> 中米ベスト料理5選

2015年7月17日

中米

中米ベスト料理5選

by JSR2012

© Comugnero Silvana - Fotolia.com

日本から遠く離れた中米の国名を挙げろと言われたら、挙げれる方はそんなに多くないでしょう。
そのくらい中米という国は日本人にとってあまりなじみの無い国です。
中米は、メキシコを筆頭に、グアテマラ、ニカラグア、コスタリカ、ホンジュラス、パナマ、そしてキューバやドミニカの島々があります。
では、これらの国では一体どんなものが食べられていて、どんな料理がおすすめなのでしょうか。

ガジョ・ピント(Gallo pinto)

galloとはニワトリの事を指し、pintoは染まったという意味をなすのですが、実は、この食事、お赤飯の様なものなのです。
全くニワトリとは関係ありません。フリホール(小豆)という豆と一緒に炊いたご飯で、色はお赤飯そのものです。
中米は米を主食とする国が多いので、このgallo pintoはメキシコ以外の中米国、ほとんどで食べることができます。
特に、キューバ人はこれをよく食べていて、料理を頼んだら何にでもついてくるほどです。
ちなみにメキシコはトマトと一緒にご飯を炊くアロス・ロホ(arroz rojo)が主食ではなく、おかず的な感じで使われています。

4956213915_dc339050ea_z
by Lablascovegmenu, CC BY
16214202227_e0940d53c4_z
by melawnduh, CC BY

ププサ(Pupusa)

名前がかわいらしいエルサルバドールの料理です。
これは、トルティージャのマサ(トウモロコシと粉をこね合わせたもの)の間に豚肉の皮(チチャロン)を入れて丸い形にして焼いたものです。
どら焼きをつぶしたものを想像していただければいいでしょう。大体、これは道端でおばちゃんたちが手作りしてくれてその場で焼いてくれるものです。
お腹が弱い人はちゃんとしたお店で食べることをお勧めしますが、スナック感覚で食べれて美味しいです。
ちなみに、メキシコはこれを揚げた状態のものもあり、ゴルディータ(Gordita)と呼ばれるものがあります。これもものすごくおいしいです。

394720278_1872e3ea66_z
by René Mayorga, CC BY-SA
6273123637_121106d036_z
by BrandontheMandon, CC BY

コチニータ(Cochinita)

コチニータとは豚を意味する言葉です。つまり、料理の際は豚肉の意味となります。
中米では肉を多く使うのですが、特に豚肉はよく蒸し料理として使用されます。
ニカラグアでコチニータというと、オイルやチリ、それに果物などと一緒に蒸した料理のことを指します。
豚肉は裂かれているので、トルティージャに包んで食べるのが一般的です。
これも、日本にはない味ですが、日本人になじみやすい味なので、結構食べれると思いますよ。
ここにサルサをかけて食べたりすると、また違った味になって、益々コチニータが進みます。

1154885208_4d12766b87_z
by Jen SFO-BCN, CC BY
4708496812_e2a5e26922_z
by Noonch, CC BY

セビチェ(Ceviche)

中米は海に囲まれている国ばかりです。メキシコをはじめパナマやコスタリカもそうです。
それらの国でよく食べられているのがセビチェです。簡単に言うとシーフードカクテルで、グラスの中に海老などが入ってきて、そこにレモンやケチャップをかけて食べます。
それぞれの国によって多少は食べ方が異なるかもしれませんが、内容は一緒です。
存分にカリブ海やその他の海のシーフードを味わうことができますが、値段は他の商品よりもシーフードなので、若干高めです。

15759373579_55d8d93299_z
by Prayitno / Thank you for (7 millions +) views, CC BY
4791337813_f8f3028f38_z
by Patrick Feller, CC BY

エンパナダ(Empanada)

エンパナダとは、イタリアのカルツォーネのとほぼ同じで、半月形をしたパイの包み焼きです。
南米アルゼンチンでも食べられていますが、中米でもあり、中身はチーズであったり、野菜やお肉など色々な種類があります。
ちょっと小腹が空いた時にパン間隔で食べられる揚げ物(オーブン焼きの場合もあり)です。
これは、中米の様々な国で食べることができます。

289720709_dc76d63f6c_z
by aokettun, CC BY
2393935922_ef265e8ec8_z
by einalem, CC BY-SA

なかなか中米に行ったことがある人も周りでいないと思いますので、料理についても知ることができないかもしれません。
ですが、もしあなたが中米に行く機会があったら、こんな料理を食べてみてはいかがでしょうか。

筆者 : JSR2012

30代前半女子。21歳でスペインへスペイン語留学へ行き、その後は、日本で就職もしましたが、メキシコでも就職をし、今現在はアメリカ・ロサンゼルスで、夫と子供と3人で暮らしています。