> ロンドンの台所「バラマーケット」でのオススメ5選

2016年2月3日

ロンドン

ロンドンの台所「バラマーケット」でのオススメ5選

by Pinkpeony

バラ・マーケット(Borough Market)はロンドン・ブリッジからほど近い場所にあるロンドン屈指の人気食材マーケット。古くは12世紀からこの場所でマーケットが開かれていたようですが、近年のオーガニック志向、ロンドンのグルメタウン化により、人気はさらに急上昇。イギリスのみならずヨーロッパ中の美味しいものが集まるマーケットとなり、ローカルにも観光客にも大人気のスポットとなっています。

今回は数あるお店の中から、お土産や食べ歩きにぴったりの食材やお店を5件、ご紹介します。

1. チーズ

バラマーケットはゆるやかに3つのゾーンに分けられますが、その中でも人気なのがチーズをはじめとする乳製品販売エリア。イギリスのチェダーやフランスのコンテを筆頭に、ヨーロッパ中から集められたチーズが所狭しと並べられています。

2252256497_1e04d4aa9f_z
by HerryLawford, CC BY
16783518169_3fa11e33fd_z
by Catherine Sharman, CC BY

コンテなど人気チーズは12ヶ月・18ヶ月・24ヶ月・36ヶ月と熟成期間が異なるものが売られており、全て試食ができるので、食べ比べるのも楽しいもの。日本でも人気の季節限定、スプーンですくえるとろとろのモンドール(Mont d’Or)はこちらでも大人気、10月~3月ごろは山のように積み上げられて売られています。

8326115428_92d8eaf103_z
by EEPaul, CC BY
3140225587_e5d4b6dd6c_z
by SimonDoggett, CC BY

2. パン

イギリス産のパンはフランス産のものに比べぱっとしない・・・というのが一般的なイメージですが、このバラマーケットで売られているパンはそのイメージとは異なりどれも美味しい!

76940327_8c311eea40_z
by VIc Lic, CC BY
4457924550_c112692da9_z
by HerryLawford, CC BY

オーガニックの小麦粉を使用したものが多く、種類もバゲットやクロワッサンといった定番のパンからデニッシュ、中東系のパンまで多種多様。

18025481072_b8331d0f29_z
by yisris, CC BY

マーケット内で売られているチーズやハムなどを挟むだけで、立派な朝食やランチになりますよ。パンだけでも複数の店舗があり、ワゴンを使った陳列方法もマーケットらしい楽しいものです。

20175514823_edb0e576a8_z
by revolution540, CC BY

3. トリュフオイル

キャビアやフォアグラと並び高級食材といわれるトリュフ。そのトリュフをエクストラバージンオリーブオイルに漬けたトリュフオイルをご存じですか?トリュフには黒トリュフ、白トリュフの二種類があり、オイルも二種類ありますが、秋冬にしか採れない白トリュフの方がより薫り高く貴重なため、人気のよう。

6864151473_aa3afd9466_z
by C John Thompson, CC BY-SA

このオイルを一滴たらすだけで、オムレツやパスタなどシンプルな料理が、高級レストランの味わいに大変身します。トリュフオイルはバラマーケットでも人気の食材で、オイル専門店やクロアチア食材店など取扱い店も複数ありますので、ぜひ試食してお好みのものを見つけてみて。日本ではなかなか手に入らず、瓶もそんなに大きくないのでお土産にも最適です。

2455634657_3f876b3cd0_z
by Merelymel13, CC BY-SA

4. ラクレット

マーケット内には様々なテイクアウェイのお店が並びますが、Kappacaseinという名のこクレット屋台はこんがりチーズが焼ける香りにみな誘われるのかいつも行列しています。

DSC_1986
by eefeewahfah, CC BY-SA

専用の機械を使い、じゃがいもに少し焦げた溶かしチーズ(ラクレット)をかけただけのシンプルな料理ですが、イギリスの甘いじゃがいもにチーズの塩気が良く合い最高の組み合わせに。近くで白ワインも売られていますのでぜひ一緒にどうぞ!

DSC_1985
by eefeewahfah, CC BY-SA

なおこのお料理、通常はスイス産ラクレットを使用していますが、このお店ではオグルシールドOgleshieldというイギリス産チーズを使っているようです。

6455901309_3924a8d332_z
by andy liang, CC BY-SA

Kappacasein:サザーク大聖堂(Southwark Cathedral)ぞいの屋台エリア。なお、サザーク大聖堂の庭は一般客向けに広く開放されており、そのベンチで食べることもできます

5. ペースト・パテ

イギリス人はペーストやパテ類が大好き。ハマス (ヒヨコ豆のペースト) をはじめとして、たらこやわさびを使った変わり種など様々なペーストが売られていますが、ここバラマーケットで売られているペーストはやはりフレッシュでうなってしまう美味しさ。

4793718007_75c9b7b2a3_z
by yosoynuts, CC BY-ND

種類もお店もたくさんありますが、筆者おすすめはPâté Moiというきのこペーストのお店。オーガニックのきのこを中心に、隠し味にお醤油やみそを使用しているようで、これが日本人のツボにはまるのかもしれません。パンやパスタにつけて召し上がれ。

最後に...

この他、屋台だけでもオイスターバーやタイ風焼きそば(パッタイ)、ジャーマンソーセージ、フィッシュアンドチップスなどここに挙げきれないほどのお店が出店しており、お昼時にはびしっとスーツできめたビジネスマンがランチをほおばる姿も。

17717785763_c9c87d841a_z
by Bernt Rostad, CC BY

屋台フードはどこも5ポンド~10ポンド程度で楽しめ、物価の高いロンドンでは貴重なグルメスポット。屋根もあり雨の日でも楽しめますよ。

2426097276_92c577c716_z
by adactio, CC BY

バラ マーケット(Borough Market)
8 Southwark Street, London SE1 1TL, London
最寄り駅 地下鉄・National Rail   London Bridge駅
*地下鉄Northern LineにBorough駅がありますが、London Bridge駅が最寄りです

営業日、時間
水・木 (10時~17時)、金(10時~18時)、土(8時~17時)
※営業時間は店により多少のバラつきあり。治安は悪くない地域ですが、人出が多くスリも多いとの情報あり。小銭を準備し持ち物に用心して行って下さい。

名称:
Borough Market
住所:
Southwark St, ロンドン, Greater London, SE1 1TL, イギリス
TEL:
+44 20 7407 1002
ホームページ:
公式サイト Foursquare.com

筆者 : Pinkpeony

海外在住通算7年目、現在は夫、二人の子どもと共にロンドンに住んでいます。海外旅行、特にビーチリゾートが大好きで、次はどのリゾートへ行こうかと一年中リサーチしています。