> 一度は行ってみたい カナダの世界遺産 5選

2015年1月30日

カナダ

一度は行ってみたい カナダの世界遺産 5選

by Yuirin

© Prod. Numérik - Fotolia.com

カナダは雄大な自然で知られている国ではあるものの、世界遺産は大自然だけではなく市街地などでも登録されている国です。そこでここではカナダを訪れるのであれば、ぜひ立ち寄りたい世界遺産をご紹介していきます。

ルーネンバーグ旧市街

18世紀の姿がそのまま残るイギリスの北米植民時代の都市。カナダ東部のノヴァ・スコシア州に位置する港町。1753年に建設されてから、建設当時そのままの姿である旧市街が世界遺産。

7346952286_565b7af005_z
by nichameleon, CC BY-SA
7161832887_0239d64c7e_z
by nichameleon, CC BY-SA

格子状の旧市街で、イギリスを連想させる作り。旧市街地の3分の2は18から19世紀の木造建築。ゴシック様式のセント・ジョン聖堂は町のシンボルともなっている。カラフルな家や軒先のレース模様、大きな出窓などが家に特徴的にあしらわれている。

7161707641_79ca47e61d_z
by nichameleon, CC BY-SA
6183944910_c43ba3df8f_z
by RNW.org, CC BY-ND
名称:
Lunenburg
住所:
ノバスコシア州, カナダ

カナディアンロッキー

ブリティッシュ・コロンビア州とアルバータ州にまたがってそびえたつ山脈であるロッキー山脈。バンフ、ジャスパー、ヨーホー、クートニーにある4つの国立公園、3つの州立公園の巨大なエリアが世界遺産として登録されている。

4122439089_180fa79998_z
by Alaskan Dude, CC BY
4108299016_84324d37b7_z
by Alaskan Dude, CC BY

カナダといえばやはりロッキー山脈。氷河によってつくられた山々、滝、渓谷、湖などは絶景中の絶景。野生動物もたくさん生息しており、動物の観察にも向いてる。世界一美しい道と言われる絶景を楽しむことができる。またロッキーの宝石であるレイク・ルイーズも見逃せない。

9792405554_b77ec9f3f7_z
by gcD600, CC BY-SA
6164617698_ea4769aeca_z
by eleephotography, CC BY
住所:
カナダディアンロッキー, カナダ

ケベック

カナダの世界遺産の一つはケベック。ケベックはカナダという北米の州でありながらも、フランスの薫り漂う場所。詩情豊かな城塞都市で、カナダにいるのにヨーロッパにいるような雰囲気に包まれる。

7049288561_7f1454cb0e_z
by Artur Staszewski, CC BY-SA
14781839838_2f296314d6_z
by print57, CC BY-ND

ケベックに入ると公用語はフランス語で、英語を話さない人もたくさんいる。旧市街地には、昔のままの建物などがそのまま残っており、新しい国であるカナダの中でも歴史を感じさせる場所となっている。

8145449190_dc099d2eaf_z
by Artur Staszewski, CC BY-SA
2871575156_233d5098f0_z
by archer10 (Dennis), CC BY-SA
住所:
カナダ ケベック ケベック・シティー

グロスモーン国立公園

グロスモーン国立公園は、フィヨルドの絶景と太古の壮大な地球の姿を目にすることができる。大西洋側に浮かぶニューファンドランド島にある公園。以前はニューファンドランドはカナダの一部ではなく、独立した国だった。

3896693273_898ca13518_z
by natalielucier, CC BY
3666223847_01c5db6944_z
by natalielucier, CC BY

グロスモーンとは「偉大なる絶壁」という意味がある。その名前の通り、そびえたち断崖やフィヨルドが特徴の公園。氷河によって削り取られたこれらの断崖やフィヨルドは、壮大な自然を感じさせる。地質学者も注目する土地で、地層が大昔の地球の姿を見せてくれる。カナダの雄大な自然を感じることができる世界遺産である。

6153078538_ecce062a31_z
by manumilou, CC BY-SA
9780531672_cd26a63386_z
by Eric Titcombe, CC BY
名称:
Gros Morne National Park
住所:
430, Rocky Habour Canada, カナダ

リドー運河

リドー運河はカナダの首都オタワとオンタリオ湖畔の古都であるキングストンの間にある運河、なんと、全長約202kmにも及ぶ大掛かりな運河。1832年に開通されてからというもの、今に至る180年間も、当時と同じように使われている運河。北米最古の運河。

4925553825_9f02bcf224_z
by avail, CC BY-ND
2938843434_8c0f44e42f_z
by Douglas J O’Brien, CC BY-SA

リドー運河は1826年に建設がはじめられ、イギリスとアメリカの戦いの中で、カナダが軍事物資を運んでイギリス軍を応援するために作られたという歴史も背後にある運河。オンタリオ州では唯一の世界遺産。

103540188_7098756fef_z
by Olivier Bruchez, CC BY-SA
4377405366_e3cccce33b_z
by Eric Titcombe, CC BY
名称:
Rideau Canal
住所:
Colonel By Dr (Queen Elizabeth Driveway), オタワ ON, カナダ
ホームページ:
公式サイト

筆者 : Yuirin

海外在住歴3年目。もともと海外に移住していた夫と2人暮らし。夫婦で旅行が大好きで、自分たちで旅行の計画を立てて、いろいろなところを訪れるのが楽しみ。