> ロンドン名物!バッキンガム宮殿の衛兵交代式

2015年10月6日

ロンドン

ロンドン名物!バッキンガム宮殿の衛兵交代式

by MUYEAH

© Euqirneto - Fotolia

黒いモコモコが気持ちよさそうなベアスキンの長帽子に真っ赤な制服。ロンドンと言えばこの衛兵を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?この衛兵交代式が行われる場所は、エリザベス女王のロンドンの公邸であり執務の場であるバッキンガム宮殿。バッキンガム宮殿の衛兵交代式を見ずにロンドンは語れません!

バッキンガム宮殿

衛兵交代式が行われるバッキンガム宮殿は、世界でも非常に稀な現在でも実際に機能そして使用されている王宮です。エリザベス女王が滞在中であれば王室旗が、不在であればイギリス国旗が宮殿の屋上に掲げられています。

8892904261_07f8cd683e_z
by oatsy40, CC BY

一年の内に女王がスコットランドで休暇を取られている夏の間だけは一般公開もされていますので、この期間を狙って旅行に行くこともおすすめです。バッキンガム宮殿へは地下鉄のヴィクトリア駅、グリーン・パーク駅、ハイド・パークコーナー駅が最寄駅です。

2775541509_d47138e42b_z
by dbaron, CC BY-SA

Buckingham Palace
http://www.royal.gov.uk/Home.aspx

衛兵交代式

衛兵の任務はずばり女王を守ることです。これから任務に向かう衛兵と任務を終えた衛兵の交代式と、勤務地であるバッキンガム宮殿と宿舎であるウェリントン兵舎の間を行進していくのを見ることができます。そしてあまり知られてはいませんが、実はもう一ヶ所お隣のセント・ジェームス公園北側にあるセント・ジェームス宮殿からも任務を終えた衛兵が合流します。

15614006125_4933bb8c1e_z
by gracewye, CC BY
273288968_725c276157_z
by tammylo, CC BY

衛兵交代式は何時から?

4月から7月の終わりまでは毎日行われるこの交代式。午前11時頃からにウェリントン兵舎とセント・ジェームス宮殿からバッキンガム宮殿に向かっての行進が始まり、メインのバッキンガム宮殿での交代式は午前11時30分からとなります。

5957324636_f862843dbe_z
by photographerglen, CC BY-SA

8月から3月の間は隔日開催、また大雨の日は中止となり、スケジュール詳細はイギリス陸軍によって決定されています。当日はウェブサイトでチェックしてから訪れると確実ですよ。

3805419332_bf6b8847fb_z
by Soroll, CC BY-ND

The Household Division Seven British Army Regiments serving Her Majesty
http://www.householddivision.org.uk/changing-the-guard

どこで見る?

世界中から観光客が集まる都市、それがロンドンです。ですからこの交代式も当然多くの人が一目見ようと集まってきます。遅くても30分前くらいにはバッキンガム宮殿に到着して場所取りをする必要があります。

112696669_e75db7bcaf_z
by jimg944, CC BY

ヴィクトリア女王記念碑辺りは見やすくて良いポイントですが、交代式は宮殿敷地内で行われるのでしっかり見たいという人はフェンスの前に陣取りましょう。ただしここは非常に混み合うので、その覚悟で。

15009985841_d8c3f6707c_z
by byzantiumbooks, CC BY

一番のお楽しみは行進とマーチングバンドの音楽

衛兵達の見事に揃った行進はもちろんとてもかっこいいのですが、その行進曲となるマーチングバンドの音楽がまた素敵!誰もが知っている映画の曲やPOPミュージックなど、王室に仕える衛兵が観光客を楽しませてくれるのはさすがイギリスという感じです。交代式自体よりこちらが目当ての観光客がほとんどなのも頷けます。

3217819904_ba52d705c0_z
by NuriaMT, CC BY
2950435767_66a62a4234_z
by Ginger Beered, CC BY-SA

滞在中に一度は見て欲しい衛兵交代式。衛兵交代式の少し前には騎兵の交代式ホースガースパレードも近くでありますので、少しバタバタしますが一度に楽しむこともできます。まさにイギリスという雰囲気に浸れますので、是非訪れてみて下さいね。

筆者 : MUYEAH

中国に約10年滞在後、ひょんなことからイギリスに辿り着いた日本人。旅行が好きで、時間が見つかれば翌日のチケットを買って旅に出ちゃうこともしばしば。日本のことも大好きだけど、今後の生活拠点はイギリスに落ち着く予定。