> デンマーク人どんなもの食べる?美味しいデンマーク料理 5選

2015年6月29日

デンマーク

デンマーク人どんなもの食べる?美味しいデンマーク料理 5選

by Reiserin

© photosbyehlers - Fotolia.com

今回は、デンマーク料理をみなさんに紹介したいと思います。アンデルセンの童話に始まり、おとぎの国のように可愛らしい家屋が並んでいる印象が強いデンマーク。地理的には、スウェーデンとドイツに挟まれ、平坦な大地と海に囲まれた酪農業の盛んな国です。デンマーク料理の始まりは、主食はジャガイモ、メインは豚肉料理が中心の非常にシンプルなものでしたが、19世紀に入ると、国をお跨いだ物資の流通が盛んになり、スウェーデンやドイツ等の食文化も多く入ってくるようになりました。それ以降、パンや魚介類も多く食されるようになりました。では、早速デンマーク料理を見ていきましょう。

スモーブロー Smørrebrød

いわゆるオープンサンドイッチ。スモーブローの語源は、バター(スモー/Smør)と パン(ブロー/Brød)に由来します。スライスしたライ麦パンの上にバターを塗り、その上に様々な食材を乗せてナイフとフォークで食べるシンプルな料理です。例えば、チーズ、ハム、エビ、スモークサーモン、ニシンの酢漬け、ゆで卵、スクランブルエッグなどをレモンや香草ディル等を添えて美しくトッピングした、バラエティー豊かな料理です。町中を歩けば、スモーブローを店頭に並べたファーストフードのお店を多く見かけます。首都コペンハーゲンなどでは、スモーブロー専門のレストランもあるぐらいです。見た目も色とりどりで楽しく綺麗なので、パーティーのオードブルなどに真似したい一品です。
7996509021_e313f5d8ba_z

by storebukkebruse, CC BY

フレスケスタイ Flæskesteg

デンマーク風ローストポーク。デンマークを代表する料理とされており、特にクリスマスに好んで食されます。豚の背中の部位を皮付きの塊で、オーブンで数時間かけてカリカリになるまで焼きます。それをスライスし、グレーヴィーソースをかけて食べます。皮のクリスピーな食感が食欲を掻き立て、実に美味!紫キャベツの煮込み、茹でたジャガイモ、クランベリーソースをつけ合わせるのが最も一般的です。6132999081_9f194efdab_z

by hepp, CC BY

フリカデラー Flikadeller

いわゆるハンバーグ。豚ひき肉を使用し、玉ねぎのみじん切りや香辛料等を加えて捏ね混ぜ、平たく丸めてフライパンで焼きます。大きめのボウル皿にたくさん盛り付けて食卓の真ん中にドン!と置き、皆で食べるのが主流です。付け合せには茹でたジャガイモやマッシュポテトなどが主流です。先に紹介した、スモーブローのトッピングの定番でもあります。
2223411088_1624f7006d_z

by cyclonebill, CC BY-SA

エープルフラシュク Æbleflæsk

この料理の名は、りんご(エーブル/Æble)と豚肉(フラシュク/flæsk)です。豚バラ肉を1cmほどの厚切りにして表面がカリカリになるまで焼き、りんごのソテーと共に食べます。豚肉の焼き加減は家庭によりお好みで違います。表面がカリッとする程度に焼く家庭や、私たちの知っているいわゆる「カリカリベーコン」ぐらいにまで焼く家庭まで、様々です。78624720_daa76df907_z

by Lars Plougmann, CC BY-SA

エゲケー Æggekage

エゲケーとはデンマーク語でエッグケーキを意味します。見た目は、スペインのトルティージャに似たオムレツのような料理です。溶きほぐした卵に、牛乳を加え、トマト、玉ねぎ、ニシンなどを加え、塩で味付けをしてフライパンで焼きます。ニシンが具材として使用されるのは、いかにもデンマークらしく大変ユニークな料理ですね。3504656299_caebb5b2d2_z

by angermann, CC BY-SA

まとめ

デンマーク人は基本的に、温かい料理を1日3回の食事のうち、夕飯時の1回のみで済ませます。そのため、伝統的なデンマークの温かい料理のレパートリーはあまり豊富とは言えません。しかし、ジャガイモと豚肉を主に使用した、シンプルで家庭的な料理のその殆どは、日本人の口に良く合う料理が多いんですよ!デンマーク旅行の際には、ぜひ積極的にデンマーク料理にチャレンジしてみて下さい。

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。