> ケアンズのヒーリングスポット5選

2014年10月2日

ケアンズ

ケアンズのヒーリングスポット5選

by Yasue


by Paleontour, used under CC BY

旅に出たら、忙しい毎日から開放されて、のんびり過ごして、癒されたい!そんな人のために、自然あふれるケアンズの、とっておきヒーリングスポットをご紹介します。

1. カーテン フィグツリー – Curtain Fig Tree

by James Niland, used under CC BY
8263772946_336dafbd86_z
ケアンズから内陸に入ったアサートン高原の、ヤンガバラという小さな町にある、樹齢500年以上にもなるイチジクの木です。駐車場から50mほど、熱帯雨林に囲まれたボードウォークを歩いていくと、目の前に不思議な巨木が出現します。ボードウォークは、カーテンフィグツリーの周りを、ぐるりと歩けるようになっているので、ゆっくりと色々な角度から眺めてみてください。この壮大な木を眺めていると、日頃の悩みが小さく思えてくるはず。

2. ミラミラ フォールズ – Millaa Millaa Falls

by Dan Miles, used under CC BY
8341602928_d0dda8e5b4_z
アサートン高原には、数々の滝がありますが、その中でも1番見ごたえがあるのが、ミラミラの滝ではないかと思います。ミラミラとは、オーストラリアの原住民、アボリジニの言葉で、「大量の水」という意味だそうです。高さ18.3mからまっすぐに流れ落ちる、マイナスイオンが全開の滝つぼで泳ぐのは、最高に気持ちがいいです。映画のワンシーンのような、原色の花や緑に囲まれた、真っ白な滝の流れは、一見の価値あり。ワイルドターキーや、幸せの蝶ユリシスに出会えるスポットでもあります。

3. バビンダ ボールダーズ – Babinda Boulders

by Paleontour, used under CC BY
2543742175_da98e887a3_z
2543742065_6aa7fbf97f_z
ケアンズから、車で約1時間ほど南に下ったところにある、バビンダボールダーズは、丸みを帯びた巨大な花崗岩が至る所にある、透き通った流れの渓谷です。駐車場から渓谷までの、熱帯雨林に囲まれた遊歩道は、きれいに舗装されているので、子供の足でも歩けて安心です。真夏でも、とても水が冷たいので、かなり暑い時期に行って泳げば、一瞬でクールダウンできます。降水量の多い地域なので、いつ行っても、雄大な流れを見ることができる、癒しのスポットです。

4. グラナイト ゴージ – Granite Gorge

by certified su, used under CC BY
3606709932_a8993201ff_z
ケアンズの内陸、マリーバの近くにある、火山活動によって作られた、壮大な眺めの、巨大な岩場です。ここでは、岩場に住む小さなカンガルー、ロックワラビーに餌付けをすることができます。餌を差し出すと、ちょこんと手を乗せて食べる姿が、とても愛らしいのです。施設の整ったキャンプ場もあるし、川で泳ぐこともできるので、アウトドア好きにはもってこいのスポットです。焚き火禁止のキャンプ場が多い中、ここは焚き火OKというのも、嬉しいところ。

5. レイク バリン – lake barrine

by Alan Lam, used under CC BY-ND
263692819_9381b6ef56_z
ケアンズから内陸方面へ、車で約1時間のところにある、青く透き通った、美しい湖です。
小さなクルーズ船が、1日4回出航しており、キャプテンのガイディングを聞きながら、のんびりと約1時間掛けて湖をぐるりと1周します。湖畔にあるティーハウスは、1920年から続いている古いカフェです。デボンシャーティーと呼ばれる、イギリスの伝統的なスコーンと紅茶のセットが有名なので、是非トライしてみてください。イチゴジャムと生クリームを、たっぷり塗って食べるスコーンが絶品です。

筆者 : Yasue

2003年に、海外で暮らしたい!という夢を持ち、ワーキングホリデーでオーストラリアにやってきて、そのまま住み着き、早10年以上が経過。ツア ーガイド、留学カウンセラー、旅行会社カスタマーサービス、英語学校勤務等の仕事をしながら、 ケアンズ、シドニー、ゴールドコーストと東海岸を渡り歩き、現在は、1児の母となり、主婦の傍ら、海外在住ライターとして、オーストラリアの魅力を日本に向けて発信中。