> カナダで買いたい定番お土産5選

2014年12月11日

カナダ

カナダで買いたい定番お土産5選

by Yuirin


アイスワインのワイナリー, by Craig Hatfield, used under CC BY

旅行に行ったら、絶対に悩むのが何を誰に買って帰ろうか?というお土産の悩みは尽きないのではないでしょうか?そんなお土産、カナダに行ったときにはどのような候補があるでしょうか?カナダに行ったら買いたい見逃せないお土産を5つご紹介していきます。

メープルシロップ

カナダといえば、メープルシロップ。誰でもカナダに行ったとなると、メープルシロップを思い浮かべるのでは?メープルシロップは、メープルの木からとられたシロップ。甘く香ばしい香りが特徴。最近では日本でもメープルシロップを見かけるようになった。そこでせっかくカナダまで行ったのであれば、メープルシロップ100%のものにこだわって買うことができる。日本で市販されているものは薄められていたり、ほかのシロップと併せられている。本物のピュアのメープルシロップはとても濃く、甘いです。またブラックメープルシロップというものもあるので、違った種類を探すのも楽しい。

by Trish-56, used under CC BY-ND
2391203831_b8b37b7ce1_z

スモークサーモン

スモークサーモンはブリッティシュコロンビア州で有名な食べ物。その名の通り、サーモンをスモークしたもの。もともとは原住民であるインディアンが作っていたが、それが有名になりお土産品となった。サーモンは特にブルティッシュコロンビア州で捕れるために、西側が有名。価格はピンキリで、かなりの差が激しいが逆に言えば、安いものでも高く見える可能性もある。酒のつまみやサラダなどと一緒に食べると前菜にもなる。

by Frédérique Voisin-Demery, used under CC BY
8336519477_54cca6de4c_z

アイスワイン

アイスワインはブドウが凍った状態でジュースが絞られるために、とても甘いフルーティな独特のワイン。その甘さに女性のファンが多い。特にナイアガラ地方のアイスワインは有名。最近では赤のアイスワインも出てきており、アイスワインの種類が増えてきた。1本高いもので80ドルほどするが、大切な人には送って喜ばれること間違いなしのお土産品。地元のワイナリ―に行けば、割安で購入することもできる。政府公認のお酒ストアなどでも、30ドル程度でおいしいアイスワインもある。ただし持ち帰りには十分に注意が必要。

by Craig Hatfield, used under CC BY
93374541_a2ad1ee5b8_z

by Craig Hatfield, used under CC BY
376130622_36a9d13967_z

メープルクッキー

メープルシロップを利用したクッキー。メープルシロップは重たいので、お土産にはしたくない!という人におすすめのバラマキお土産の候補の一つ。なんといっても、やはり特徴はクッキーとクッキーの間に挟まれたメープルシロップ味のクリーム。濃厚なクリームがとても甘いが、コーヒーやお茶などととてもよく合う。会社のお茶の時間にお土産で持っていくのもよし、子供がいる人へのお土産にするのもよし、小さめのクッキーをかってバラマイてもよしの、万能選手。迷ったらメープルクッキーを。

by Robin Parker, used under CC BY
3919143490_d82d28938c_z

ロブスターの缶詰

カナダはシーフードの宝庫。豊かな海産物に恵まれている。西はサーモンが有名で。東はロブスターが有名。赤毛のアンの島であるプリンスエドワード島などでは、新鮮なロブスターがなどがガソリンスタンドなどで売られているほど、ポピュラー。新鮮なロブスターの茹でたてのおいしさを詰め込んだ、ロブスターの缶詰などもお土産にぴったり。

by Ernesto Andrade, used under CC BY-ND
478720230_51a4374bf1_z

筆者 : Yuirin

海外在住歴3年目。もともと海外に移住していた夫と2人暮らし。夫婦で旅行が大好きで、自分たちで旅行の計画を立てて、いろいろなところを訪れるのが楽しみ。