょうか。

筆者 : fishandtips

Fish and Tipsでは、海外在住の日本人が現地のオススメ情報を中心に、ホテル・便利アプリ等、次の旅のヒントになる情報を配信しています。