> ウィーンで食べたい!美味しいオーストリアのお菓子5選

2015年9月10日

ウィーン

ウィーンで食べたい!美味しいオーストリアのお菓子5選

by Reiserin

by Jen SFO-BCN, CC BY

オーストリアには国王や貴族が多くいたために、古くからお菓子が大変発達してきました。特に首都ウィーンで発展したケーキは、王妃や貴婦人達を喜ばせてきただけあり、見た目もとても豪華で美しく、私たちをゴージャスな気持ちにしてくれます。しかしその反面、多くのウィーン菓子はかなり甘く重たいものが多く、口に合わないものが数多く存在するのも現実です。そこで、今回は、私たち日本人でも美味しく頂けるオーストリア菓子を5つ厳選してみなさんにお届けしたいと思います!

モア・イム・ヘムト Mohr im Hemd

「白いワイシャツを着たムーア人」というユニークな名前の古くからある伝統のケーキです。蒸しあげた温かいチョコレートケーキに白い生クリームをたっぷりっとかけていることから由来しているのでしょう。

639px-Mohr_im_Hemd_im_Kaffeehaus
by Sandstein, CC BY

フォークでケーキを切り分けると、トローっと中から溶けたチョコレートが出てきます。 しっとりとした食感の生地と、溶けたチョコレートと、生クリームを合わせて食した時はまさに至福の時。皆さんもこのケーキの虜になるでしょう。

4406229789_6fd3c27e75_z
by crosseye Marketing – Tourismus Marketing Online, CC BY

アプフェルシュトュルーデル Apfelstrudel

既にアプフェルシュトュルーデルご存知の方は多いかもしれません。甘く煮たリンゴを「シュトュルーデル」という極薄に伸ばしたパイで、クルクルと巻いて包んで焼き上げた甘さ控えめのとっても美味しいアップルパイです。温かいバニラソースをたっぷりとかけてサーブされます。

6915363795_ba5783d766_z
by Leo-setä, CC BY-SA

時にバニラアイスクリームなどが添えてあることも。温かいソースと冷たいバニラアイスクリームと、甘さを抑えた酸味あるアップルパイの組み合わせは口の中で融合し、絶妙な食感を生み出します。ウィーンに行ったらぜひ本場のものをお試しください!

5778480308_a8f21e360e_z
by Michela Simoncini, CC BY
5746404752_e4d985d632_z
by franksteiner, CC BY

トプフェンシュトュルーデル Topfenstrudel

上に挙げたアプフェルシュトュルーデルと同じ薄く伸ばしたパイ生地を使ったチーズパイです。ヨーグルトのような爽やかな食感のフレッシュチーズ「トプフェン」を シュトュルーデルで包んで焼き上げたチーズパイです。

2051225118_5f1e3199c9_z
by jay8085, CC BY

上にあげたアプフェルシュトュルーデル同様に、温かいバニラソースをたっぷりとかけて 頂きます。バニラアイスクリームやフルーツが添えられている場合もあります。爽やかな口当たりは、日本人の我々にはとってもよく合い忘れがたい味です。

4714678848_924ee3c784_z
by Mario Spann, CC BY-SA

ゲルムクヌーデル Germknoedel

オーストリア独特のお菓子で、イースト菌を使用した生地を茹でて膨らました、日本のおまんじゅうに少し似た食感のお菓子です。プラムやイチゴなど、 季節のフルーツを甘く煮て包んでいます。

2015_0723_Germknödel_Buttersoße_Gaislachalm_Sölden
by Takeaway, CC BY

温かいバニラソースや溶かしバターなどをかけ、上にはブルーモーン(青いケシの実)をトッピングして頂きます。モチモチした食感は日本人にもぴったりで、癖になる味です!特に冬場に体が温まるお菓子として大変人気があります。

4247230913_f2082bddda_z
by Salid, CC BY-SA

カルディナール・シュニッテン Kardinalschnitten

オーストリアでとても人気のある定番のケーキ。卵白をしっかりと泡立てて焼くメレンゲ生地と、卵黄をふんわりと攪拌させた生地を交互に絞って焼いたふわっとした食感の生地で、コーヒー風味のクリームを挟んだケーキです。 見た目にもとても美しく豪華で、色も味も淡いので日本人好みの味です。素敵なカフェでぜひお試しください。

9331625573_59450b8965_z
by korom, CC BY-SA
9331625873_cbba8c155e_z
by korom, CC BY-SA
Kardinalis-szelet
by Illustratedjc, CC BY-SA

いかがでしたか?どれもみなとっても美味しいですよ!どうせなら、上に挙げたこれらのケーキをウィーンのゴージャスで煌びやかなカフェや、様々な文豪や芸術家が集ってきた雰囲気のある老舗カフェで食べてみると良いかもしれません。いずれにせよウィーンの本場のカフェでこれらのケーキを食するとおいしさが増すこと間違いなしです!

筆者 : Reiserin

大好きな欧州へ単独移住して15年。スコットランドに3年滞在後「住むように旅するReiserinスタイル」で北欧やドイツを約2年間転々とする。現在は、ヨーロッパを中心に旅をし続けならスイスに落ち着き11年目。